コツメカワウソ単語

コツメカワウソ

2.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コツメカワウソとは、ネコイタチ科の動物である。

一時期ドヤ顔をする子供カワウソ話題になったが、それもまたこのコツメカワウソである。現在イルカアシカなどにも匹敵する哺乳類の新アイドルとなりつつある。

概要

カワウソの中ではもっとも小の部類に入るカワウソインド中国南部東南アジアなどの沼地などの辺に生息する。ユーシアカワウソと並んでカワウソの代表的な種類であり、習性もユーシアカワウソによく似ている。

生活に適した特徴を持ち、毛皮は他のカワウソと同じく保湿性に富んでいる。前足のは小さく、これがコツメという名前の由来になっている。かきなども小さいが、はやや太くずぐりしている。尾は長く、コツメカワウソの体長の多くを占めている。カワウソは獲物を捕らえる手段が口か手かで別れるのだが、コツメカワウソはそのうち手で獲物を捕らえ、両手を使って器用に食べる。そのため手先がとても器用な動物である。

基本的には行性で、動物園でもっぱらから元気な姿を見ることが出来る。しかしでも活動することがよくあるなど、実はを問わない元気者である。辺で暮らすが、地上でもそれなりに活動することができ、干ばつの時などは地上にあがって獲物をとるという臨機応変さもちゃんと持っている。

食物ザリガニカニ貝類などで、はあまり食べない。なにかとカワウソの秘めたる暴性が取り沙汰される中、コツメカワウソは身体が小であるため、ワニを襲うと話題になったオオカワウソのようにワニを襲ったりはしない。むしろワニ天敵の一体である。しかしコツメカワウソの泳ぐは卓越しており、ワニを相手にして滅多に捕まることはない。

ユーシアカワウソと違って家族の規模が大きく、10~15頭ほどの群れを作るが、繋がりは薄く、つがいとなったオスとメスがつかず離れずな以外は、群れにそんなにこだわらないらしい。
繁殖期は一年中であり、繁殖自体は高め。一回の出産で二頭ほどを産み落とす。

賢いためか、危険ではないと判断した相手なら人にでも慣れやすく、動物園ではいろんな芸を披露し、嬌を振りまいてくれる人気者である。

コツメカワウソの「獲物を探すために隙間に手を突っ込む」という習性を活用して「来園者と握手」出来る動物園も存在する。握手出来るかどうかはコツメカワウソの気分次第。また、場はウォータースライダーに設置された、流しそうめんならぬ流しカワウソなる設備を用意する場所もある。

絶滅危惧種

コツメカワウソはワシントン条約附属書(CITES)に掲載され、自然保護連合(IUCN)による保全状況評価で絶滅危惧類(VU)に定されている絶滅危惧種である。

生息数減少の原因は開発による生息環境の破壊や、田畑や漁場を荒らす害獣として駆除されるといった他のカワウソ仲間と共通する原因に加えてペット的の乱獲が挙げられる。

CITESに掲載されているコツメカワウソの合法的な取引には輸出の輸出許可書が有る個体か内で繁殖された個体である必要がある。しかし、輸出許可書は90年代以降にはペット的ではまず発行されなくなったので輸入と称する個体はほぼ確実に密輸と思ってよい。また内繁殖にしても人工的な環境下では動物園ですら繁殖例が限られており、ましてや民間ペット業者で商業的な繁殖法が確立されていると到底考えられない。つまり日本国内で販売されているコツメカワウソは確率で密輸された個体であると考えざるを得ない。

実際にカワウソ子供を手荷物に隠して密輸を試みる事例が東南アジア日本空港でしばしば摘発されている[1]が手荷物に隠されると事前に察知することは困難であることから、これらは実際に横行している密輸の氷山の一角だと思われる。手荷物に入れるような手荒い輸送法では死亡率が高いはずであり、子カワウソを捕まえる際には殺されるので密輸には販売される個体にとどまらず多くのカワウソの犠牲が伴っている。

本当に愛しく思うなら軽率にコツメカワウソを購入するべきではない。それがコツメカワウソを絶滅に追いやることになるのだから。

飼育について

コツメカワウソはペットとして飼育出来る動物でもある。

上述のコツメカワウソを取り巻く現状を理解したうえでそれでも飼育を考える場合、確実に出所が信頼できる個体を購入するべきである。しかし、上述の通り飼育下での繁殖は困難なためペットショップで見掛ける事自体がほとんどない。それでも、大ペットショップなどで極稀に販売されたケースがあり、近年はネット通販があるので根気よく探せば購入可ペットとしてそんなに見掛けないレア動物なため、販売価格は60~100万円と高額。エサ・施設などの費用もそれなりに掛かるだろう。

元気一杯で活動的な動物なため、遊びなどでの毎日運動は必須。更に動物でもあるため簡易プールなどで浴びをさせないといけない。運動浴びを怠るとストレスで体調を崩したり病気にかかってしまう。また、十分に安全に動けるスペースを確保しておきたい。群れで生活する動物なため他者とのコミュニケーションがまた大切であり、飼い毎日きちんとコツメカワウソと十分に接しないといけない(ペットを飼うのなら当然だが)。野生下でも身近なモノを遊び具にするようにおもちゃが大好きで、色々な遊び具を与えてやると喜ぶ。本来は近くの温暖な地域が生息地なため寒さには弱いため、温度管理も重要。

群れで生活する動物なため複数匹一緒に飼うのが理想的だが、値段が高い動物なため銭的には難しい。

賢く好奇心旺盛で人に懐く動物なため、飼育すれば飼いに積極的に触れ合い、トイレの場所などの簡単な躾や芸を覚えさせる事が出来る。表情・仕共にらしく情持って育てれば最良のパートナーとなり得る。

関連動画

関連商品

関連放送

関連項目

脚注

  1. *かばんにカワウソ10匹、バンコク空港で日本人男逮捕(newsclip 2017年6月13日)exitなど
この記事を編集する

掲示板

  • 93ななしのよっしん

    2020/04/30(木) 13:11:16 ID: IhelwgMknU

    絶滅の恐れがある」と聞いて
    「じゃあどうせ絶滅する前に全部獲って売りさばこうぜ」と考える
    その発想の恐ろしさよ
    まあ自分が餓死するよりはましと考えるほど
    切羽詰まった人もまた多いのだろうが

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 94ななしのよっしん

    2020/08/30(日) 21:23:11 ID: gFe8UT8HXY

    ID: xB3mDYa3Isがなんかきもい・・・

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 95ななしのよっしん

    2021/01/18(月) 17:54:58 ID: OsRdkYCGzC

    バカ、触るんじゃない

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/03/21(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2023/03/21(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP