コピー単語

コピー

1.4千文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コピー(COPY)とは、ラテン語の「たくさん」の意味から転じ、

「複製」「模倣」「同じものを作る」「写す」などを意味する英単である。

曖昧さ回避

概要

コピーとは、「真似をする」「似た物を作成」などを意味する言葉である。

日本でも「コピー機でコピーする」などの様に日常的に使われ、パソコンとしても「コピー」はよく使われている。インターネット上で「コピー」と言った場合は「右クリックしてコピー(C)」を行うことを意味する事が多い。また、「コピーアンペースト」を「コピペ」などと略して使われている。」

なお、そのラテン語の「cōpia」などの単でこちらは「多い」を意味し、「たくさん文字(文章)を書いた(物)」などの意味で使われていた。そこから今日の「コピー」の意味になる。

現代は技術や機材の進歩も相まって面・面に限らず、立体な形状を正確に読み取り出できる3Dプリンタなど立体的なものも複製が容易となった。形状優先ではあるが、プラスチック以外にも可加工な素材も増えており、一部・部品のみ複製して組み立てるといった方法も可。(加工精度は機材による)

芸術家においては、風景モデルを実物そっくりに模写・成形してしまう人もいる。

相手を行動をコピー(模倣)するものはモノマネ声マネ声帯模写)とも。

悪い意味でのコピー

文書・画像・音動画・作品といった情報を容易に複製できることは、悪用も容易である。

多くの費用と時間をかけたものが容易に盗用されてしまえば、それだけでも甚大な被害である。

企業や研究機関における脅威

…といった弱点やセキュリティ対策が必要になるなど、単純に「コピー」の一言で済ませられない多くの問題をんでいる。[1]

関連動画

関連商品

コピーを含む記事

関連項目

脚注

  1. *中にはに困った関係者をそそのかしたり、ハニートラップによって懐柔・脅迫した関係者にコピーさせる手もある。スパイ映画のような事は割と起きている。
この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/06(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/06(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP