今注目のニュース
関東人「奈良県最南端の駅は...この辺かな?」 →現実がこちらです
ヒカキンが選んだ「セブンのおにぎりNo.1」に驚き 異論も続出
カンニング竹山、香川の“ゲーム規制条例案”バッサリ

コルト・ガバメント単語

コルトガバメント

  • 8
  • 0
掲示板をみる(143)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コルト・ガバメントとは、自動装填式(オートマチック)拳銃の一種である。

ジョン・ブローニングの設計に基づき、コルト社によって米軍向けに開発された拳銃「M1911」をその基本形とする。M1911とモデルのM1911A1は、1985年ベレッタM92更新されるまで70年以上制式サイドアームの地位にあった。

ガンマニアは大体ガバメントが「大好きな人」と「好きだけど素直に好きと言えない人」に分別できる。

概要

軍用拳銃のM1911シリーズ販する際、「政府使用モデル」(ガヴァメント・モデル)として販売したのが「ガバメント」の由来。その他、ガヴァメントモデルの略で「GM」、「45オート」などとも呼ばれる。軍制式名から「1911」と呼ばれることも多い。

を所持できない日本でもトイガン(遊戯)などで人気が高く、マニアからは「ガバ」の称で呼ばれる。

ブローニング式のショートリコイル機構を完成させたエポックメーキングであり、ほとんど一世紀前の基本設計にもかかわらず現在でも最前線で通用している。

基本構造

アメリカの対フィリピン原住民戦争の戦訓から、大口径の45口径(0.45インチ、約11.4ミリオートマチック・コルトピストル弾を使用する銃器として設計されている。強拳銃弾薬を使用するためのブローニング式ショートリコイル(撃発時、一時的にスライドと身をロックする)機構を持つ。この機構は現代オートマチック拳銃の基本構造であり、SIGグロックS&W、Cz、最近ではへそ曲がり独自技術に定評のあるHKでさえも使用している。

撃発機構はシングルアクションハンマー式。トリガーを引くことによってハンマーを起こせるダブルアクションと違い、最初の一発事前ハンマーを起こしておかないとトリガーを引いても発射できない。
安全装置は撃が起きた状態で固定する(コックアンロック)機構になっているほか、をしっかり握っていないと発射できない機構(グリップセフティ)が組み込まれている。近代的なモデルでは撃針をロックするセフティが組み込まれていることもある。
現代のセミオートピストルでは当たり前のデコキングハンマー戻し)機構はない。安全にハンマーを戻すには、弾倉と室の弾を抜いた上で撃ちする。弾を込めたままハンマーで押さえ、トリガーを引いてゆっくりハンマーを戻す方法もあるが、しばしば暴発事故を引き起こす。撃ちにしても、撃針を傷めるため好ましくはないが、これ以上の方法がない。

地味な点だが、交換時にマガジンの固定を解除するためのボタントリガーガード根元部にあるため、片手で操作可。なので速なマガジン交換の点ではマガジン底面を固定するヨーロッパタイプよりも有利であった(初期には固定が確実ではなく、気が付いたら抜け落ちていた例もあったとか)。最近はヨーロッパでもこちらのボタン配置が流である。

評価

20世紀を代表する傑作銃器のひとつであり、アメリカ人にとってもっとも染み深い拳銃であることは確定的に明らか。むしろガバメントが存在したためにアメリカヨーロッパに異なる文化が根付いたのである。

シングルアクショントリガーを軽く出来るため、の操作に慣れた人間にはコックアンロックシングルアクションを好む傾向がある。
競技用としてはトリガーの軽さは非常に重要だが、の操作に慣れたつもり人間が暴発事故を起こすことにもつながった。あるいは、長時間ハンマーを起こしたままにされ、バネがへたれて不発をおこした。

そういった操作からくる安全性の問題から、アメリカの州警察では制式化されることはなかった。全各州の警察の制式拳銃は全て、単純な操作に速射性と安全性を兼ね備えたダブルアクションセミオートである。また、ほとんどで9mmあるいは40口径が採用されている。

米軍では、数の上では制式拳銃の座を降りたものの、大口径の制圧と信頼性を評価してM1911系を使い続ける部隊も少なくない(決して海兵隊貧乏でけちだからではない)。ガバメント自体改造が容易な構造をしているため、カスタムパーツカスタムモデルも多く、現在でもFBI海兵隊MEUSOCなどではそうしたカスタムを使用している。

射撃競技用のカスタムモデルや使用する弾の異なるモデルなど、ガバメント系の製品はそれこそ数に存在するが、基本設計パテントが切れた現在は、各社が競ってガバメントクローンコピーを生産している。ただし当のコルト社は深刻な経営不振に陥り、生産を終了している。同社のMk4シリーズ80M1991A1の頃から品質低下が囁かれていただけに、特に惜しむもなかったが。

かつては日本でも警察自衛隊ガバメントを使用していた時期があったが、こちらは米軍の影(お下がり)的な性格が強く、現場では日本人の手には大きすぎて不評だった。特に自衛隊においては独特の作法というか教本での構えが片手という、45ACP弾を扱うには不向きな姿勢のせいで余計に不評だった模様。

2012年時点で大体、40代後半辺りから上の世代が該当するが、ヤクザ刑事やらが沢山でてくる映画ドラマに慣れた世代は「コルト」といえばコルトM1903(通称「日活コルト」)を思い浮かべるそうだが、ノリや勢いでトイガンを買いに来るお父さん世代は、大抵は銃器には詳しくないため似ているコルトガバメントを買っていく事がある。てかの前で買ってった(その上、店員さんく「大体同じパターン」だそうな)。

ガバメント(M1911)系が登場する作品

ニコ百に記事があるもの。より網羅的なものはwikiと略すと怒りを買う某ネット百科事典の当該項目exitを参照。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/26(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/26(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP