今注目のニュース
ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
夏休みに入る前に 海水浴場での「フロート事故」に注意
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ

コロコロ好きな自分単語

コロコロズキナジブン

掲示板をみる(98)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
コロコロ好きな自分とは、自作星のカービィスマブラXなどの漫画や絵を投稿する絵師である。
ユーザー名はm1a1、HNはユウキ
動画によっては、コロコロカービィ好きな自分、コロコロ好きな(ryコロコロ好き(ryコロコロカービィ好きな(ry、との表記もあり。

概要

2008年3月8日コロコロ好きな自分がカービィ漫画描いてみたexit_nicovideo投稿
いかにもコロコロコミックのような少年誌に出てくるような画キャラ崩壊気味のシュールな内容、局面にマッチしたBGMなどで視聴者を楽しませる。一方で、対戦時などシリアスシーンでの描き方も定評がある
ちなみに、氏の描く人間キャラクターは、スーパーマリオくんなどで知られる沢田ユキオ氏の絵と非常に似る。

カービィ漫画は全7編、スーパースマブラXくんは全2編、USDX漫画は全6編。その他オリジナルも幾つか。また歌ってみたでも投稿している。
また、これらの漫画アフレコを試みる者、触発されて漫画を書き出した者も現れている。

絵師としての活動

漫画メインであるが記念絵やMADなども投稿している。
記念絵では絵の描く過程も見せていて、中にはコピックをつかってアナログ描きしたもの横から撮影したものがある。ニコニコではソフトを使って描いたものを録画したものが多いのでなかなかしい。
ニコニコ以外ではpixivでも活動しており、任天堂カートゥーン系の絵がメインであるがジャンルは非常に広い、その他にオリジナルの絵なども多数見られる。また、オリジナルキャラの数は100えるという。

その他の活動

に自分の投稿した作品を後から歌ってみたりしていることがある。
その他、マリアス前田氏とアネ氏のアフレコリボン等でゲスト出演した事があり、その後に収録されたスタジオトークにも参加している。
本人キワミ等のネタが得意との事、歌ってみたでもそれが遺憾く発揮されている。

カービィ漫画本編

全体的な設定としてはアニメに近いが、登場するキャラや性格はアニメとは関係ないことが多い。当初はカービィメタナイト役である事が多く2人が起こす問題に周りがそれに巻き込まれるという形が多かった。
4話からは参上!ドロッチェ団的な位置づけとなっていてコピーなどもそれに関連したものが使われている。
また例外はあるが手ブロシリーズなども設定からすれば同じような位置づけとしては基本的に同じと考えても良い。

サブタイトル

第0話明日明日おまけが吹く」
第1話「返せよ!オレのうま○棒」
第2話「カービィ伝説-メタナイト仮面-」
    「返せよ!オレの仮面
第3話カービィ伝説-々の大なべ-」
     「激突!バイトレース
第4話「メタナイトSDX-カービィの逆襲-」
    「ネズミ玉と王道と」
第5話「メタナイトSDX-こいかぜとともに-」
    「GO!メタナイト
第6話「メタナイトSDX王道にねがいを~」
第7話「アドレーヌ

スーパースマブラXくん

マリオリンクピットヨッシーカービィの亜の5戦士デデデメタナイトな登場キャラで、短いネタが何個も収録されている形式。
出てくるキャラは大体コロコロに描かれていてキャラ崩壊しいのも特徴。 また亜の5戦士で記念絵描いている。

USDX編

USDXゲームモードをそれぞれ漫画化したもの。設定や性格なども若干本編とは違ってくる、しかし本編はこれらの事が成り立ってできているものなので全く関係ない訳ではない。性格などもストーリーの進行のためか全体的にしっかりしていることが多い。
また手ブロシリーズマルクの逆襲は位置づけとして真・格闘王への道編としてみる事ができる。

サブタイトル

その1 はるかぜとともに
その2 白き翼ダイナブレイド
その3 メタナイトの逆襲
その4 銀河にねがいを
番外編 洞窟大作戦

星のアドレーヌ

タイトルの通りアドレーヌ役の物語外伝にあたり本編とは設定もずいぶんと異なる。しかしアドレーヌドロシアが面識あるなど本編に全く影を与えてない訳ではではない。
詳しくは星のアドレーヌの項を参照。

手ブロカービィ漫画

ユウキ氏が手ブロで開したいた漫画動画化したものである。
キャラの設定は本編と変わってないものである。

星のカービィWii主役争奪戦

カービィwiiの新作出される前の作品であり、アドレーヌデデデドロッチェメタナイトマルク役をかけた戦いを描いたものである

暗黒星雲にねがいを

ドロッチェ団メインに描かれている作品である
ゲーム参上ドロッチェ団とは、時間軸が繋がってないオリジナルストーリーである

星のカービィWii

USDXに続きゲームを元にシリーズ化した漫画である。
本家ゲームとは違い、カービィワドルディメタナイトデデデ大王が別々に行動していくようになっている。
なお、ネタバレは含まれいるので注意して見たほうが良い。

主な登場キャラクター

カービィ

シリーズごとに多少設定や性格は違うが基本は自由気ままで自分勝手、純なようで腹黒いという一癖も二癖もある感じでまさにピンクの悪魔と呼ぶにふさわしい存在である。周りを巻き込み騒ぎの本人である事が多い。
当初は描き方や口調が少し谷口先生であったが次第になくなっていった。

メタナイト

普段はおに住んでいてデデデのことを陛下と呼ぶ、低所恐怖症で高い所にいることが多い、部下にはソードナイトとブレイドナイトもいるなど設定はアニメを意識したものが多いが、性格は非常にキャラ崩壊しいツッコミキャラである。
しかし最近では落ち着いてきてクールに澄ましていることが多い。

ドロッチェ

素直でな性格なのだがそのすぎる性格ゆえに不利益を被ることが多い、また非常にとばっちり体質で何もしていなくても不幸に遭う事も多い。
たまに小ボケノリツッコミかますなど意外にノリのいい一面を見せた事もある。扱いこそ不遇であるがされている影の人気者。
ドロッチェ!負けるなドロッチェ

アドレーヌ

描いた絵を実体化させることができる人間女の子。そのを使い食べ物なども出す事もできるが絵の具の味がして非常にまずい。非常に騒がしい性格で若干暴な一面もあり、そのため色々と問題を引き起こす事も多い。
カービィからは事あるごとにアドルディと間違って呼ばれ続けていてなんやかんやで定着してしまっている。論本人はそれを快く思っていない。
またデデデメタナイトドロッチェのことを旦那と呼ぶのも特徴で、仲が良いような感じではあるが心変わりもしやすく現在かに好意を寄せているというわけではないようだ。
ちなみに最近アパート住まいであることが発覚した。

リボン

カービィの事が大好きな妖精女の子。よくカービィのためにお弁当を作ったりしているようで非常に仲がよく相思相愛な感じではあるが、もしかしたらカービィは単に食べ物に釣られているだけなのかもしれない。
性格は非常に照れ屋で臆病、メタナイトの事が怖くて苦手らしい。

デデデ

基本設定はアニメと同じだが、悪役でもなければ語尾もZOYではない。性格は顔からも分かるように温厚で良いやつ。カービィぶつかる事もあるが世話を焼いたり心配したりと結構仲がいい。
ちなみに描き方が割と変化しているキャラでもあり、初期はひかわ先生であった。

マルク

登場は銀河にねがいを編からだがそれ以降は登場が多くなりキャラとなった。通常時の性格はちょっとイタズラ好きだが楽しげな感じでみんなとも割と仲がいい。しかしシリアスパートでは持ち前のずる賢さもあり悪役を演じ容姿と共にマジ空気に変えてしまう。

ドロシア

アドレーヌと同じように描いた絵を実体化させることのできる魔女。落ち着いた性格で魔女としてのも高く他の魔女達からも信頼されているようだ。
またドロッチェアドレーヌとも変な縁ではあるが繋がっている。とばっちり体質で自分勝手な一頭身には苦労しているようなのでどちらとも通ずるところがあるのかもしれない。
それと年齢の事は気にしているようなので触れてはいけない。

グリル

非常にイタズラ好きな魔女を持て余し色々と問題を引き起こすことも多い問題児。ただドロシアの事は信頼していて親子のような関係である。
マルクの事を挨拶など多々キャラ被りしている点があるのでライバル視していて非常に仲が悪い。ちなみに先に難癖つけたのはマルクの方である。

マリオ

スマブラXくんの準キャラい話沢田先生スーパーマリオくんそのものである。作中ではボケよりツッコミのほうが多かったりする。
また他のマリオシリーズキャラ沢田先生に描く事が多い。

リンク

スマブラXくんではしっかり者で控えめな印を受けるが、後にゼルダの伝説 時のオカリナ編の漫画投稿され子供時代であるが見事役になることができた。
つかみどころのない性格で少しおめでたい頭をしている、ボケの色が強く顔で非情なボケかます

マホロア

別のからやってきた者。偶然出くわしたカービィ達に故郷に変えるため自分の船の部品を探してもらうようお願いする
カービィババロアと間違われることはアドレーヌと同じである

関連動画

公開マイリスト

アフレコしてみた

触発されて漫画を書いてみた

関連コミュニティ

関連項目

アフレコした人

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP