コロンブスの卵単語

コロンブスノタマゴ

掲示板をみる(96)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

それはコロンブスの新大陸発見を祝ったパーティーでの出来事。

おっさん「なんだ偉そうに。新大陸発見といってもコロンブスは単にを西へ進んだだけじゃないか。そんなもんでもできるわい」

コロンブスかこの茹でタマゴを縦に立てることができますか?」

おっさん「そんなもん簡単じゃないか。……むむ、これは案外難しいな。こんなもん出来る訳がないわい」

コロンブス「簡単ですよ。こうやっての殻を少し割って、そのくぼみで立たせてやればいいのです」

おっさん「なんじゃい。そんなもんにでもできるじゃないか」

コロンブス「そうです、にでもできる。しかしそんなにでもできることでも最初にやろうとすれば閃き勇気が必要。私の航も同じことなのです」

おっさんぐぬぬ

概要

コロンブスの卵とは、「にできることでも、最初に実行し成功するのは難しい」という意味の事である。

大西洋航路を発見したクリストファーコロンブスは成功を妬む人々に対して「を立てて見て下さい」と言い、もできなかったところ、殻を一部割ることにより造作なくを立ててみた。
それなにでもできる、とした人々に対する反論である。
結果的には簡単なことであっても最初に物事を実行するのは難しいことを明してみせた逸話として有名である。 

「よく頭のおかしいライタークリエイター気取りのバカが『もやらなかった事に挑戦する』とほざくが
 大抵それは『先人が思いついたけどあえてやらなかった』ことだ。王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は作れないぞ!」という格言があるが、これはコロンブスの卵と反対の意味になる。

現在コロンブスの逸話として最も有名なものになっているが、「実はこの話は創作ではないか?」という説もある。15世紀の建築家であるフィリッポ・ブルレスキの逸話を、そのままコロンブスに置き換えた内容であるというもの。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 94ななしのよっしん

    2021/10/11(月) 15:27:30 ID: 8USBZkzBnG

    パクリだったことが判明したからもう何の意味もない格言

  • 95ななしのよっしん

    2022/03/06(日) 07:02:50 ID: JnvPHPpgGn

    実話かどうかは格言本質じゃないと思う

  • 96ななしのよっしん

    2022/07/07(木) 13:55:23 ID: 846AX/BDgT

    急に気強くなるじゃんと思ったら四次元殺法コンビAAコピペ引用

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/08(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/08(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP