今注目のニュース
野生に返したゴリラたちが行方不明に。彼らは大切な人を忘れていなかった。感動の再会に続き驚くべき出来事が!
「大臣、猫耳が生えてます…」 生中継で起こった珍ハプニングに、世界が爆笑
VTuberグループ「にじさんじ」が二次創作ガイドラインを新たに制定 「安心して二次創作活動を行えるようにするため」

コンスタンチン・ツィオルコフスキー単語

コンスタンチンツィオルコフスキー

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コンスタンチン・エドゥアルドヴィチ・ツィオルコフスキー(Константин Эдуардович Циолковский)とは、帝政ロシアからソビエト連邦にかけて、ロケット工学理論アイデアを多数発表した「ロケット工学」「宇宙開発」である。

宇宙開発の父

The Earth is the cradle of the mind, but we cannot live forever in a cradle.
地球は精の揺りかごだが、々はずっと揺りかごに留まっていることはできない)

                                       1912年、友人にあてた手紙の中の一節

生誕は1857年。父親ポーランド革命運動に関わったために追放されたポーランド人であった。病気で聴をほとんど失ったが、独学で勉強し、22歳で数学教師となる。

1891年に、流線をした全金属製の飛行機アイデアを考案、科学アカデミーに提出したが「金属の塊がを飛ぶはずがない」として却下された。
この頃の飛行機は、要な部分が金属や木で、は布りである。実際に全金属機が飛行したのは、1915年のこと、ドイツユンカースによるJ-1が最初であったが、実用化されるまでにはさらにかかっている。

1895年、エッフェルから着想を得て、上からを立てていけば静止軌半径の高さで重力遠心力釣り合うはずだという計算を発表。このときはあまり注されなかったが、最も宇宙エレベータの発想である。
ただし、このように下から建造する方式は、計算上困難であることが現在はわかっている。

1897年、噴射ガス速度、噴射開始時と終了時の質量からロケット速度を導き出すための計算を、「ツィオルコフスキーの公式」として公式化。この公式現在でも使われている。

1903年、ロケットを用いて宇宙探検を行うアイデアと、液体水素・液体酸素を燃料とする流線ロケットの設計図を発表。液体水素と液体酸素を燃料とするロケットは、重量で最も高い推進を持つロケットであるが、液体水素は製造・保管が難しいため、実用化されたのは1961年、サターンIロケットで使用されている、アメリカのRL-10ロケットエンジンが初であった。RL-10は良を加えられて現役である。

帝政ロシア時代は、ただの著作を持つ数学教師に過ぎなかったが、革命が起こりソビエト連邦が成立すると、その先進的なアイデアが注され、科学アカデミーの会員に選ばれ、ロケット開発に関わるようになる。

その後は、ソビエト連邦の研究ということもあり、アイデア考案の具体的な時期ははっきりしていないが、ツィオルコフスキーの式から、重量善するため、ロケット連結して不要になった部分を切り離す「ロケット列車」(多段式ロケット)の理論を1920年代に確立し、同時期に燃焼ガスではなく熱した空気を噴射するジェットエンジン理論を発表した。

使い捨ての大出ロケットエンジンを外付して初期加速を得るブースターアイデアの検討なども行なっていたが、理論完成をまたず、1935年に世を去った。78歳であった。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP