コンスタンティヌス 単語

6件

コンスタンティヌス

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コンスタンティヌス / インペラトル・カエサルフラウィウス・コンスタンティヌス・ピウス・フェリクス・インウィクトゥス・アウグストゥス272337)とは、ローマ皇帝である。

なお、彼をもってローマではなくギリシア的性格の帝国に変容したという立場の人物からはコンスタンティノスと書かれる。

概要

ディオクレティアヌステトラルキアを経て、新たなる秩序を確立した人物。ただし、キリスト教認したがために古代末期から中世にかけて顕されすぎてしまい、実態がよくわからないことになった人物でもある。

コンスタンティヌスの即位

コンスタンティウスはディオクレティアヌスから西の正に任じられたマクシミアヌスの養子である。そのためコンスタンティウスは副に任じられ、ガリ地方でコンスタンティヌスも過ごした。

ところが、コンスタンティウスが正に昇格した際、コンスタンティヌスは副に任じられる等がなかった。これに不満を抱き、の死後、東の正レリウスに自身を認めさせようとしたのである。

これと全く同じ立場にあったのが、マクシミアヌス息子・マクセティウスである。彼もまたコンスタンティヌス同様不満から立ち上がり、皇帝を宣言した。かくして、皇帝の血筋にある二人の自称皇帝が戦い始めたのである。

歩み寄りの政策も全く功を奏さず、312年についに両者は決戦に至った。この戦いでミルウィウスで得たお告げで、ラバルムを飾り付けたコンスタンティヌスが勝利したとされる。マクセティウスに連なる血脈は底的に消され、コンスタンティヌスが皇帝になったのである。

さらなる戦いの日々

コンスタンティヌスは西方皇帝になると、東方リキニウスと会談して同盟を結んだ。加えてここで行われたのがキリスト教を筆頭にしたすべての宗教を寛容すると認した、ミラノ勅である。とはいえ、この時コンスタンティヌスにとってより重要だったのが、この会談中にリキニウスにマクシミヌスダイア起したことであった。

リキニウスはマクシミヌスダイアと戦うために会談から引き揚げ、これを打ち破った。ところが314年にコンスタンティヌスとリキニウスとの戦いが始まる。

いったんは和した両者であったが、リキニウスは320年にミラノ勅を破り、キリスト教を弾圧した。異端崇敬のゴート人に支持されたリキニウスに対し、コンスタンティヌスのもとにはフランク人が集まったとされる。324年に劣勢を押し返し、コンスタンティヌスが勝利325年にリキニウスが処刑されると、コンスタンティヌスが一の皇帝となったのだった。

ビザンツへの移行

コンスタンティヌスが内乱を打ち破ってもなお、ササン朝との戦いはなおも続いていた。ここでコンスタンティヌスに建造されたのが、現在イスタンブールであるコンスタンティノープルとされている。キリスト教認したコンスタンティヌスは聖遺物の収集を始め、これを集めることでキリスト教の中心を確立しようとしたが、イェルサレムローマアレクサンドリアなどの古来以来の中心地も存続されていく、

コンスタンティヌスはニケーア会議教会の統一を図ったが、五本山制という結論に至った結果、中世を通した東西対立が続いていく。また、彼の手によってローマ古来の々は凋落し、ユリアヌスという例外を除いてはこの趨勢に逆らうことはなかった。

コンスタンティヌスがこうしたキリスト教への手厚い寛容さを示したのは実利も大きかったとされる。しかし、結果として東方偏重が進んだために、ローマに留まろうとした抵抗から、東西への分割が進んだ。コンスタンティヌスの死後、西方帝国が存続をす動きは結果的に失敗し、東方のみが性格を変容させつつ、帝国として存続していったのである。

ヒエロニムスによると、コンスタンティヌスは死の床で洗礼を受けたという。彼の死後の混乱は知らず、大帝はかくして亡くなった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: デューク・ペペ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/20(月) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/20(月) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP