コンテンダー単語

コンテンダー

1.1千文字の記事
掲示板をみる(52)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コンテンダーとは、アメリカトンプソンセンター社製の民間向け競技・狩猟銃器である。

概要

コンテンダー(競技者)とは、1967年に登場した中折れ式単発である。ピストルモデルが有名だが、身と床を交換するだけでライフルモデルにも出来る。
20世紀のとしては極めて単純な構造をしており、簡単な身の交換だけで、小口リムファイヤー弾から22口径ライフル弾、45/70弾まで多数の規格の弾薬に対応できるのが特長である。弾倉や装填機構はなく、一発ごとにを折り開いて手ずから排莢・装填しなければならない。
当然のことだが、身が短く、床がないピストルモデルライフル弾を発射するのは、過大な反動と発射炎が発生し、射手の負担が大きい。単発ということもあって、当初は実用品ではなくゲテモノ身や床を交換して楽しむキットガンの類と思われていた。

だが、そのピストルモデルが、メタルシルエット競技において思わぬ成功を収めることとなった。
距離から重い金属を弾くメタルシルエット競技では、命中精度だけでなく弾そのものの威・重量も重要になる。弾速が高く、威の大きいライフル弾が使えるコンテンダーはうってつけだったのである。

少し大化した後継モデルにあたる、トンプソンアンコールピストルモデルは、30口径ライフル弾にまで対応、本格的なビッグゲームも楽しめるものになっている。さらに、ライフルモデル用長身は50口径先込め式や12番ゲージ散弾、アフリカン・ゲームカートリッジの375H&Hや416Rigbyまで対応し、小害獣から撃ちまでこなせる万である。あくまで単発だが…。

世の中広いもので、トンプソンアンコールライフル用のマグナム弾である.600ニトロエクスプレスを撃てるように改造した馬鹿マニアがいる(関連動画参照)。しかし、本体の重量は精々2kg程度しかなく、撃った直後に反動によりが後ろにぶっ飛んでいってしまっている。同じように.600ニトロエクスプレスを撃てる拳銃してオーストリアで開発された、Pfeifer Zeliskaは、発射時の反動を軽減するために本体の重量が6kg(重めのライフル並)もあり、それだけでなく、火をやや減らした減装弾を使用することでなんとか保持できるようにしている。上記の改造がいかにをしているかが分かるであろう。

関連動画

 

トンプソン・アンコールの改造銃 UP主はPfeifer Zeliskaと勘違いしている

関連商品

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 50ななしのよっしん

    2019/02/16(土) 19:31:17 ID: CyOx5KRAMg

    ドルフロ民「これで切嗣小隊ができる」

  • 51ななしのよっしん

    2019/03/08(金) 21:55:28 ID: sacfkVavkc

    マルシンで出してくれよなぁ~…頼むよぉ~

  • 52ななしのよっしん

    2020/04/27(月) 12:35:56 ID: ZzjYpx0Og4

    ニコラスケイジ演の2015年映画にも触れて
    クソほど面くない映画だったけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/20(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/20(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP