今注目のニュース
アスクル、古紙回収業者を提訴 倉庫火災で「101億円」損害賠償請求
歌広場淳、新型コロナ感染 直近の行動履歴を自らブログで公表
Vtuber事務所「ホロライブ」ゲーム実況、著作権侵害申し立てで削除 カプコン「企業が利益上げるなら、使用許諾を取って」

コントラ単語

コントラ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コントラには、以下の補がある。

  1. コナミよりゲームボーイソフトとして発売された魂斗羅シリーズの一作。海外タイトルOperation C。
  2. ニコニコ動画にて魂斗羅タグの代わり、または同時に付けられるタグ
  3. ニカラグアの反政府

本記事では、1の項について解説する。

概要

1991年コナミより発売されたゲームボーイソフトで、魂斗羅シリーズ初の任天堂携帯ゲーム機作品である。
この作品で初めてフルオート連射のデフォルト武器とホーミング武器が登場した。
当時のゲームボーイ仕様もあって、画面が小さく、モノクロや残像で見辛い点など画面の問題点はあるが、
携帯ゲーム機に向いた完成度で、難易度はこれまでのシリーズべると低めである。
(とはいえ決して簡単とは言えず、少しやり込めばコンティニュー有でクリアできるぐらいの難易度

後に発売されたコナミGBコレクション VOL.1にグラディウス(ネメシス)・ドラキュラ伝説コナミレーシングF1スピリット)と共にカップリング収録されている。

基本ルール

プレイヤーはビル・ライザーを操作し、様々な武器を使い敵を倒しながら進んでいく。
全5エリアで、奇数面がサイドビュー・群数面がトップビューと交互に展開され、1~4エリアまではゲームスタート時にステージセレクトができる。
最終エリアクリアするとエンディングとなり、一面から再スタートされるループゲームとなっている。

武器

エリア紹介

エリアBGMは、エリア2を除いて初代魂斗羅の物を使用。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/07(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/07(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP