今注目のニュース
あおり殴打事件の男女はガラケー?ガラホ?今どきガラケーな人たちの主張
体臭対策した30男が妻に「おしっこくさい」と言われた理由
読書は脳に「永続的な影響」を与える。フィクションかどうかで違いも

コンパイルハート単語

コンパイルハート

掲示板をみる(112)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コンパイルハートとは、2006年6月2日に設立された日本ゲームメーカーである。

概要

アイディアファクトリー株式会社の関連子会社として設立された。かつてのIFゲームであったネバランシリーズスタッフとして設立されており、今やすっかり乙女ゲーメーカーとなってしまった本家IFに代わって特定のお客様向け一般向けのゲーム制作している。な作品に『アガレスト戦記シリーズ、『超次元ゲイム ネプテューヌシリーズ、『圧倒的遊戯 ムゲンソウルズシリーズなどがある。

制作するゲームジャンルは基本的にRPGであり、コンシューマーでは過剰ともいえるお色気要素を前面にアピールしつつ、中身自体はIFゲー伝統である理不尽な難易度の物が多い。その最たる例であるアガレスト戦記シリーズは有名。

近年は、ネプテューヌシリーズムゲンソウルズシリーズのようにコメディよりの作品を多く手掛けていたが、2013年には「日本特定のお客様向けのRPG」を掲げる新ブランドガラパゴスRPG』を設立し、その第一弾として『フェアリーフェンサー エフ』を2013年10月10日に発売した。それから1年後、第二弾『オメガクインテット』を2014年10月2日に発売し、2015年7月23日に『魔界一番館』の第一弾『魔壊リリオン』を発売、2016年7月21日に『IDEA FACTORY INTERNATIONAL』の第一弾『クロバラノワルキューレ』を発売し、知名度を上げていた。

なお、上述の通り、旧IFスタッフが中心となって設立された会社であるため、魔導物語シリーズなどでコア人気を誇ったコンパイル社とは全くの関係である。しかし、2010年10月28日コンパイル製作販売を行ったゲームソフト全般(ただし、ぷよぷよシリーズについてはSEGAが版権を持っているので対外。)の営業権(営業権であり、版権そのものではないことに注意。)を取得し、コンパイルの版権を活かしたゲームの第一弾として、『聖魔導物語』を発売している。

ちなみに『アガレスト戦記シリーズ、『超次元ゲイム ネプテューヌシリーズ、『圧倒的遊戯 ムゲンソウルズシリーズなどを発売する前は2006年9月28日に『アストニシアストーリー』といった韓国ゲームソフト日本版として発売し、OVAメガゾーン23』の続編『メガゾーン23 青いガーランド』を発売、自社初のクロスオーバー作品『クロスエッジ』を発売したことがあった。

主な作品

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP