コンピュータ 単語

205件

コンピュータ

2.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コンピュータ/コンピューター英:computer)とは計算機、特に電子計算機をす言葉である。

つまり今まさにお前さんが使っている機械がそうだ。
もちろんスマホ携帯電話もコンピュータが含まれているが、広義にはそれら以外も含める。

概要

後述のように広義では算盤計算尺、果ては時計まで含めようと思えば含められるが、現在ではコンピュータ=電子式デジタルコンピュータで使われる場合が多いのでその前提で話を進める。

現在では社会の隅々にまで入り込んでおり、々の日常生活は今やコンピュータ抜きでは成立しないと言っても過言ではない。例えば昔気質の小説家がいたと仮定して、その人が「私はコンピューターを使わない。今でも原稿用手書き(キリッ」とがってみても、その手書き原稿はDTPで処理されるし、本の流通や売上はコンピュータで管理されるし、原稿料や印税が振り込まれるであろう銀行口座にも論コンピュータが使われている。本当の本気でコンピュータ抜きの生活をしようと思ったら、無人島にでも行くしかないだろう。

いろいろな機能

スイッチキーボードのように命・数値・文字を手動入するものから、各種センサー温度・湿度・度・傾き・距離・時間といった情報を自動で取得し、使用者の任意操作または自動で適切な作業・動作を行ってくれたり、適切な量で変換・補佐してくれるなど庭用から業務用・軍用まで様々。

複数のコンピュータが有線・線によって連携したり、他の機械と連動する場合も多い。

に付与されたバーコードQRコード読み込み個々や番を認識する、対の表面位置や度を認識するものもある。防犯用・監視用など単純に対の存在を発見して警告・警報を発するものも。

欠点

半面、電がなければ動かなかったり、メンテナンス不足、何もかもコンピュータに頼りすぎるといった結果、それが使えない環境や故障時・災害時・緊急時などに非常に困る、役に立たない、暴走するといったこともしくないため、手動(アナログ)でも動いたり代替用のバックアップ手段、安全性設計も必要となる。

精密なコンピュータにおいては個人で容易に直せるものではなく、適当にそのあたりの木材やガラクタを使ってDIYしたり修理できるものでもないし、集積回路などは容易に作れないし、素人では配線だらけで意味が分からない

人工知能AI)もあるが、暗記と計算は得意でも人間ほどの柔軟性は(現時点では)まだない。

computerという言葉の原義について

元々の意味は計算を行なう物・人のことである。(コンピュート=計算)。つまりcomputerは「計算機」の意味となるので、紀元前の木製計算機(そろばんなど)などもコンピュータであるといえる。(英語の時間に、いわゆる「コンピュータ」をelectronic computerと訳するように習った人もいるだろう)。

しかし、日本法律上では電子計算機という意味になるため、パソコンをはじめとした電卓カーナビ携帯など、内部で計算を行っている機械全般をす言葉となる。また、小中学校では、パソコンのことを「コンピュータ」として教えるため、コンピュータ=パソコンと思っている人も多いと思われる。

パソコン科項も参照。

デジタル/アナログ[1]

現在デジタル・コンピュータはあらゆる情報を「0」と「1」に換えて処理を行う。数字の表記はかならずしも二進法でなければならないということはないが、使う記号が少なければ少ないほど物理的な処理はしやすい。そしてこの効率の良さによって、今日デジタル・コンピュータは爆発的な進化を遂げている。

逆にアナログ計算機の性を上げるのは難しい。例えば微分計算機の場合、歯車を使っているので精度を高めるには限界がある。計算尺も長さを伸ばせば精度を上げられるが、実際にやろうとすると100メートル以上などという大きさになってしまい、現実的ではない。そういった「物理的な限界」によって、アナログ計算機の進歩は必然的にあるところで止まってしまうことになる。

日本語における表記について

日本ではcomputerのカタカナ表記は「コンピュータ」と「コンピューター」と二通りある。これは別にどちらが正しいという訳ではない。

参照

フィクションにおけるコンピュータ

作品が制作された当時の世間一般における「コンピューター」に対する認識が反映されている場合が多い。例えばコンピュータ=万の電子頭と思われていた時代にはフィクション作品でもそのように扱われる(例:「バビル2世」のコンピューター)し、時には人間に反乱を企てることすらあった(例:「2001年宇宙の旅」のHAL9000)。

現実における機械の電子制御を見てもわかるようにメカものとの相性が良く、特にロボットアニメにおいてはしばしば印的な描かれ方をする。例えば「勇者王ガオガイガー」では合体を制御するプログラムが不全なためにジョイント部分がダメージを受ける描写がある。

キャラ何を計算したのか高い勝率を算出し、慢心油断して負ける/死ぬ展開もある。
(→死亡フラグ

さな子供向けなど単純なものでは、すごく大きなよくわからないスイッチレバーランプモニター・計測器・アンテナがついている何か凄そうな機械装置して描写される場合もある。ピコピコ鳴りながら規則的に大量のランプっている場合もある。誰得がついている場合も多い。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *2045年問題」松田卓也 済堂 2013 pp.44-45
この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/17(水) 22:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/17(水) 22:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP