今注目のニュース
さっしーどハマリ中! 「ずっと食べちゃう。終わりを知らない」ウマ過ぎおやつ。
マックコーヒー「0円」再び! しかもさらに濃く、美味しくなったよ。
YOSHIKI、台風15号のボランティア活動参加で「新しい自分を発見しました」

コーゼル単語

コーゼル

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

コーゼルKosel)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.坂口芳貞

概要

外伝『螺旋迷宮』に登場する、第二次ティアマト会戦期の銀河帝国軍人・大将。旗艦<ディアーリウム>。
会戦当時50歳、幅の広い貫ある身体に豊かな色の、そしてするどく明るい褐色を持つ剛直な職業軍人であり、右手の甲にはレーザー傷跡が残っていた。

当時の帝国軍を徴する歴戦の宿将の一人であり、宇宙艦隊長官ツィーテン元帥をも上回る豊富な戦闘経験を持ち勇猛果敢、常に最前線にあって勝敗を重ね、敵である同盟軍にも警される戦錬磨の猛将であった。そして何より彼の経歴で特徴的なのは、貴族出身の高級士官がほぼすべてを占める当時の帝国軍にありながら、民の身分で大将まで昇進を遂げたことである。この猛将は、ウォルフガング・ミッターマイヤーを始めとするのちの民出身の名将たちの先駆者であったといえるだろう。

こうして帝国軍の重鎮の一人にまでなったコーゼルは、帝国436年末の第二次ティアマト戦後には前線を離れて統帥本部次長の職につくことが内定していた。しかし彼は、統帥本部で期待されていたある職務に就くことなく、第二次ティアマト会戦において戦死することとなる。

第二次ティアマト会戦

帝国436年の第二次ティアマト会戦において、コーゼルは旗艦<ディアーリウム>から自身の艦隊の揮をとった。部には情報主任参謀シュテッケル少将情報参謀クリストフ・フォン・ケーフェンヒラー大佐がいた。

二次ティアマト会戦の最終局面、12月11日18時10分にいわゆる"軍務にとって涙すべき四〇分間"が始まった時、彼は前後双方からの"流星と見まごうばかりの"猛攻撃に対して果敢に迎え撃ち、同盟軍の火がますます強くなる中でも見事な戦術で攻撃に対処してのけた。しかし18時27分、同盟軍第4艦隊(フレデリック・ジャスパー中将)と第5艦隊(ウォリス・ウォーリック中将)が巧妙な連係をとって左右からコーゼル艦隊を横撃したことで、ついに抗戦の限界に達し、時にコーゼル艦隊は崩壊する。

これまでも見事な連係プレイを見せているこの”730年マフィア”の両官のうち、どちらかであればコーゼルの手腕で艦列を維持しえたというが、それももはや意味な想定であった。18時36分、<ディアーリウム>は同時に三発の直撃弾を受け、爆発とともに艦が損傷・大破。コーゼルも9人の幕僚・艦要員とともに即死した。

補遺

二次ティアマト会戦に先立って、コーゼルは情報参謀ケーフェンヒラ大佐を呼び出し、クリストフ・フォン・ミヒャールゼン中将帝国軍内のスパイ網に関わっているのではないかという疑惑をめかしている。統帥本部次長の職も、そのスパイ網摘発のためのものであった。

彼の言は、ミヒャールゼンをスパイ網の責任者として名しするものとも、あるいはまだ確信できぬ責任者をあぶり出すものとも取れるが、いずれにせよ、彼の死によって摘発の手は途切れた。事件が一応の進展を見るのは、6年後のミヒャールゼ提督暗殺事件を待つこととなる。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2017/01/05(木) 23:44:53 ID: l2RrpgV+Ou

    OVA版では浅い肌だったような気がするんだよね。記憶違いだったらっ恥だけど。
    もしそうなら、帝国社会にも有色人種がいたって事例と言えるのかな。

  • 3ななしのよっしん

    2017/07/24(月) 07:22:21 ID: lETEOU6O2g

    単に日焼けしてただけという場合も

  • 4ななしのよっしん

    2018/12/30(日) 00:58:06 ID: cjnOIb+kJE

    人種日焼けしてもくなるだけでくはならないよ。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP