ゴッドイーター3単語

ゴッドイータースリー

  • 7
  • 0
掲示板をみる(633)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『ゴッドイーター3(GOD EATER 3)』とは、 バンダイナムコエンターテインメントより発売されるゲームである。

概要

GOD EATER 3exit
ジャンル ドラマティック討伐アクション
販売元 バンダイナムコエンターテインメント
機種 PlayStation 4
Nintendo Switch
PC(Steam)
発売日 2018年12月13日(PS4版)
2019年2月8日(Steam版)
2019年7月11日(Switch版)
CERO C
ゲームソフトテンプレート

ゴッドイーターシリーズ」待望の新作であり、2017年10月7日に開催されたシリーズ初の単独音楽イベントGOD EATER ORCHESTRA LIVEフェンリル極東支部演~」にて発表がされた。

内としては初のSteam版が配信されるため、PCでも遊べるようになる。
また、これまでのシリーズ作品は全て携帯機でのプレイができたが、現在発表されている対応機種はSteam以外だと据え置き機のPS4のみであるため注意。

東京ゲームショウ2018では発売に先駆け、本作のステージ出展と共に試遊ができる。exit

今作の開発チームは「シフト」ではなく、「ソウル・サクリファイスシリーズ製作に携わった「マーベラス」になった。

(マルドゥークで一度コラボしたからある意味縁なのか・・・。)

あらすじ

世界び、喰い荒らされていた。

ある時、未知の厄災域」世界各地にて発生。
空気中を漂う「域」は発生直後よりその領域を拡大し続け、接触する全ての構造物を喰らい、へと変えていった。

フェンリル各支部は「域」の侵攻に為す術なく、長年続いたフェンリルの統治体制程なくして崩壊した。

域」はなおも拡大の一途を辿っている。
辛うじて生き存えた人々は各地で地下拠点「ミナト」を建造、さらには「対抗適応ゴッドイーター」通称AGEという兵士を造り出すことで地表を覆う脅威に抗い続けていた。

ゴッドイーター3 | バンダイナムコエンターテインメント公式サイトexit

登場人物

今作からの登場キャラクター

新規武器

  • バイティングエッジ身)
    新たな近接タイプ二刀流
    二刀流形態と薙薙刀ではない)形態に分かれており、二刀流形態では素い攻撃を可にする。そのため、特殊アクションは変形となる。
    形態にチェンジすると両のような形になり、薙形態ではスタミナ自然回復効になり、攻撃する度にスタミナ消費するようになる。それを引き換えに回転率が高く強な攻撃が出来るようになる。2つの形態の移行を駆使して戦う。スタミナ切れたら身扱うのも手か。
  • ヘヴィムーン(身)
    新たな重量級身で、手数と破壊を兼ね備えている。
    通常形態と展開状態が存在し、特殊アクション展開状態の攻撃モーションとなる。
    通常形態でのチャージでノコギリのような攻撃に生し、連打をすることでより高ヒットさせることが出来る。(ただしその分隙が生まれる。)
    また、展開状態はOP残量によって攻撃が上昇する。
    通常形態をベースに付加価値である、展開状態等を駆使して戦うタイプ
  • レイガン(身)
    前作までのブラストが名称変更・一部仕様変更した身。オラクルリザーブも健在。
    扱える通常弾に照射弾が追加され、OPを消費し続け、撃ち続けるほど威が上昇する(上限有)弾を扱うようになる。

新システム

ダイブ

今作で追加された新たな移動技。
を前に構えて突進し、ロックオン中は追尾が可で、スタミナを消費する。
今までのステップ攻撃のあらゆる移動方法よりも遠くまで速く動くことが可で、急接近や緊急離脱にも使うことが出来、装備している装甲の種類で消費スタミナ量が異なり、バックラーが消費スタミナ量最小になる。

また、ダイブには攻撃判定があり、装備している装甲の防御によってそのダメージが計算されるため、ダイブダメージを与えたい時はタワーシールドを使う等の選択肢が生まれる。

バーストアーツ

今作にはGE2ブラドアーツに代わり、バーストアーツと言う要素が登場する。
バースト状態にのみ使用可で、バーストアーツごとに設定された通常攻撃が進化し、さらに覚醒・成長するというもの。

今作では地上用(GROUND)、中用(JUMP)、ステップ攻撃用(STEP)の3つのタイプを一つずつセット出来る。
そのため、GE2GE2RBで他の技に繋ぐような立ち位置のブラドアーツが、今作でバーストアーツからバーストアーツにつなげることも可になる。
また、名称が変わってても動作の基本がブラドアーツの時と同じアーツも登場する。

BAエフェクト

今作のバーストアーツの最終段に追加攻撃を付与することが可な要素。
BAエフェクトは全機共通のものを扱うが、BAエフェクトタイプという区分が存在し、バーストアーツごとにセット出来るBAエフェクトは決まっている。

飛び道具を飛ばしたり、範囲攻撃を付与したり、または距離での密着時でのダメージを強化する等のBAエフェクトが存在する。

バースト制御ユニット

今までのシリーズに存在した、制御ユニットの立ち位置でバースト状態時に付与される。
バースト状態時に付与される効果は様々で、説明文の文章で付与される効果が記述される。

アクセルトリガー

アクセルトリガー戦闘準備で装備変更可なもの。
その装備ごとに設定された特定アクション条件を満たすことで、装備ごとに設定されている、短期間プレイヤーを強化するパッシブスキルを付与する要素。ミッション中何度でも発動できる。

エンゲージ

仲間と一定距離間で戦い続けることで、その仲間との「エンゲージ率」が高まり、MAXで発動可
このエンゲージで共有されるプラス効果を「エンゲージエフェクト」と言い、仲間によって異なりプレイヤーは装備変更することが出来る。
また、アクセルトリガーのパッシブスキルも共有することが出来るため、エンゲージ中にアクセルトリガーを何度も発動させることでより強な立ち回りが可になる。

強襲討伐ミッション

特殊ミッションの一つとして登場。8人でのマルチプレイが可となるミッション
ルールとしては5分という短い制限時間の中、討伐対を相手にしてどれだけ進行出来るかというものである。
受注した際に自動で8人までマッチングされ、討伐しなくても一応報酬を得ることが可で、参加することでEPというポイントを入手することが出来る。EPはエンゲージエフェクトの入手に利用される。

仕様変更

捕食攻撃

今作の捕食攻撃は、GERプレデタースタイルに存在していた、クイック捕食エア捕食が常備となった。
コンボ捕食クイック捕食エア捕食3つとも常に使えるがもう3つともクイック捕食と呼んでもいいかもしれない。
また、バースト状態に2段ジャンプエア捕食リスポーン地点捕食する体験版動画が多く存在したり、エア捕食中攻撃でループコンボも組める状態である。

バレットエディット

今作でのバレットエディットコスト制というものが採用される。
今作のカスタムバレットはOPを使用しなくなりミッション中に持ち込める弾数が制限される。
コストバレットほど、ミッションに持ち込める弾数は減っていくという仕様になる。
これにより、低コストで弾数を多く持ち込めるバレットという選択肢が生まれる。(かもしれない)

また、カスタムでない通常弾は変わらずOPを消費する。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/18(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/18(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP