ゴッドオブウォー単語

ゴッドオブウォー

4.4千文字の記事
掲示板をみる(202)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゴッド・オブ・ウォー』 (GOD OF WAR) とは、ソニーコンピュータエンターテイメントアメリカが開発している3Dアクションゲームである。

略称ではに「GOW」が用いられるが、Xbox 360用のTPSゲームギアーズ オブ ウォー』の略称GoW」と混同されやすい。そのため、“O”文字の大小で判別がなされている。

概要

本作はギリシャ神話を題材に描かれた亜種物語である。

ハードの性を最大限まで生かしたグラフィックは、次世代機に勝るとも劣らないとまで言われた。また、そのグラフィックにも関わらず読み込み作業を常に行っているため、ロード時間はほぼ皆無と言える。ただこのシステムを採用しているためかディスクが2層構造であり、プレイステーション2の機種によってはプレイが出来ないといった難点も見られた。

バトル方式は製作者の意図から「デビルメイクライシリーズを参考にしている。その他、巨大なモンスターバトルには「ワンダと巨像」、フィールドの作りや謎解きには「ICO」を参考にしている。

第一作発売当時(2005年)は未だ「外ゲーム(いわゆる洋ゲー)=難解で作りが荒いゲーム」という概念が残るころであった。しかしGOW発売時期(2007年)以降はXbox360市場拡大やその他洋ゲーの進出により、ゲーマーの間でも「洋ゲーが昔にべ一変わってきた」と評価され始めた。その影ゲーム販売店等のポスター・宣伝効果もあってか、内の出荷台数は前作のそれより格段に上がった。
とはいえ、主人公クレイトスデザインや、洋ゲー洋ゲーと懸念するゲーマー層もあり、ゲームべて認知度はかに低いままである。

作品一覧

発売日は日本版。日本では『落日の悲愴曲』まではカプコン、『III』からはソニー・コンピュータエンタテインメント発売。

ゴッド・オブ・ウォー

第1作『ゴッド・オブ・ウォー』 (God of War) は、アメリカでは2005年3月22日日本では2005年11月17日プレイステーション2ソフトとして発売された。そのストーリーの壮大さ、アクション描写、映画のような荘厳な音楽を売りに多くのプレイヤーを魅し、大な人気を集めた。一部のプレイヤー間で「日本マリオと言えば、アメリカではGOW」と呼ばれるほど熱狂させたことも記憶に新しい。

ストーリー

スパルタの軍人クレイトスは、自らのを誇示せんと争いに争いを重ねた。ある戦いの最中、絶体絶命の窮地に立たされたクレイトスは、戦いのアレスに救いの手をめた。アレスを受け、暴虐と化したクレイトスは、さらなる殺戮を繰り返した。

だがこれはアレスの謀略であった。アレスクレイトスを何事にも心を囚われぬ、最強戦士に育てようとしていたのだ。そしてクレイトスがある村を襲撃していた時のこと、ついに自分の妻とをも殺めてしまう。送り込んだのはアレスであった。クレイトスは長きに渡り、この忌々しい記憶に苛まれることになる。

その姿を見ていたのは、他ならないギリシャゼウスアテナであった。クレイトスを見守っていたにも理由があった。ゼウスの子であり、アテナでもあるアレスは、その悪な精から他の々を脅かし続けていた。ついには全てを支配しようと、アテナを称える町アテネを襲撃してきたのだ。同士の戦いは禁じられており、もはやアレスを止める術は人間にして強大なを持つクレイトスにしかなかった。

クレイトスアレスを討つ代わりに自分の願いをえろとアテナに要した。家族を殺した、あの記憶を消すようにと……。

クレイトスの長い戦いのが始まった。

アクション

弱、強攻撃、緊急回避や投げ、魔法といった多な操作を行う。

また本作の特徴として第一に「コンテキストセンスティブ・アタック(通称CSアタック)」が挙げられる。これはある程度敵にダメージを与える、もしくは特定条件が整ったとき、とどめの一撃として大ダメージを与えるデモ形式アクションである。画面にめられたボタンまたは十字キー操作をタイミングよく入することでCSアタックは成功し、絶大なダメージを与えることができる。

その他アクションでは水中移動、レバー操作などのメジャーなものが挙げられる。

システム

バトル面のシステムにおいては武器魔法強化、体・魔増大がある。ステージ上に隠された宝箱を見つけることで体・魔を増加させ、敵を倒したときの経験値メニュー画面から武器魔法の強化を行うことができる。

その他システムにはクリア後の特典、コスチューム変更やチャレンジモード(一種のミッション形式のミニゲーム)などが用意されている。

ゴッド・オブ・ウォーⅡ 終焉への序曲

シリーズ第二作アメリカでは2007年3月日本国内では同年10月25日に発売(廉価版は2008年8月7日発売)。前作発売からおよそ2年の時を経て発売され、前作に匹敵するほどの出荷本数を記録した。

ストーリー

戦いのアレスを見事打ち倒したクレイトスは、自らの記憶を消す約束とは裏に、かつてアレスが就いていた戦いのの座、「ゴッド・オブ・ウォー」を授かり新たな戦いのとなった。
しかし元々人間であったクレイトスとなったことを遺憾に思い、彼を見離す々は少なくなかった。
約束を果たされなかった上にからも相手にされないクレイトスは、その憤をらすべく他の々を讃える町を次々に襲撃していった。一の理解者であるアテナさえ彼を止めることができなかった。

そして某日、襲撃のとどめをさすべくロードに降り立ったクレイトスに、一羽のが襲いかかった。そのは彼からを奪い、コロッサスの巨像に奪い取ったを分け与えた。コロッサス像はもはやの敵となったクレイトスに襲い掛かる。彼の新たな運命が始まった...。

システム

前作のシステムを踏襲しつつユーザーから不満のあった点が善され、本作は非常に完成度が高いと言われる。

第一に、前作で最もユーザー間に不満をもたらしていた「ボス戦闘が少なすぎる」点。
本作では数あるエリアの終盤にはほぼボスが設置され、それに伴うアクションも増えた。
またボスを倒すことによって相手が使用していた武器を自らのサブ・ウェポンとして登録し、使用することが可になったため、戦闘アクションもより幅広く多になったと言えるだろう。
魔法アクションにおいては扱える数は前作と変わらず四種類であるが、使える魔法は異なる。またクリア後では、ボーナスとして前作の魔法を一つだけ使用することが可である。

第二には、前作でも好評であったグラフィックに更に磨きがかかったことである。
前作同様ほぼロードはない。

ゴッド・オブ・ウォーⅢ

第4作『ゴッド・オブ・ウォー』 (God of War III略称:GOW3) は、アメリカ2010年3月16日に、日本では同年3月25日に発売し、同時にPS3用にリマスターされた1と2を同梱したトリロジーボックスも発売された。

ストーリー

妻子殺しの悪夢から逃れる為、々の手駒として働いてきたクレイトス。しかし々は約束を守るどころか、強くなりすぎた彼のを恐れ、殺まで企てた。ことごとく裏切られたクレイトスは、この悪夢から逃れるには、自分を陥れたゼウス復讐するしかないと心に固く誓う。

復讐こそすべて・・・」

運命の女神達を葬り、自らの死の運命すら捻じ曲げたクレイトスは、かつてオリュンポスの々に負けるはずだったタイタン族を現代へと呼び寄せ、ゼウス率いるオリュンポスの々に最後の戦いを挑む。

ゼウスよ!貴様息子が戻ったぞ!オリュンポスの終焉を引き連れてな!」

果たしてクレイトス復讐を遂げ、オリュンポスに終焉をもたらす事が出来るのだろうか・・・

システム

本作はゴッド・オブ・ウォー制作チームが手掛ける初めてのPS3タイトルにして、次世代機最強アクションゲームして作られ、テクスチャ解析度とステージ面積は2の実に4倍、もはやムービーをそのまま操作出来ると言っても良いほどの完成度を誇る。

CSアタック進化し、ボタン示が画面のコントローラに対応した場所に出るようになった(○なら画面右側、なら画面上側といった具合に)この為、とっさの示にも直感的に入出来る様になった。

PS3の機フル活用しているにも拘らず、相変わらずロード時間は非常に短い。

ゴッド・オブ・ウォー(2018)

2018年4月20日発売のシリーズ最新作。『アセンション』以来約5年振りとなる久々の新作で、PS4に対応機種を移している。これまでとは打って変わって北欧神話舞台とした新たなストーリーのためか、題名からナンバリングくなっており、表記は無印の第一作と同じ。

一部のファンの間では『ゴッドオブブウォー4』とも称されている。

ストーリー

オリュンポスの々との壮絶な死闘に勝利復讐を果たしたクレイトスは、気付くと異郷の地・北欧へと流れ着いていた。そこでクレイトスを助けた女性フェイと結ばれ、息子アトレウスを授かって新たな庭を築き、ささやかながらも幸せに過ごしていた。

しかし、過去の戦いの記憶現在でもクレイトスを精的に蝕み、更には最の妻を突如喪うという悲劇に見舞われる。妻の「9つの世界で最も高い山から遺を撒いてほしい」という遺言に従い、的の場所へと向かうべくアトレウスと共に立つクレイトスだったが…。

関連動画

ゴッド・オブ・ウォー

ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲

ゴッド・オブ・ウォーIII

ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション

God of War: Ascension

関連商品

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/16(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/16(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP