今注目のニュース
愛らしい横向きショット!パニカムトーキョー【ポケモン】ピカチュウ/カラーTシャツ
「老い」に対する認識の変化
「闇営業問題」で揺れた吉本興業。組織の問題解決は『明確化』がカギ

ゴティックメード単語

ゴティックメード

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゴティックメード(GOTHICMADE)とは、永野護漫画ファイブスター物語」及び劇場用アニメ映画花の詩女ゴティックメード」に登場する巨大ロボット兵器である。略称GTM

ファイブスター物語」においては、作中ロボットの名称およびデザインが「花の詩女制作の際の長期休載後、ニュータイプ2013年5月号からの連載再開時に世界設定が大きく一新され、それまで登場していた巨大ロボット兵器である「モーターヘッド」が「ゴティックメード」へ変更されたという経緯がある。
そのため、それまで登場していたモーターヘッドについては同じ位置に対応するゴティックメードが新たなデザインとして登場するようになっている。

登場する作品の詳細については、それぞれ「ファイブスター物語」および「花の詩女ゴティックメード」の記事参照。

概要

ハーモイド・システムと呼ばれる劇中世界では広く普及している半永久機関を動とする全高およそ25メートル程の人兵器モーターヘッド時代にべると一回り以上身長が高くなっている。

その他にも本編舞台である団歴の以前のAD世紀の時代に誕生したといった歴史的経緯や「騎士(ヘッドライナー、ウォーキャスター)」と呼ばれる驚異的な身体を持つ人が乗り込むことによって価を発揮する事などの基本的設定もほぼ変わらず、モーターヘッド時代におけるマシンメサイア等の設定も一部統合された形となる。

戦闘方法はエレクトロ・マグニフィケーテッドカーソルガット・ブロウ(通称ガット・ブロウ)と呼ばれるが一体化したような武装を用いた近接戦闘で、自己修復兵器をほぼ効にする上に、物理的攻撃に対しても璧と言っても良いほどの強度を持つヘリオス装甲に包まれている事から、ガット・ブロウを用いた高速戦闘により、相手の関節や打撃の衝撃によってパイロットの損傷を狙う戦法を基本とする。また、戦闘の際にはガット・ブロウなどによる射撃攻撃を併用することも少なくない。

GTMの主な特徴

  • スイング関節
    長い首とZ字に折れ曲がった様な腕、小さく細い胴体に対して巨大な手足という、ぱっと見でも分かる人間とは違った異様な体で、全身がスイング関節と呼ばれるレールの関節が配置されている。モーターギアなどは全くないシンプルな作りで、電磁的にくっついてるような状態らしい。一般的な軸関節に対して関節の急減速・急停止にも対応する事を意識したとのこと。体についても四肢の可動範囲を意識し、作者く「書くのに時間のかかる面倒臭いロボットを何とか簡略化しようとして考えた」のだが、生来の凝り性が発揮されたためか「かえってごまかしがきかなく」なり、そのくせ相変わらず半透明装甲をフル採用したため「地獄のような作画作業」になるなど、実際の手間は数倍に跳ね上がってしまったようである。
  • フレーム構造
    二本の背のみを「フレーム」とし、その他は動や関節、そして装甲の塊でもって本体を構成しており、そしてそれ自体が外装になっているため、いわゆるよくある内部格としてのフレームは存在しない。かつて作者がムーバブルフレーム等の設定を提案した過去を考えると、何とも思い切った物である。
  • 半透明装甲
    モーターヘッド時代にはL.E.D.ミラージュなど一部にのみ途中から採用していた半透明装甲だが、とうとう基本的に全機種で標準で使われている設定となった。そんなに好きか。しかも全透明からそれぞれ色や透明度が違うものがあったり、色が変わる装甲まであるなどもはや宝石店のような万全の態勢である。
  • エンジン
    花の詩女」の映像によって得られたある意味最大の恩恵であるのが何重にも重なったエンジンの起動音や駆動音。IHIジェットサービスに協してもらったり、声優さん達の悲鳴を沢山収録したりして製作された物で、読者に対してある程度の音の共通イメージ提供された形になった。
  • ワケのわからない出
    モーターヘッドの出は多少の差はあれどもおよそ2兆だったが。ゴティックメードは大体3L.E.D.ミラージュに当たるGTMツァラトウストラ・アプターブリンガーの出は推定1000以上である。本当にワケがわからない。

代表的GTM

映画花の詩女 ゴティックメード」の作中には、ドナウ帝国の「ディー・カイリン」やメロウラ」その他にボルドックス」マークIIマークIIIといったGTMが登場したが、ドナウ帝国の「ガイスト」や、都ハ・リの「バーガ・ハリ」等、作中に登場しなかったGTMの存在が示唆されていた。

それらについては連載再開後の設定変に伴って徐々に登場し、設定が開され続けている。


関連動画

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2017/11/15(水) 00:54:34 ID: j0qPtjk2ba

    漸くカイリン模型の試作が開されたねえ。
    もうちょいエッジが立ってるといいかなあ。
    スーパードルフィーの半分くらいの値段て意外と安いとか思ってしまう。3〜4万くらい?

  • 6ななしのよっしん

    2017/12/08(金) 14:54:05 ID: hY4kGk2IW4

    アクションフィギュア寄りになるのか。
    「自分がデザインしたメカブンドドしたい!」という欲望ダダ漏れで素晴らしい
    値段はすごいことになりそうだがw

  • 7ななしのよっしん

    2018/03/05(月) 00:10:29 ID: DVWY10TuxZ

    横浜で展示見てきたけど、意外と膝から下デカいねぇ。
    スイングの回転中心を考えるとなかなか異形の動きをしそう。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP