今注目のニュース
銀河から投げ飛ばされ「ホームレス」となった連星を発見
“山里亮太の年収1億”予想に陣内智則「ない」
「声優紅白歌合戦2019」開催、発起人の中田譲治も感激のイベントに

サイ単語

サイ

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

サイ)とは、奇蹄サイ科に属する哺乳類の総称。英名はrhinocerosまたはrhino
その他の「サイ」については「さい」の記事を参照。

概要

サイアフリカ東南アジアに生息する大哺乳類。種類によってばらつきはあるが、大きいもので体長4mにも達する、に次ぐ大きさを誇っている。その皮膚はとても硬く、まるでのようである。

最大の身体的特徴は頭部に生えたであり、一本もしくは二本のが顔の前面に突き出している。このよりも、人間髪の毛に近く、折れても時間がたてば再生する。

またサイのは古くからや工芸品の材料として重用されており、それを当てにした乱獲が絶滅を危惧させる要因となっている。現在サイはワシントン条約によって保護されているが、それでも密猟は行われている。そのためあらかじめを切っておくなどの処置がとられている。

サイの種類

  • シロサイ - 体長4m弱ほどの最大種。ワイドとホワイトの聞き間違いが名前の由来。
  • スマトラサイ - 体長3m弱の小のサイ。二本のを持つ。
  • クロサイ - 体長は3m強。色はという訳ではない。
  • ジャワサイ - 体長は3メートル程度。最も絶滅危機している。
  • インドサイ - 体長3~4mほどの大のサイ。が一本なので一犀とも呼ばれる。

サイの鳴き声

横向きの犀擬音として表すと、「シュニ~ン」exitという感じで鳴く。

こちらの 動物園ファンのサイトexit にて鳴きを聞く事ができる。

漢字として

Unicode
U+7280
JIS X 0213
1-26-52
部首
画数
12画
𡱝
Unicode
U+21C5D
部首
画数
9画
𡳚
Unicode
U+21CDA
部首
画数
15画
𡥷
Unicode
U+2A2C2
部首
子部
画数
12画
意味
サイ、サイの、武器が堅固な、という意味がある。〔説文解字・巻二〕に「南外のなり。一は鼻に在り、一は頂に在り。に似たり」とある。
字形
㞑(尾)+の会意、㞑の形説などがある。
音訓
読みは、サイ(音)、訓読みは、かたい。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。2004年に人名用漢字に採用された。
犀を符とする漢字には、墀、徲、(遅)などがある。ただなどは、犀ではなく屖を符とする説もある。
・犀甲・犀利

異体字

  • 𡱝は、〔大字典・異体字表〕にある異体字。
  • 𡳚は、〔龕手鑑〕にある古文
  • 𡥷は、〔字彙補〕にある古文

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/24(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/24(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP