今注目のニュース
魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)※ツブツブ注意
投票所入場券に「性別」載せる必要はある? 自治体でバラバラ...「削除」署名も
働く母親に「遠足のお弁当を作って」と言えず…… ある家庭の事情を描く漫画が涙なしに読めない

サイコミュ高機動試験型ザクⅡ単語

サイコミュコウキドウシケンガタザク

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

サイコミュ高機動試験型ザクⅡ(MSN-01、サイコミュ高機動試験用ザク)とは、メカニックデザイン企画MSV』に登場するモビルスーツである。
まった呼称がいが、大百科ではMSN-01もしくはサイコミュ高機動試験型ザクⅡとする。

概要

MSN-01とは、ジオングテストベッドMS-06Z サイコミュ試験型ザクⅡ(ザクⅡZ型)の2号機を改造し、モビルアーマー並の高機動性を持たせた高機動オペレーション試作機である。

『ビショップ計画』…つまりザクⅡZ型の時点でサイコミュの小化と有線メガ粒子砲の採用は成功していたが、それ以外のデータ(MS-06ザクⅡという機種の性限界、キャパシティから来る機動性の維持)を一定値満たすことが出来なかった。その為、ザクⅡZ型2号機の脚部推進機を剥き出しの大ロケットエンジンに変えて、機動の確保をしたのがこのMSN-01となる。
修点の脚部はおおよそモビルスーツの体をなしているとは言い難く、AMBACを考慮していない。宇宙用であるため脚部は元々必要性が薄く、接地も着艦用ランディングギアと割りきり、どちらかと言うと人モビルアーマーとでも言うべき機体と化している。

ただし燃料積載量上限の関係で稼働時間を大きく減らしている。こうした燃料の問題はザクⅡ改ことFZでも見られ、ザクⅡR型と同じくザクⅡという機種の限界に突き当たっていたと言える。
データ取り(テストベッド)の役割を終えても解体はされなかったが、ジオン宇宙軍の劣勢に伴い、本機も実戦に駆り出されていたようだ。

ジオングは当時、MS-16(MS-16X)としてZと相互補を行いながら開発が進められたが、MSN-01のデータ取りが進むにつれて人モビルアーマーとしての運用法の処がつき、MSN-02 ジオング称した。

また、MSN-01には他に「キケロガ」という機種が存在する。キケロガはTV版の没案、いわゆるトミノメモに記載された没機体にデザインと設定を付け足したものである。GジェネレーションFの機体説明によると、どうやらビショップとは別に並行してサイコミュの開発が進められていたようだが…非公式設定っぽい。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP