今注目のニュース
【栃木】迎えの母親について出て来てしまった1歳児が幼稚園バスにひかれ亡くなる。「65歳まで真面目に働いてきた運転手さんも気の毒」などの声
カンニング行為検知AIをユーザーローカルが開発 試験中の映像から怪しい動作を見つけ出す
痴漢の元警視庁の大臣SPを制止しようとした20代男性が意識不明に!容疑を否認する言い訳がひどすぎる!

サイバース族単語

サイバースゾク

  • 2
  • 0
掲示板をみる(56)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サイバース族とは、遊戯王OCGに登場する種族である。

概要

 第10期(2017年~)正確にはこの種族は第9期であるVジャンプ(2017年5月)の付属カードが初登場。から「マスタールール」と共に登場した25の種族。  

サイバー」を名に含んでいることもあってかコンピューター・電の雰囲気を持つものが多く、カード名にも関連用が多く取り入れられている。 種族名・カード名共に機械族を髣髴とさせるものが多いが、モンスターの容姿は魔法使い族や族に分類されそうなものもあり多種多様である。

TVアニメ遊戯王VRAINS」(後述)が『LINK VRAINS(リンクレインズ)』と呼ばれるVR間を舞台にしたデュエルメイン世界観であるためか彼らはその世界に生きるモンスターの総称なのかもしれない。あれ、それってデジモン

これまでの新種族であったサイキック族・幻族と違い、初登場したパックにこの種族を定する魔法カードは1枚も収録されなかった。 その後、約3か遅れで発売されたストラクチャデッキサイバース・リンク」にてこの種族を定する魔法カードが登場している。

また、新マスタールールと共に登場した種族であると同時に初のリンク召喚モンスターが登場した種族でもある為その種類数は全種族中最多。

転生炎獣(サラマングレイト)

2018年7月14日発売「SOUL FUSION」に収録されたカテゴリ
モンスターは全て炎属性・サイバース族。
転生」をテーマとしたデッキで、同名カードを特殊召喚することで追加の効果を得る効果や、自己再生効果を持つモンスターが多く存在する。

アニメ遊戯王VRAINSにおける穂村尊/Soulburnerの使用カードであり、ストラクチャデッキも登場している。

海晶乙女(マリンセス)

2019年4月13日発売「RISING RAMPAGE」に収録されたカテゴリ
モンスターは全て属性・サイバース族。
海洋生物モチーフデッキ墓地に関する効果が多く、カードリンク3以上のマリンセスモンスターが存在する場合手札から発動する効果を持つ。

アニメ遊戯王VRAINSにおいて、財前葵/ブルーメイデンイグニスアクアと協する際に新調したデッキ

余談

この種族の登場以前にもコンピュータモチーフとしたカードは存在しており、「電子」やディストクターNo.34 電算機獣テラ・バイト等が挙げられる。

第9期(2014~2017年)にVジャンプ(2017年5月号)付属カードで初登場するも第10期の「STARTER DECK(2017)」の発売日まで使用を禁止するという異例の措置がとられていた。

アニメ本編での活躍

TVシリーズ第6作品遊戯王VRAINS』の主人公藤木遊作/Playmakerが使用する種族。
ハッカー集団「ハノイの騎士」が排除してきた種族であり、遊作/Playmakerがそのカードを持っていたことにハノイの騎士達は驚いていた。 また、この種族は一般にはほとんど知られていない様である。

これまでTVシリーズ開始と同時期に登場したのは遊戯王5D'sサイキック族遊戯王ARC-Vと幻族に続く3例だが、主人公がそれらの新種族を使用するのは初めてである。 また主人公が使用する種族ということもあってか、サイキック族や幻族をかに上回るペースOCG化されている。

サイバース」自体は、アニメVRAINSにおいてAIたちの世界として設定されており、物語冒頭からハッカー集団「ハノイの騎士」がそれを滅亡させようと狙っている。 リボルバーは「サイバースはAi(=イグニス)がネットワーク社会の支配の為に生み出した存在」と発言している。

そのハノイの騎士リーダーであるリボルバーはサイバース族メタである火のを使用している。 その一方でサイバース族であるトポロジックボマードラゴンも使用しており、Aiに驚かれている。[1]

アニメに登場したサイバース族カード群

アニメ遊戯王VRAINS」では前述したトポロジックや遊作の使用するコード・トーカーが1年には登場していたが、2年から敵味方ともにサイバース族デッキの使用者が劇的に増加した。大百科記事のあるカード群については色付きとする。

コード・トーカー/サイバース族
使用者:藤木遊作/Playmaker
トポロジック/サイバース族/闇属性
使用者:鴻上了見/リボルバーパンドール
転生炎獣(サラマングレイト)/サイバース族/炎属性
使用者:穂村尊/SoulBurner
海晶乙女(マリンセス)/サイバース族/属性
使用者:財前葵/ブルーメイデン
ハイドライブ/サイバース族/炎属性属性属性・地属性
使用者:ボーマンハル
【Dスケイル/サイバース族/属性
使用者:ビットブー
【Gゴーレム/サイバース族/地属性属性
使用者:アース
闘機(ストームライダー)】/サイバース族/属性
使用者:ウィンディ
騎兵(アルマートス・レギオー)】/サイバース族/属性
使用者:ライトニング
イグニスター/サイバース族
使用者:Ai
トポロジー/サイバース族/闇属性
使用者:パンドール

OCGオリジナルのサイバース族テーマ

余談

現時点でPlaymakerリボルバースキルStorm Access」で入手したカードは、いずれもこの種族のリンクモンスターである。
TURN72Playmakerが新たに取得したスキルNeo Storm Access」ではリンクモンスター以外も入手できるようになり、サイバース族・シンクロモンスター《サイバース・クアンタムドラゴンエクシーズモンスターファイアウォール・X・ドラゴンエクストラデッキに加えている。

イグニス達が作ったと思われるデッキのサイバース族モンスターは、Gゴーレムが「遺跡」、闘機が「神話伝説生物」、騎兵が「古典」に関係する名前であり、彼らが人類の文化保存のために生まれてきたことと関係するのかもしれない。闇属性サイバース族にそれらしいカテゴリが存在しないのも「Ai仕事サボって遊んでいた」と言われていた事と一致する。

サイバース族ではないが、同じくコンピュータモチーフとしたカード遊戯王ZEXAL等々力右京が使用している。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

一般項目

大百科のあるサイバース族モンスター

脚注

  1. *リボルバーく「を以てを制すのも一」とのこと。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/18(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/18(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP