今注目のニュース
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!
アメリカで賛否両論!「こんまり」のオンラインショップは「goop」並み?
整形アイドル轟ちゃんが涙の激白 「生まれながらの顔がダメだから…」

サイバー・ドラゴン・インフィニティ単語

サイバードラゴンインフィニティ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(152)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サイバー・ドラゴン・インフィニティとは、遊戯王OCGに登場するモンスターカードである。

概要

サイバー・ドラゴン・インフィニティ
エクシーズ・効果モンスター/ランク6/属性/機械族/攻2100/守1600
機械族・属性レベルモンスター×3
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、
自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):1ターンに1度、カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を効にし破壊する。 

CROSSOVER SOULS」で登場したエクシーズモンスター
エクシーズモンスターとしては初めてX召喚素材に種族・属性の両方を定している。

素材縛りがかなり厳しく正規召喚は難しい反面、「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」に重ねることでX召喚できるので、基本的にはこちらの方法で呼び出すことになる。
ただし「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」にも機械レベル5×2という縛りがあるため、理なく出せるデッキは限られる。基本となる【サイバー・ドラゴン】以外では、【ギャラクシー】や【先史遺産】、【ブンボーグ】や【スピードロイド】などが狙いだろう。
RUMを用いる場合では、「セイクリッド・ビーハイブ」や「No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク」に対して「RUM-アストラル・フォース」を使用してランクアップするやり方もある。
名前をコピーできる「ファントムオブカオス」 にも重ねられるが、墓地に「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」を落とす必要があるので少々難しい。

なお重ねてX召喚は1ターンに1度の制限があるので、この方法によって1ターンの間に2体以上の「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」をX召喚することはできない。
もっとも、場持ちはいいため次ターン以降ならば並べることも難しくはない。

そうしたX召喚縛りの厳しさを差し引いても十分過ぎるほど、このカードの持つ効果は強なものとなっている。

(1)の効果はX素材の数だけ自己強化を行う。
上昇値はあまり高くないが、(2)の効果でX素材を増やすことは容易なので地味に働くである。
効果は強だがステータスがあまり高くないこのカードにとって、多少なりとも戦闘破壊されにくくなる点は大きい。 

(2)の効果はモンスター1体をこのカードのX素材にする
No.101 S・H・Ark Knight」と同系統の効果というだけでも優秀な効果なのだが、こちらは表側攻撃表示であれば効果対にできるのでより範囲が広い。
さらに『フィールドの』という定であるため、自分フィールドモンスターもX素材化できる点が特徴。
効果を使用して棒立ちとなった「サイバー・ドラゴンコア」などを吸収すれば駄がない他、自分フィールドに存在するサイバー・ドラゴンを利用して相手が「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」を呼び出さないための予防策としても機する。万が一の時にはX素材補充のための生贄として自らモンスターを喰らわせることも考えられる。
その上この効果の発動にはコストもなにも必要としないので、生させた場合でもすぐさま使用できる点も大きい。
素材が増えることによって(1)と(3)の効果を生かせるため、このカードの柱といえるである。

(3)の効果はX素材を1つ取り除くことでカードの効果の発動を効にして破壊する
1ターンに1度の発動制限こそあるが間違いなく強な効果であり、相手の動きを大きく阻することができる。
誘発即時効果でありダメージステップや相手ターンにも発動が可で、また『カードの効果の発動』に対するなので手札からや墓地からの発動にも対応可な範囲の広さと、時と場所を選ばない妨である。
コストとなるX素材も(2)の効果で増やすことができるので、維持すればするほどに生きてくる効果といえる。

総じてかなり強エクシーズモンスターであり、単体で完結したをもっている。
サイバー・ドラゴン・ノヴァ」を出せるデッキならば、このカードのためにエクストラデッキを割くことも十分考えられるだろう。

弱点として、(2)の効果にX素材が必要ないことと単体で機する点が噛みあってしまい、相手に「死者蘇生」などでこのカードを奪われるだけで、そのままこのカードの効果を最大限利用されてしまうところにある。
コントロール奪取された際に手詰まりにならないような対策をしておきたい。 


トラクチャデッキ-機-で登場した「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」のまさかの進化形態。
イラストでは「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」がオーラった禍々しい姿へと変貌しており、その胴体は記号を表すようなポージングとなっている。その苛なまでの制圧と除去も相まってか、ヘルカイザーが言い放った『勝利へのリスペクト』を具現するかの如き性を見せつける。『インフィニティ限、際限なく)』の名の通り、その限界なき戦場していくことだろう。にならねば見えぬ地があるといった結果がこれだよ

ただしそんな暴れも、サイバー流ではサイバー・ドラゴンから「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」の流れで簡単に処理が可であるため、ある意味手綱は締められていると言えるかもしれない。
(3)の効果を使用されると弱いため「サイバー・ドラゴンツヴァイ」はやや使い辛いものの、その他のサイバー・ドラゴンモンスターならば安定して「キメラテック・フォートレス・ドラゴン」に繋ぐ事ができる。

なお単体性の高さから『切り札』として見なされることが多いこのカードだが、吸収効化を生かした他カードの『サポート役』としても一面も持っている。
特に攻撃を確実に通すことが重要となる表サイバー流にとって、妨カード効化して安全に攻撃できる環境を作り出せるこのカードは切り込み役に適任。他モンスターとの相性もよく、(2)の効果によって「サイバー・ツイン・ドラゴン」「キメラテック・ランページ・ドラゴン」は直接攻撃が狙いやすくなり、(2)の効果を警して守備表示で出したモンスターには「サイバー・エンド・ドラゴン」の貫通効果が生きてくる。
サイバーモンスターをより発揮しやすい状況にできるこのカードは、インフィニティの名に相応しい「無限の可能性」を秘めたモンスターと言えるかもしれない。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/14(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/14(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP