サイレンススズカ(ウマ娘)単語

サイレンススズカ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(246)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「私にできることは、走ること。それだけなので」

サイレンススズカ

サイレンススズカ(ウマ娘)とは、「ウマ娘 プリティーダービー」の登場キャラクター

実在競走馬サイレンススズカモチーフとするウマ娘である。CV:高野麻里佳

概要

誕生日5月1日 身長:161cm 体重:増減なし スリーサイズ:B70・W53・H79

げな雰囲気を湛えた、クールウマ娘。言葉少なで物静か、ストイックにレースに打ち込んでいるが、その心にあるのは常に「走ることが何よりも好き」という気持ちだけである。
を基調に、のアクセント入りの勝負も、麗ながらもどこか折れてしまいそうなさを思わせる。

アニメでの活躍

主人公スペシャルウィーク東京に出て最初に見たレースで、颯爽と登場。持ち前の圧倒的なスピードで快勝してみせる。そのレーススタイルスタートからいきなり先頭に立ち、最後までぶっちぎる「大逃げ」である。当初はトレセン学園最強チーム「リギル」に所属していたが、チームの方針によりレース中のペースを抑えるように導され、スランプに陥っていた。その後、思うところあり、自性を重んじるチームスピカ」に移籍する。「を与えられるウマ娘になりたい」と彼女は言う。

学園の寮では奇しくもスペシャルウィークルームメイトとなる。彼女と心を通わせ、やがて二の友情を築くのだが…。

サイレンススズカ(学園制服)

<以下ネタバレ反転

アニメ第7話「約束」の回にて、天皇賞(秋)に出走したサイレンススズカは、毎日王冠辱を誓うエルコンドルパサーチーム「リギル」の面々や、メジロライアンウイニングチケットといった強敵をものともせずにレース序盤から快走。後方を全にブッチぎる「逃げて差す」レースを展開した。しかし、好事魔多しの言葉通り、3コーナーで事態は急変。左足に痛を感じたスズカは体制を乱したまま、減速もままならない状態となる。観客席から逆走してきたスペシャルウィークに受け止められて何とか止まることができ、トレーナー導によって適切な処置がされた。サイレンススズカはその場で意識を失い、病院ベッド覚めた。左足は折しており、再び元のように走れるようになるかはわからないと言われるが、スズカは「を与える」ために再起を誓うのであった。

そしてリハビリを終え、スペが出走するジャパンカップの前日のオープン特別戦で復帰。スタート直後に出遅れるものの、直線で一気に挽回し先頭でゴール。あの日から1年(史実からは20年)の時を経て、止まっていた時計の針が再び動き出した。

<以上、ネタバレ反転終了>

第2期ではアメリカに遠征しており、出番はほぼスマホタブレット越しでのものに限られる。

コミカライズでの描写

STARTING GATE!

トレセン学園に転入してきたスペシャルウィークが最初に出会って物語は始まる形で登場。ラブコメか!

かつては生徒会先輩たちからも期待される程の逸材であったが、怪による影により周囲から関わりを避けるようになっていた。そんな中ルームメートのスペシャルウィークと関わる事で徐々に自分を取り戻していくこととなる。

うまよん

スペシャルウィークを中心とするウマ娘たちのドッタンバッタンに巻き込まれ見守る事が多い。うそでしょ…

一方でモチーフ同期であるマチカネフクキタルとの対等な付き合いや、ユニット逃げ切りシスターズ」のメンバースマートファルコンミホノブルボン)との交流といった他とは異なる顔を魅せている。

ゲームでの扱い

…やっと見えた!
スピードの向こう側…静かでどこまでも綺麗な…
私が見たかったもの…!

スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
101 84 77 100 83
バ場適性 A ダート G
距離適性 距離 マイル 距離 距離
D A A E
脚質適性 逃げ 先行 差し 追込
A C E G

初期3育成ウマ娘サイレントイノセンス]として初期実装。やはりと言うべきか脚質、固有スキル、習得可スキルの全てが逃げに特化しており、最終直線まで先頭をキープして固有スキルの発動に漕ぎ着ければ「逃げて差す」と称された得意の大逃げが炸裂する。史実ほど序盤から他を突き放した独走大逃げにはなりにくいが、カットインの発動とともに一気に加速して後続を突き放し大差で逃げ切る爽快感がたまらない。

元になったが「短距離並みのペースで走れる中距離」のため短距離適性は低めで、史実で出たこともないので標にも短距離は全く関わらない。そのためサクラバクシンオーほどバクシンな育成をすると危ういところはあるが、固有スキルを発動させるためにも生命線はやはりスピードであり、基本はバクシンオーと同じくスピードを中心に育成しつつ、最長で2400m(標では神戸新聞杯が該当する)の中距離レースを走りきれるようにスタミナを鍛えると良い。

また史実では4歳時(ゲームでいうクラシック級)、弥生賞でのゲートくぐり事件をはじめ、出走したダービー天皇賞(秋)マイルチャンピオンシップといったG1は全て掲示板外と重賞では結果を残せずにいたのだが、シナリオでは弥生賞で迷いを生じクラシック三冠挑戦を見送るという展開になるためダービー等は標には一切関わらない(出走は可)。神戸新聞杯から史実の軌跡をなぞっていくことになるため、育成標はG2が中心で、それぞれの標の間の期間も長い。レースもほとんどが中距離距離適性に振り回される心配もない(毎日王冠のみマイルだが適性Aなので問題)。そのため攻略難易度はかなり低く初心者でも非常に育てやすいウマ娘と言える。

そして最後の標は、史実ではもちろんアニメでも勝てなかった天皇賞(秋)で1着を取るというものになっており、達成した時はファンものの専用特殊実況イベントが待っている。

なお、ウマ娘ストーリーでもアニメ版と同様、最初は主人公とは別のトレーナースカウトされるが、得意の大逃げではなく前半は抑えて後半でスパートという導を受けた結果スランプに陥る。見かねた主人公の手助けで立ち直り、元のトレーナー許可を得て主人公のもとに移籍するという流れになっている。

専用二つ名の「異次元の逃亡者」の取得条件は「作戦逃げ」かつ1番人気で重賞を6連勝以上し、そのうち1戦は宝塚記念スタート200m地点からゴールまで1番手のままで勝利する」という史実再現系。専用二つ名の取得条件の中では簡単な方だが、勝つためにスピードに偏った育成をしていると他のステータスが低くなってG1レベルでは1番人気を取りにくいのが少々厄介

標日程が緩いため、史実で獲れなかったダービーマイルチャンピオンシップアニメスペシャルウィークと対戦の約束をしていたジャパンカップなどを獲りに行くことも可。長距離適性が低いので、菊花賞があるクラシック三冠天皇賞(春)があるニア三冠有馬記念があるニア三冠などの制覇は継承で適性を上げないと厳しいが、安田記念マイルチャンピオンシップマイル制覇は楽。また標が一切被らないため、桜花賞マイル)・オークス(中距離)・秋華賞(中距離)のトリプルティアラを狙いやすい。史実はなのに。レースがG2中心のためレースだけではファン人数を稼ぎにくいので、ファン人数が条件となる固有スキルレベル上げや、レジェンド達成をすなら標外のG1に積極的にチャレンジしていこう。

サクラバクシンオー同様、育成が楽かつレースで勝ちやすいため、因子獲得のための周回が非常にしやすいのも魅3の利点と言える固有スキルの継承においては、逃げウマ娘への継承としては非常に有選択肢。先行でもわりと機するが、先行では競り合った状態から抜け出したあとの「優勢な状況をより確実にする」保険としての意味合いが強くなる。先頭に出る時間が短い差しと追込には言うまでもなく不向き。なお、チームレースでは同格のスピードを持った相手と競り合ってスタミナを消耗してしまい育成時のようには逃げ切れないことが多く、チームレースで勝ちきれるスズカを育成するのは結構難しい。

また、ジュニア級の間に最低限のステータスを確保し、ジュニア12月前半の朝日杯FS阪神JFから2ターンレースに出して1ターン練習か休ませるというローテ(3ターン連続でレースに出すと調子が下がるため)でひたすらレースに出し続けることでマニー稼ぎ・ファン数稼ぎをすることもできる。マイル・中距離G1で勝てるため、勝てるG1が少ないバクシンオーより効率的だとか。ただしその結果、山のような育成スズカをもて余すことになるが。まあそれは因子周回をしていればスズカに限らない話ではあるが……。

サポートカード

SSR[色の、その先に]とR[トレセン学園]が初期実装。どちらも友情トレーニングスピード

どちらも「先駆け」「急ぎ足」「押し切り準備」「逃げ直線○」「逃げコーナー○」「逃げのコツ○」「先頭プライド」と逃げ用のスキルが山積みで、他に「集中」「前途洋々」「左回り○」が入手可SSRではさらにレアスキル「逃亡者」が入手できる。友情トレーニングスピードなので、スズカ自身の育成に使えないという問題はあるが、逃げウマ娘を育成するならスキル確保用にデッキSSRを1枚積んでおきたいところ。

関連ウマ娘

スペシャルウィーク個別記事
モチーフは1歳下で、同じ時代を駆けながらも対戦経験はないが、同じ上(武豊)を持つ同士。また、スズカの悲劇の翌年の天皇賞(秋)を勝ったのがスペシャルウィークである。ウマ娘ではルームメイトアニメではそれに加えてチームメイト)であり、背中を追う後輩として描かれている。
エアグルーヴ個別記事
モチーフは対戦経験もある1歳上のであり、同じ上(武豊)を持つ同士。ウマ娘においてもライバルでありながらお互い気の置けない間柄。
マチカネフクキタル個別記事
モチーフは対戦経験のある同期。振る舞いは正反対だが、お互い気さくに言い合える仲。

楽曲

Silent Star
作詞Cygames (corochi) 作曲編曲田中秀和 (MONACA)
CDSTARTING GATE 01」収録。スズカの質を活かしたウィスパーボイスで歌うバラード曲。アニメでは第7話のスペシャルED曲として使用された。
七色
作詞作曲田綺美 編曲中西
CDANIMATION DERBY 01」収録。アニメ第1話のウイニングライブで披露した挿入歌。

史実

98年 宝塚記念

最速の機能美
サイレンススズカ

速さは、自由孤独か。

2011年 JRA 宝塚記念CMより

どこまで続くポールトゥウイン エキゾーストノートはいらない
1998年 天皇賞(秋)馬場入場 フジテレビ塩原恒夫の「ポエム」より

サイレンススズカサンデーサイレンスキアというアメリカからの輸入から生まれた。

1997年2月に新戦でデビュー勝利。その後は重賞では軒並み勝ちきれなかったものの、周囲からは来年は伸びるだと期待された。そして、その中で必勝のパターンである「逃げ」を確立していく。そして、武豊とのコンビも固まりつつあった。

円熟期のサイレンススズカの走りは「逃げて差す」と称された。中距離を短距離ペースを維持して走れるため、マイペースに走っているだけで先頭を引っる形になり、最後の直線でスパートをかけたらもうもついてこられない。差しや追込でサイレンススズカをかわすのは不可能とも言われた。
そして、他と同じを走って競い合うがゆえに速い者が勝つとは限らないのが競馬だが、最初からずっと先頭にいれば、にも邪魔のしようがない。大逃げとはまさしく究極の戦法なのである。

1998年は最初から何身もつけるようなブッチギリレースで連勝し、いよいよG1レースに挑戦。その宝塚記念では、騎手こそ南井克巳だったが、抑え気味のレース内容ながらも初勝利を上げた。そして、毎日王冠において、エルコンドルパサーグラスワンダーという強敵をものともせずに、「どこまで行っても逃げてやる!!(byアオシマバクシンオー)」と言わんばかりに、2身半の差をつけて見せた。
つぎは本命の標だった天皇賞(秋)。これまでの6連勝という強さに圧倒的1番人気を獲得。レース後はジャパンカップを経て、アメリカへの遠征も計画されていた。

レーススタートし、サイレンススズカは後続に一時は10身差をつける圧倒的スピードレースリードした。いや、リードしたというよりは、彼だけが別次元を突っ走っているかのようだった。だが…
3コーナーを過ぎた時、いきなり彼は姿勢を乱し、ガクッとスピードを落とした。その左足は粉砕折していたのである。なんとか治療のを開いて生きながらえてほしいという競馬ファンたちの願いも虚しく、予後不良とされ、サイレンススズカ天国レースをしに立ってしまった。→沈黙の日曜日

ウマ娘においても、その悲劇の影は確かに付きっている。しかし、物語の中でならそれは打ち破ることができる。ゲームでは自らの手で是非、その手助けをしてあげよう。

詳細は当該記事へ→サイレンススズカ

関連動画

ウマ娘プロ実況リンク

1998年11月1日 東京競馬場 第118回 天皇賞(秋)
実況塩原恒夫フジテレビ
解説:吉田均(競馬エイト
解説:東信二(1987年 皐月賞菊花賞勝利騎手

関連静画

関連商品


関連コミュニティ

サイレンススズカ(ウマ娘)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 244ななしのよっしん

    2021/04/16(金) 15:16:51 ID: 9mAVdt/M2s

    後、秋天の「栄日曜日」は反則だろ、泣くわ

  • 245ななしのよっしん

    2021/04/17(土) 19:57:26 ID: ZBu4FS4KzB

    競技場レースだとクッソ勝率悪いんだよなあ
    同じステ配分の逃げでもスカーレットブルボンバクシンは割と勝てるのに何故かススズは全然勝てん
    ↑にあるとおりやっぱ固有スキルが弱すぎるからか?

  • 246ななしのよっしん

    2021/04/17(土) 20:48:07 ID: opRvvFHa9Q

    差をつけて〜ってとこがければなぁ
    でもうちのスズカは意外と勝率悪くないわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/18(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/18(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP