サイレン単語

サイレン

1.8千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サイレンΣειρήν)とは、ギリシャ神話に登場する怪物のこと。

サイレーン、セイレーンとも。

転じて、英語では「大きい音を発生させる装置」を意味する。

概要

美しい女性の顔と上半身、両腕と下半身は。『アルゴナウタイ』に登場する怪物ハルピュイアと似ているが、性質は異なる。

河のアケローオスと芸術女神・ムーサの一人、メルポメネー(悲劇の女神)の子とされる。異説ではテルシコレー(舞踏の女神)、カリオペー(叙事女神)とも。
2人説、3人説、その他にも複数の個体が伝承として記述されており、名前も多様。

オウィディウスの『変身物語メタモルポーセース)』によると、かつてはニュンペー(精霊)で、コレーことペルセポネーの女だった。その後ペルセポネーがハデスに誘拐された際、彼女を探す為にを得て飛び立ったという。
またヒュギーヌスの『ギリシャ神話集』では、不注意でペルセポネーの誘拐を許した事をデメテルに咎められ、怪物に変えられたという。

著名なのは『オデュッセイア』に登場するセイレーンである。
トロイ戦争の後、故郷イタケーへと帰還の途についたオデュッセウスが、様々な苦難に遭遇する。その中でもセイレーン美しい歌で乗りを惑わせ、ねぐらの足元にある岩礁に引き寄せてを破壊する魔物として描写された。
セイレーン情報魔女キルケーから教わったオデュッセウスは、あらかじめ員達に蜜蝋で耳栓をさせ、自分はマストに縛りつけてもらった。ねぐらが近づくにつれ、セイレーンの歌を聞いたオデュッセウスが暴れるが員は惑わされる事がなく、歌が聞こえない距離まで進んでオデュッセウス大人しくなったのを見て難所を乗り切った事を知った。
その後のセイレーンについては、自分達の歌が通じなかった事を恥じ、に投身自殺したと伝えられる。

ギリシャ英雄ドリームチームである『アルゴナウタイ』の物語にもセイレーンは登場、イアソン一行の前に立ちはだかる。しかし琴と歌の名手オルフェウス演奏によって歌は効化され、一行は事に難所を通過できた。
ただし養蜂のブーテースのみは歌に惑わされてしまい、からに飛び込んでしまった。後にアプロディーテが彼を助けてチリに送り届け、女神との間に王となる息子をもうけたという。

補遺

その他

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2014/06/29(日) 16:52:16 ID: q80ZFZPq9n

    フィルモア帝国MH

  • 10ななしのよっしん

    2015/10/22(木) 10:05:04 ID: 21UocWL8tf

    冒頭にセイレーンへの誘導つけたほうがいいかも。

  • 11ななしのよっしん

    2022/08/08(月) 23:46:40 ID: tQDzvryWVO

    ぴーぽーじゃないの?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/29(木) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/29(木) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP