サカキ(花騎士)単語

サカキ

4.4千文字の記事
掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

き者全て、守りましょう。

サカキ(花騎士)とは、ブラウザゲームフラワーナイトガール』に登場する花騎士の一人である。ロケット団ボスではない。イラスト:yuui CV:和央きりか

概要

ツツジモッコク科の(サカキ)をモチーフにしたフラワーナイト。2018年12月26日より開催された緊急任務『すすめ、新輸送隊!』にて実装されたレアリティ5(通称)の花騎士である。一人称は「私」、プレイヤー団長の事は「団長さん」と呼ぶ。

バナナオーシャンの由緒ある神社に生まれた巫女であり、得物のと不可思議な神通を使って戦う。巫女らしく垂、大麻銅鏡といった事や祭事で使用される物を装飾品としている。髪の毛が非常に長く、ふくらはぎまで届いているが、これは「髪の毛が長ければ長いほどを増す」という神道の教えに基づいている。「万物にカミが宿る」という独特な考えを持ち、祭だけでなく物事に対しても敬いの念を持つ。痴女バナナオーシャンにしては露出が少ない常識的な装。バナナにあるまじき装。

専用武器は「を尊ぶ神楽」。

は利便性に長ける補助パーティー火力を底上げするので、どの局面でも起用の余地がある。2020年10月19日に開と昇実装され、開させると回避が追加。6ほどではないが生存が上がる。更に昇させると6相当の値になり、より強花騎士となる。

(さかき)の言葉は「揺るがない」「を尊ぶ」等。古くから植物とされ、事で使用される。

設定

バナナオーシャン領内に位置する由緒正しき神社で産まれる。

産まれた時から巫女に必要な素養を全て備えた所謂天才型の人間であったが、その性の才を鼻にかける事く、むしろ自分を特別な存在だと思った事が人格者。「全ては弱き者のために」を信条とし、より与えられたを駆使して献身的な祈祷を行う。彼女花騎士になった理由は今のところ明かされていないがおそらく弱き者を守る使命感に因るものだろう。花騎士になった後も巫女仕事は続けていて要請に応じて祈祷に赴いている。神通の応用で味方の傷を癒やす事も可で、ストーリー上や台詞では度々使用されているものの何故かゲーム中では反映されていない。また全な治癒は不可能らしく、古代騎士のジュズダマが全治癒を見せた時には感嘆のを上げていた。

天才だけあって巫女の腕前は一流。ありとあらゆる祟りや災厄の原因を見ただけで看破し、たちまちに鎮めてしまう。本人く、常日頃から幽霊を見ているようで霊視によって原因を見極めていると思われる。その活躍ぶりは団長からも「相当にのある巫女」と評されるほど。同じ巫女であるキキョウとは顔見知りで、直接的な描写はいが共同で祭事を執り行う事もあるという。また花騎士としての実も高く、たった一人で害虫の巣を潰したり、襲い来る害虫の群れから荷を守り切るなど優れた実績を残している。「当たると念じれば当たります」という台詞から矢は百発百中と思われる。まさに実と格を兼ねえた巫女と言える。仮装すると霊が乗り移ってトランス状態(懸かり)になる事がられており、一応ある程度の制御は可としながらもハロウィンでの仮装を断っている。

花騎士を勤める傍ら、実家神社でも働いている様子。新年になると神社に多くの参拝客が訪れるため人手不足に陥るほど忙しくなり、臨時で一般人にも応援を頼んでいる。の行楽シーズンにも参拝客が増えるが、毎年立ち入り禁止区域に入ろうとする不届き者が数名存在し、その中には学者先生も含まれているようでサカキは頭を抱えている。

性格

非常にな性格。神通団長の来訪を予見してあらかじめ仕事を片付けておくなど、優秀な一面を覗かせる。戦闘においても冷静沈着であるが、神社では女性ばかりの環境で育ってきたため異性に慣れておらず、団長に触れられる事を嫌うといった生娘な反応を見せる。しかし団長との交は深めたいようで恐怖症をしようと躍起になっている。好感度を上げると先くらいなら触れられるように。ちなみに南国育ちのため花騎士になるまで紅葉を知らなかったようだが、神通で外気を遮断する事で寒冷地でも通常通り行動出来る。

好きな食べ物は子の丸焼きとシュラスコ。類が大好物という肉食系女子。よくバーベキューを開いてはガッツリとを食べる。月見の時でさえバーベキューじるほど熱意は本物であり、もし育てている食べ頃のを横から取ろうものなら団長相手でも怒り出す。マナー薀蓄よりも快にへ喰らいつく事を好む野性味溢れる巫女である。団長肉料理だらけのクリスマスパーティを開いた時には、奮を抑え切れなかった。

その一方で物事から一歩引いた視点を持ち、行事や出来事を冷静かつ客観的に評する。巫女でありながらを妄信・狂信しておらず、敬ってはいるものの言動に表れにくい。巫女仕事も「期待されているから出来るだけの事をやる」程度で、あまり熱意はいようだ。このように巫女の肩書きに執着はいがその肩書きを巡って着しているようである。(後述)

作中の活躍

デビューを飾った緊急任務『すすめ、新輸送隊!』では、ベルガモットバレーのマフル高原で行われる新年会儀式に招かれたが、儀式に必要な祭具と饅頭が誤ってウィンターローズのエトゥ殿へ配達されてしまい中止の危機に見舞われる。幸運な事に、たまたま輸送のプロであるアカシア居合わせたため、彼女の助を受けながらエトゥ殿からマフル高原まで荷を運ぶ困難な任務に臨む。しかしタイムリミット刻刻と迫り、間に合わせるには害虫跋扈する山中を強行突破しなければならなくなった。次々と襲い掛かる害虫の群れから荷を死守したサカキを見て、アカシアから「結構な腕利き」と、マイヅルソウからは「落ち着いていて、色々と知っていて。凄くしっかりとした方の印」と評された。事危険な山中突破して荷物はマフル高原へ届けられたため、予定通りに新年会が開始された。エピローグでは肉料理を注文している様子が描かれている。

メインストーリー第2部『根世界編』では、任務7-2「集う精鋭たち」から登場。千の体を持つミズウォルムの群体が各世界へ進撃する中、「本隊」と呼ばれる最も勢の強いグループリリィウッドの世界に迫っていた。これを迎撃すべく各から精強な花騎士や歴戦の騎士団がリリィウッドに集められ、その中にサカキの姿もあった。最前線サラセリアとともにコルチカムのチームと合流し、先行した力部隊が敵を引き付けている間に撒き散らされたの処理にあたる。ナーエの持つ浄化サカキ神通は似たようならしく、ナーエのを応用すればサカキにもの浄化が可だった。ミズウォルムの集団を退け、地下深くにある根世界に到達。全ての世界と言われる根世界にしてサカキは「確かにこれほどのを持ったカミは、初めて見ました」と評した。しかしミズウォルムは間を通して根世界していたため、サラセリアが囮となっている間にナーエを率いて浄化に専念するが、対するミズウォルムは分体を自爆させてを撒き散らす爆弾のように使って浄化の速度を上回らせる。ジリ貧になる中、団長サカキ世界を自分に移すよう示し、手のひらに太陽を顕現させて分体を薙ぎ払う。その隙にナーエと浄化を進め、ついに根世界加護復活させる事に成功。加護を受けた花騎士たちの反攻により限と言われたミズウォルムを殲滅。地下世界の戦いは終わりに向かっていった。今回の決戦では団長サカキがいなければ全に詰んでおり、もし片方でもいなかったら根世界もろとも各世界は枯らされ、プリングガーデンは滅亡していた。世界を救ったと言っても過言ではない。

『封印の古代花騎士 楽園の狂信徒』では、ミズウォルム決戦での功績からリリィウッド政府より々にが掛かり、リリィウッド各地で発生した異変の解決に協していた。孤児院にて図らずものヒサカキ邂逅してしまい、こじれた姉妹の関係が露わになってしまった。その後、害虫の動きが本格化してきたためスコップちゃんの先導で姉妹共同で異変解決に赴く。しかし天才に対する焦りと功名心から先走ってしまい、そこで出会ったジュズダマに心の隙を突かれてヒサカキから全勝負を挑まれる。今まで自分からぶつかってきた事がいヒサカキの心情の変化にサカキは応えようと、勝負を受けて勝利するのだった。その後、ジュズダマの援護を受けながら封印害虫との戦いに挑み、最後は逆にジュズダマを援護して撃破に成功。リリィウッドでの異変は終息した。

妹のヒサカキ

サカキにはヒサカキというがいる。彼女台詞で何度か言及されており団長の執務室にも姿を見せているが、毎回入れ違いになってしまって団長と直接顔を合わせた事がい。普段はバナナオーシャン神社に残って留守を預かる傍ら事を執り行っている。人手が足りない時はサカキ応援に赴く。

サカキく「姉妹仲は悪くありませんが、巫女という肩書きが絡むと少々ややこしい事になってしまうんです」との事。幼い頃から優秀な較され、に多くの物が与えられるのを見てきたヒサカキは「たとえどれだけ頑っても、一生追いつけないかもしれない」という不安に人知れず苛まれていた。『楽園の狂信徒』でもリリィウッドには自分が駐留していたのに、さも当然のように外にいるにもが掛かった事で不安で圧し潰されそうになり、そこをジュズダマに突かれて真剣勝負を挑む。結果はヒサカキ敗北であったが、和解には成功していつか必ずえてみせると決意を新たにするのだった。このためか功名心が強く、行をしたり、山籠もりするなど修行をしてはに咎められている。サカキとしては巫女の地位に執着はく、言ってくれればすぐに譲るとしているが、素直になれない性格なのだろうか。事はヒサカキが請け負っているにも関わらず、サカキにばかり依頼が舞い込む現実を追い込む原因になっているのかもしれない。

ちなみにヒサカキは非と書き、「サカキにあらず」と称される。サカキではない=巫女になれないという痛な皮を表していると思われる。現実世界ではヒサカキ事に使われているが。

長らく名前だけの登場だったが、2022年3月28日メンテナンスで遂に実装実装から遅れて約3年3ヵ、ようやく共演を果たした。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2018/12/28(金) 13:24:54 ID: q0wcKjIonM

    トキワシティジムリーダーかな?

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 3ななしのよっしん

    2019/01/28(月) 22:43:34 ID: Acm67I1ah1

    カミに対しては常に経緯を払いつつも安易に頼みはしないという物。どちらかというと「触らぬに祟りなし、これだよな」な考え方。
    キキョウ(花騎士)とは同じバナナナオシャン巫女同士だけど、神様をこき使い文句まで言う向こうとはスタンスが違ったりする。

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 4ななしのよっしん

    2022/08/29(月) 06:26:17 ID: 9YvCr4+gro

    姉妹ライバルで危険な香りと猛を駆使する「シキミ」が実装される日は来るだろうか?

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/06(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/06(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP