サッカークロアチア代表単語

サッカァクロアチアダイヒョウ

5.1千文字の記事
掲示板をみる(29)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サッカークロアチア代表とは、クロアチアサッカー連盟(HNS)によって編成されるサッカークロアチア代表チームである。称はヴァトレニ(炎の男)。ユニホームホーム市松模様。アウェイ

概要

クロアチア代表
国旗
協会 HNS
大陸 UEFAヨーロッパ
FIFAコード CRO
FIFA加盟 1992年
監督 ズラトコ・ダリッチ
FIFAワールドカップ
出場 6回
最高成績 優勝(1回)
UEFA欧州選手権
出場 6回
最高成績 ベスト8(2回)

1991年ユーゴスラビアからクロアチアとして独立したことに伴い発足した代表チームであり、それ以前の選手たちはユーゴスラビア代表としてプレーしていた。初出場となった1998 FIFAワールドカップで3位と大躍進するサプライズを起こし、2018 FIFAワールドカップでは準優勝という結果を残している。ユーゴスラビアから分裂した々の中ではもっとも成功を収めたである。

東欧ブラジル」と称されたユーゴスラビアの流れをんでいるため、選手の質は高く、欧州トップクラスチームを担っている選手もいる。2018年にはルカ・モドリッチクロアチアの選手としては初のバロンドールを獲得。

人口450万人の小国であるため、世代によってはタレント不足に陥ることもあるが、外で生まれた移民クロアチアを選択させ、戦を確保している。中盤にタレントが集まることが多く、中盤の構成を活かしたハイテンポでスピーディーなスタイルを志向している。

また、精的にタフで走り負けないチームとして知られ、2018年2022年ワールドカップでは驚異的なりによってしぶとく勝ち上がっている。同時にPK戦に強いのが特徴的であり、ワールドカップPK戦までもつれ込んだ試合は4試合全て勝利している。

なお、1990年チーム自体は誕生しており、1991年クロアチアユーゴスラビアから独立する前に、すでに活動はしていた。

歴史

初の試合は1990年アメリカ戦。ユーゴスラビア代表としてプレーしていたズヴォニミール・ボバン、ダヴォール・シュケル、ロベルトプロシネツキらが続々とクロアチアを選択したことによって発足間もないチームながらもタレントが豊富なメンバー構成となった。初の際大会となったEURO1996の予選では強イタリアを相手に勝利し、首位で突破。本大会でもベスト8入りと健闘している。

初出場のFIFAワールドカップ1998 FIFAワールドカップフランス大会。ヨーロッパ予選から苦戦を強いられていたが、プレーオフウクライナ勝利し本大会出場権を掴み取る。本大会ではジャマイカ日本アルゼンチンと同組になったグループリーグを2勝1敗の2位で突破、ラウンド16でルーマニアを破ると、準々決勝ではEURO96で敗退に追いやられたドイツを相手に3-0で快勝し、世界を驚かせる。結局準決勝でフランスに敗れたが、3位決定戦でオランダ勝利。初出場ながらも3位という好成績を収めた。さらに6得点記録したシュケルが大会得点王にいている。

歴史的快挙を遂げたワールドカップ後、98年組と呼ばれる高齢化が問題となり、ピークを過ぎてしまったチームEURO2000予選で敗退。2002 FIFAワールドカップ日韓大会ではイタリア相手に勝利したものの、グループリーグ敗退に終わる。この時点でシュケルやボバンら1998年大会のメンバーは大半が代表を退くことになる。その後は内戦のもあって育成にを注げなかったこともあり世代交代に失敗。EURO20042006 FIFAワールドカップドイツ大会では1勝もできずにグループリーグ敗退に終わっている。

EURO2008では、ルカ・モドリッチチームの中心として君臨するようになり、イヴァン・ラキティッチ、ニコクラニチャールら新たな世代が台頭。予選ではイングランド相手に連勝し、本大会でもドイツ相手に勝利するなどグループリーグ全勝で突破。準々決勝でトルコを相手にPK戦の末に敗れたが、大きな収穫のある大会となった。しかし、2010 FIFAワールドカップではに怪人が相次いだこともあって初の予選敗退を経験。本大会出場を逃す。

3大会連続出場となったEURO2012グループリーグ敗退。2014 FIFAワールドカップブラジル大会ではプレーオフアイスランドを下して2大会ぶりに本大会出場を果たすが、ブラジルメキシコという強と同じ組に入ったこともありグループリーグ敗退。4大会連続出場となったEURO2016では、スペイン相手に勝利グループリーグを首位で通過するが、ラウンド16でポルトガル相手に敗戦。

2018 FIFAワールドカップロシア大会では、欧州予選で敗退の危機に直面していたが、予選途中で就任したズラトコ・ダリッチ監督チームの建て直しに成功し、プレーオフギリシャを破って本大会に出場。モドリッチ世代が円熟期に入った本大会では、ナイジェリアアルゼンチンアイスランドを相手に3戦全勝でグループDを首位で通過。決勝トーナメントは1回戦のデンマーク、準々決勝のロシア、準決勝のイングランド戦のいずれも先制されながら同点に追いつき、3戦連続延長戦(うち2戦がPK戦決着)を勝ち抜くという脅威のしぶとさで旧ユーゴスラビアを通じても初の決勝進出を果たす。決勝のフランス戦でもリードを許しながらも追いすがるしぶとさを発揮したが、2-4で敗れ、ワールドカップ王者には手が届かなかった。もっとも、準優勝という戦前もが予想できなかった堂々の成績を残し、伝説となった1998年大会の記録を塗り替える。キャプテンとしてチームを牽引してきたモドリッチは大会最優秀選手とこの年のバロンドールを受賞する。

マリオマンジュキッチ、ラキティッチら2018年が抜けたことで苦戦が予想されたEURO2020だったが、モドリッチの奮闘もあって決勝トーナメントに進出。ラウンド16のスペイン戦では試合終盤に2点のビハインドを追いつくが、延長戦で尽き敗退となる。

2022 FIFAワールドカップカタール大会では、グループリーグでは第2戦のカナダ戦に快勝し、モロッコベルギー相手にはスコアレスドローで終え、全体的にやや低調な出来ではあったが2位で通過。ラウンド16の日本戦では先制されながらも追いつきPK戦までもつれこむと、GKドミニク・リバコビッチが3度のPKストップの大活躍を見せ勝利する。準々決勝では優勝補最有とされるブラジルを相手に互以上に渡り合うが、延長に入ってネイマールゴールをこじ開けられ万事休すかと思われた。しかし、またしても驚異的なしぶとさを発揮し、終了3分前にブルーノ・ペトコビッチが同点ゴールを決める。そして得意のPK戦ではまたもリバコビッチが活躍し、2大会連続でのベスト4進出を果たす。準決勝ではリオネル・メッシ擁するアルゼンチンに敗れるが、3位決定戦ではモロッコを破り、3位で大会を終える。

主な戦績

FIFAワールドカップ
優勝2018)、3位(1998, 2022)、グループリーグ敗退(2002, 2006, 2014)
EUROUEFA欧州選手権
ベスト8(1996, 2008)、ベスト16(2016, 2021)、グループリーグ敗退(2004, 2012)

主な代表選手

2022 FIFAワールドカップ・カタール大会メンバー

歴代監督

太字はワールドカップ揮を執った監督

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 27ななしのよっしん

    2022/12/18(日) 11:33:44 ID: +7UOhe1Hv2

    クロアチアは人口500万、日本は1億。なら率的に1vs20で勝負すべきだ。でも一人じゃキツいだろうから3vs60ぐらいでいいだろう。

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 28ななしのよっしん

    2022/12/18(日) 11:37:39 ID: 3PkJ52zKhB

    3位おめでとう

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 29ななしのよっしん

    2022/12/22(木) 23:43:12 ID: NE2UOhezrc

    手さはいけどスタミナとメンタルで勝ち上がっていくって感じで好き

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/02(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/02(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP