サッカーコスタリカ代表単語

サッカーコスタリカダイヒョウ

4.0千文字の記事
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サッカーコスタリカ代表とは、コスタリカサッカー連盟(FEDEFUTBOL)によって編成されるサッカーコスタリカ代表チームである。ユニホームは、ホームのシャツがパンツ。アウェイはシャツ、パンツ共にとなっている。称はロス・ティコス(Los Ticos)。

概要

コスタリカ代表
国旗
協会 FEDEFUTBOL
大陸 CONCACAF(北中カリブ
FIFAコード CRC
FIFA加盟 1927年
監督 ルイスフェルナンド・スレス
FIFAワールドカップ
出場 6回
最高成績 ベスト8(1回)
CONCACAFゴールドカップ
出場 17回
最高成績 優勝(3回)

FIFAワールドカップに6度、CONCACAFゴールドカップに17度(うち3度優勝)、コパ・セントロアメリカーナに12度(うち7度優勝)出場している。

北中カリブでは、長年メキシコアメリカの後を拝し、長らく地域予選を突破することができずにいたが、1990 FIFAワールドカップで初出場を果たすと、ベスト16進出という驚きの結果を残している。その後は立った成績を残せずにいたが、4度の出場となった2014 FIFAワールドカップでは、堅守を武器に強との戦いを勝ち抜き、ベスト8まで進み再びサプライズを起こした。

ホームスタジアムとしては、首都・サンホセにあるエスタディオ・ナシオナル・デ・コスタリカを使用。他のラテンアメリカと同様にサッカー民的な人気スポーツのため、代表チームに対する応援は熱狂的である。

歴史

初試合は1921年。FIFAワールドカップには1958年スウェーデン大会から参加しているが、当時北中カリブは出場が1しかなかったこともあり、予選敗退が続いていた。一方、CONCACAFゴールドカップの前身であるCONCACAF選手権では、1963年に初優勝を飾るなど好成績を残していた。

1990年ワールドカップ北中カリブ予選を兼ねた1989年のCONCACAF選手権では、2次予選で対戦予定だった前回ベスト8のメキシコ失格となったことで不戦勝という幸運に恵まれると、最終予選を首位で通過し、悲願だったワールドカップ初出場と同時に3度大陸王者となる。

初めてのFIFAワールドカップ本大会出場となった1990 FIFAワールドカップイタリア大会では、前回メキシコベスト8に導いたボラミルティビッチを招聘。初戦でスコットランドを破り、FIFAワールドカップ勝利を挙げると、続くブラジル戦は敗れたものの、3戦スウェーデン戦で逆転勝利を収め、決勝トーナメントに進出。ラウンド16でチェコスロバキアに敗れたが、初出場で決勝トーナメントに進出する快挙を成し遂げた。このミルティビッチがもたらした快進撃は「ボラマジック」と呼ばれ称賛される。

しかし、その後は2大会連続で予選敗退となり、ワールドカップ本大会に出場することはできず。2度の出場となった2002 FIFAワールドカップ日韓大会では得失点差で惜しくもグループリーグ敗退。2006 FIFAワールドカップドイツ大会は3戦全敗でグループリーグ敗退。2010 FIFAワールドカップ大陸プレーオフウルグアイに敗れ、本大会出場を逃している。

2014 FIFAワールドカップブラジル大会では、北中カリブ最終予選を2位で通過し2大会ぶりの出場を決めると、本大会ではウルグアイイタリアイングランドと強グループに入る。下評では敗退のが多かったが、初戦でウルグアイ、第2戦でイタリアを次々と撃破し、グループを首位で通過。イタリアイングランドを敗退に追い込んでしまう。ラウンド16では、PK戦の末にギリシャを破って初のベスト8進出。準々決勝のオランダ戦も120分間をスコアレスで終えるなど奮闘するが、最後はPK戦で敗れ、敗のまま大会を去ることに。この大会で見せたGKケイラー・ナバスを中心とした鉄壁の守備は高く評価され、その後ナバススペインの名門レアル・マドリードへ引き抜かれた。

2018 FIFAワールドカップロシア大会ははブラジルスイスセルビアと同じグループEに入るが、0勝2敗1分でグループリーグ敗退となり「2大会連続の決勝トーナメント進出」とはならなかった。

2022 FIFAワールドカップカタール大会では、大陸プレーオフニュージーランドを下し、3大会連続での本大会出場を果たすが、またもスペインドイツと同居する厳しいグループに入る。2014年大会のメンバーも多く残ったチーム編成だったが、初戦のスペイン戦では0-7という歴史的大敗を喫してしまう。続く日本戦に勝利し望みは繋いだものの、第3戦のドイツ戦では一時は逆転するなど意地は見せたが、2-4で敗れ最下位でグループリーグ敗退となった。

主な戦績

FIFAワールドカップ
ベスト8(2014)、ベスト16(1990)、グループリーグ敗退(2002, 2006, 2018, 2022)
CONCACAFゴールドカップ
優勝1963,1969,1989)
優勝(2002)
ベスト4(1965,1971,1985,1993,2003,2017)
コパ・セントロアメリカーナ
優勝(1991,1997,1999,2003,2005,2007,2013,2014)
優勝(1993,2001,2009,2011)
コパ・アメリカ
ベスト8(2001,2004)、グループリーグ敗退(1997, 2011, 2016)

世代別の戦績

FIFA U-20ワールドカップ
ベスト4(2009

主な代表選手

2022 FIFAワールドカップ・カタール大会メンバー

歴代監督

太字はワールドカップ揮を執った監督赤字ワールドカップ優勝監督国旗が付いているのは外国人監督

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2022/11/26(土) 16:09:05 ID: OCLrm6qdYf

    ただコスタリカ連勝してるからこういうときに負ける不安があるんだよな

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 15ななしのよっしん

    2022/12/02(金) 12:07:45 ID: JR0CEHjnVA

    一時決勝トーナメント先かかるぐらいドイツを追い込んだんだな
    7失点スタートからよく立て直したもんだわ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 16ななしのよっしん

    2022/12/03(土) 10:20:34 ID: cgYEggE1yS

    4チームとも拮抗した、傍から見れば面リーグだったねぇ

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/29(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/29(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP