今注目のニュース
ハワイでは歩行者でも罰金!?もう一度見直したい交通ルール
もん絶級のかわいさ! お口をあけたまま「すやぁ……」熟睡する子猫ちゃん
役に立たないボックスは本当に役に立たなかった!電源を入れると、全力で阻止される!

サックス(銀河英雄伝説)単語

サックス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サックスとは、『銀河英雄伝説』の登場人物である。CV.三戸崇史(朗読版)。

概要

外伝ユリアンのイゼルローン日記』の登場人物。40代なかばの自由惑星同盟少将

同盟内における補給船団の揮に経験を有する人物。共同で補給計画の実施に従事したことのあるアレックス・キャゼルヌ無能な男じゃないが、あまり他人の意見を聞かないのが欠点」「肩肘をはりすぎる」と評される、隊内の規と秩序にうるさいタイプ(ただしヤン艦隊と較した場合)であり、その専門分野故か、危機対処にはいまいち欠ける。

解放捕虜輸送船団の指揮

宇宙797年、帝国軍と同盟軍との間で大規模な捕虜交換が妥結すると、サックスは解放された同盟軍捕虜をイゼルローン要塞からハイネセンまで輸送する船団の揮を任された。しかし、その航はとても順調とは言い難い経緯をたどることになるのである。

797年2月22日10時200万人の捕虜と捕虜交換式へと出張ってきた議員たち、そしてハイネセンまで同行する要塞ヤン・ウェンリー大将と随行員5名を載せ、船団はイゼルローンを発した。当初の予定は3月10日までのハイネセン到着であった。この時、サックスはヤンに対し「指揮官は私だ船団揮の権限はこちらにあるので、たとえ階級が上であろうとも、随行員を含め船団のルールに従ってもらう」旨、釘を刺しており、その人柄がえる。

3月3日に船団旗艦で起きた乱闘事件に際しては、この乱闘煽り立てた挙句にMPが動員される頃には渦中を脱していたオリビエ・ポプラン少佐に、自室のあるフロアからの外出禁止を言い渡している。ポプランが参加できずに悔しがった前27日の乱闘事件の時にはすでにサックスポプランを要注意人物としていたが、これはユリアン・ミンツにも「軍隊の秩序、という点では、おおかたの人がサックス少将の味方をする」と評された。

航行の遅れとドールトン事件

しかし、このようなことをしているうちに船団の航行は予定より大幅に遅延しはじめ、到着予定日である3月8日になってもハイネセンに到着できずにいた。この期に及び、船団部の秘密義では問題を覆い隠しきれなくなったと判断したサックスはヤンの客室を訪問し、事情の説明を行っている。そして翌9日、航法コンピュータの抜き打ち検により、船団がハイネセンより1300光年の遠距離に迷い込み、恒星マズダクに突入する寸前だったことが明らかになったのである。

緊急の航路再計算と船団編成の混乱などのあげく、3月13日までにサックスはこの一件がなんらかの陰謀ないし工作による故意のものであると断定、捜を開始した。結果、船団航法士官イヴリンドールトン大尉の仕業であることが判明し、彼はヤンへ報告することなく対処に移る。これについては、ユリアン「自分の裁量範囲内で事態を解決したかったのだ、と思う」と当然の判断としているが、結局のところサックス失敗したドールトン大尉が武装して緊急管制室に立てこもる事態が勃発し、サックスは慌ててヤンに助けをめたのである。

その後も、ヤンにばかり対処を任せる訳にはいかない為にMPを動かして小細工を試み失敗するなどひと着あったものの、最終的にはヤンと随行員の行動によって「ドールトン事件」は一応の解決を見た。サックス政府と軍部の航路計算支援も得て船団のスピードをそれまでより大きく向上させ、3月18日には船団をハイネセンに到着させたことで内輸送船団の熟練指揮官としての面若干ながら取り戻したのだった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2016/02/20(土) 01:29:49 ID: tp0pXoCVeK

    ベイ「裏切り者がいるみたいですよ?調しときます」

    …みたいに自分で買ってでてどうにかしちまいそう

    ……と、いうかベイからトリューニヒト情報流れてたのになんでクーデター阻止できなかったんだろう?
    クーデター起きてトリュにいいことなんてなんもなさそうなんだが

  • 13ななしのよっしん

    2016/02/20(土) 01:31:20 ID: NLWO22mfBF

    >>12
    クーデターの結果軍部の勢が著しく減退して事実上反トリューニヒトが一掃されたのをお忘れか

  • 14ななしのよっしん

    2017/06/04(日) 13:58:22 ID: DN8GykE7Tz

    >>5
    >>6
    このレス読んでて、アスターテ会戦の第1ラウンドで第四艦隊が帝国軍に一方的に壊滅させられた理由が見えてきた。
    タイムスケジュール上は艦隊の統率や管制がオートになってる時に帝国軍の強襲を受けた、だから戦闘用のマニュアル管制に切り替えるのが遅れたか、切り替えられた部隊と切り替えられなかった部隊とがバラバラに対応して余計混乱に拍がかかったってところだったんじゃないかな。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP