サラダホープ単語

サラダホープ

3.0千文字の記事
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サラダホープとは、亀田製菓が製造する菓である。

60周年 ありがとう

亀田あられ


S A L A D H O P E

サラダホープとは、亀田製菓が製造する菓である。

サラダホープとは?

1961年に発売された亀田製菓ロングセラー商品の一つで、柿の種と並んで亀田製菓が製造販売する最古のお菓子である。2021年には発売60周年を迎えた。亀田製菓といえば、「亀田柿の種」が全的に有名だが、それと対をなすロングヒットスナックがこのサラダホープである。

そっくりそのまま柿の種のような形をしたあられで、サラダ油でじっくり揚げて程よい味に仕上げている。素材には産(一部タイ産)のもち米には伯方の塩を使用している。

2021年には、発売60周年を記念して新潟にちなんだ包装デザインのサラダホープが発売された。亀田製菓公式Twitterでも、その記念包装デザインが紹介されている。

4種類の味があるサラダホープ

サラダホープには4種類の味が存在する。うま塩を基本とし、えだ豆味海老しお味カレーがある。いずれも通年で販売されている。

うま塩
サラダホープの基本フレーバー。味付けには伯方の塩を使用し、絶妙の旨さを引き出している。お酒のつまみとしても上々な味。
えだ豆味
お米と並んで新潟の名産品として数えられる枝豆がサラダホープと絶妙コラボ。ほんのり甘さがある枝豆の味に手が止まりません。
海老しお味
色はほんのりピンク色で、海老由来の素材あられに練り込まれている。軽い食感で、しっかりと海老の味を楽しめる。
カレー
色はほんのり黄色を帯びており、包装を開けた間にあのカレー独特のいい香りが広がる。ほんのり塩がついた辛じょっぱい味が人気の味。
うま塩 海老しお味 カレー

まさかの新潟県内限定販売のお菓子という事実

かしこれだけロングヒットしているのに、実は日本であまり知られていないお菓子という側面がある。なぜなのか。その理由としては、「新潟県内でしか販売されていない」という実情がある。

ではなぜ、新潟県内でしか販売されていないのか。これには発売開始した約60年前にあったとある事件が関係する。

冒頭の説明の通り、サラダホープは1961年に発売された。1961年というと東京五輪の3年前にあたり、日本は高度経済成長期っただ中の年でもある。
この頃、柿の種での大ヒットを機に大躍進中であった亀田製菓であったが、その柿の種と並んで同時期に世に送り出した菓が本記事の「サラダホープ」である。当時、欧米から初めてサラダ油日本に伝来し、新しい素材として注された。これを亀田製菓はいちく取り入れ、新商品のサラダホープの素材として利用した。そう、「サラダホープ」の"サラダ"は、"野菜サラダ"の"サラダ"ではなく、"サラダ油"の"サラダ"から取ったものである。
同様のネーミングは他社でも用いられ、現在も製菓業界ではサラダ油を用いたシンプルな味付けを"サラダ味"と呼称している。なお、一番最初のサラダ味はサラダホープが元祖となる。

一方で「サラダホープ」の"ホープ"は、英語の「Hope」(希望)から来ており、発売当時はまだ柿の種以外のヒット商品が生まれていなかったことから、ホープ=(会社の)期待を背負う」という意味を込めて商品名に組み込んだとされる。

社運をかけて全に発売されたサラダホープであったが、予想以上の売れ行きを飛ばし、く間に亀田製菓を代表する菓へとのし上がったのであった。

しかし、当時の社員ですら思ってもみなかった致命的なトラブルがすぐに発生する。

なんと、大人気であまりにも売れすぎたため工場の生産ラインが全く追いつかない状況に陥ってしまったのである。
これを見て、亀田製菓一時生産を中止。直後に新潟県内のみの販売に切り替えて、新潟県外販売分の生産ラインを再整備した。
そして生産ラインを再整備し、満を持して全販売を再開したのであったが……人気再燃するどころかなぜか逆に全く売れなかったのである。なぜなのか。それは、生産ラインを再整備している最中に競合他社から既に類似製品を発売していたのが大きな原因であった。

この予想外な原因に面食らった亀田製菓は、やむなく新潟県内のみの販売に再度切り替えたのである。そして時が流れて、サラダホープは新潟お菓子として徐々に定着していったのである。

後輩商品「ソフトサラダ」の躍進

サラダホープの悲劇から数年後となる1970年亀田製菓はサラダホープに続くサラダ味第2弾のお菓子として「ソフトサラダ」というせんべいを全発売した。

サラダホープと同様、この商品を発売直後からすぐに大人気商品となり、せんべい業界に大きな革新を生み出している。その革新については「ソフトサラダ」の記事が詳しいので、そちらを参照してほしい。

新潟の定番土産として定着したサラダホープ

サラダホープ売り場の様子

現在では、新潟県内のスーパーコンビニなどで販売され、柿の種に並ぶ新潟県民お菓子として定着している。また、新潟県お土産ショップの売店、新潟県内にあるサービスエリアの売店、道の駅でも販売しており、新潟土産の定番品へとのし上がっている。

現時点で東京のイベントに限定出品exit_niconewsしたりとごく稀に県外展開も行うこともある。
特に2014年には、バレンタイン向けに「シャカシャカホープ」という商品をつくり、大阪阪神梅田本店オンラインショップなどで数量限定で販売exit_niconewsしたことがあった(なぜか新潟県は含まれていない)。
この商品はサラダホープをベースカップ状の容器に装いを一新、4種類のパウダーを好みの量入れてシャカシャカする商品だった。ミルクショコラいちごショコラキャラメルショコラミックスジュースの4種類があったが、残念ながら2021年現在まで再販は行われていない。

ちなみにサラダホープはこれからも全販売することはないようだが、東京では表参道にある新潟県公式アンテナショップ表参道・新潟館ネスパスexit」に限って特別販売されている。さらに、亀田製菓公式ネットショップで取り扱っており、他県からもお取り寄せすることができる。食べてみたいと思った人は、下記リンクからアクセスして注文してみよう。

⇒ サラダホープ(亀田製菓ネットショップ)exit

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

関連ニコニコニュース

参考資料サイト

この記事を編集する

掲示板

  • 8SXERUFA

    2021/09/09(木) 18:06:02 ID: aQpKu4nebg

    れねさんわざわざありがとうございます
    ロゴについてありがたく使わせて頂きます。ただし、大百科グランプリ申請記事のため、今すぐ差し替えるかは検討する時間ください。(全に自分で作った記事と言えなくなるのでね)
    もちろん、期間終了後には使わせて頂きます

  • 9削除しました

    削除しました ID: jO0OyBSTky

    削除しました

  • 10ななしのよっしん

    2021/09/26(日) 10:58:37 ID: fVi6mkAoga

    ゆるふわクソ動画見るよりもこれ食べたいわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/24(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/24(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP