サリオス単語

サリオス

5.3千文字の記事
掲示板をみる(488)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サリオスとは、2017年生まれの日本競走馬である。栗毛
な勝ち
2019年:朝日杯フューチュリティステークス(GI)、サウジアラビアRC(GIII)
2020年.2022年:毎日王冠(GII)

概要

ハーツクライ有馬記念ディープインパクトを破り、種牡馬としても活躍中。
サロミナはG1ディアヌ賞(ドイツオークス)優勝映画化もされたドイツ英雄Lomitas
サリオスの半エルフィンステークス優勝のサロニカ、府中牝馬S優勝サラキアがいる。

ドイツ式の名の命名法(母親からイニシャルを取る)とローマ神話に登場する人物の名前からサリオスと名付けられた。

のため育成に入るときは緩く見えたという。気性もおっとりしていて、訓致は順調に進められたが、コースに入って仕掛けても反応が悪かったという。その中でもノーザンファーム育成の木村厩舎長は才を感じ取っていた。

2歳(2019年)

順調に仕上がった6月2日新馬戦で、短期免許で来日中ダミアン・レーン上に迎えてデビュー。1番人気こそダービーレイデオロの半アブソルティスモに譲ったが、やや後方からの競馬競馬になったサリオスが直線で逃げていたアブソルティスモを捕らえ、さらに2身突き放してゴールした。

10月5日サウジアラビアロイヤルカップでは石橋脩に乗り替わり。1番人気に支持され、3番手からの競馬になったサリオスはアブソルティスモを交わし、さらに追い込んできたグラヴシュドールを交わして1身1/4差をつけて2歳コースレコードゴールした。

12月15日朝日杯フューチュリティステークスではライアン・ムーア上に単勝オッズ2.0の1番人気に支持され、3番手から直線で抜け出し、さらにタイセイビジョン他の追い込んできたを2身1/2離してゴールした。勝ちタイム1:33.0はレースレコードであり、また体重538kgはJRA2歳G1の最高体重優勝だった。

この年のJRA賞の最優秀2歳は票が割れたが、同じく敗でG1を制したホープフルステークス優勝コントレイルが選出された。朝日杯フューチュリティステークス(旧朝日杯3歳ステークス)優勝で最優秀2歳(旧最優秀3歳)を逃したのは1987年以来、さらに言えば旧阪神3歳ステークス限定になってからは初となった。ここから苦難が始まっていたとは…

3歳(2020年)

サリオスとコントレイルは両とも順調にを越し、トライアルを使わずに皐月賞突することになった。上は再びD.レーンが担当。新型コロナウイルス無観客で行われたレースではサリオスは好位置につけてコントレイルはやや後方からの競馬になった。直線でサリオスが抜け出すもコントレイルが外から追い込んできた。さらにサリオスは内から伸び返し、両の壮絶な叩き合いの末に勝利したのはコントレイルで、サリオスは2着に敗れた。

続くダービーではやや外の発走から内に入り込むことができず、外後方待機での競馬となる。
直線は上がり2位タイ34.1の末脚でヴェルトライゼンデ以下を抜き去ったものの、内から先行して上がり最速を繰り出したコントレイルには突き放されまたも2着に終わる。

そして菊花賞距離適性を考慮し、出走回避を々に決定。マイル~中距離路線を歩むこととなる。
はこの週から無観客開催が解除され競馬場に観客が戻ってきた毎日王冠から始動。帰したレーンに代わりクリストフ・ルメールが初騎乗。
初対戦ながら1番人気となったこのレースでは4番手から直線で強く伸び出して2着に3身をつけて勝利

この調子で挑戦したのはマイルCS毎日王冠の勝ち方から安田記念を制したグランアレグリアに次ぐ2番人気での出走。ルメールはもちろんグランアレグリアに乗るので上はまたもテン乗りとなるミルコ・デムーロを迎えたが外発走でしかも後方からの競馬となってしまい、グランアレグリアから離れた5着。しかし全体の上がりタイムは最速であり、サリオスより上位はみな内。内であったならあるいはあったかもしれない。
この年は以降休養にあて、翌年はドバイターフから招待を受けていたものの辞退大阪杯からとなった。

4歳(2021年)

を休養にあてたサリオス。放牧中も問題がなかったため大阪杯へ。ここから3戦、上は久々日本人騎手となる松山弘平が務める。
昨年三冠を成しえたコントレイル、三階級制覇をして参戦してきたグランアレグリア、18年ダービーワグネリアン、17年マイルCS勝者ペルシアンナイトの参戦とG1が参戦する中、コントレイルグランアレグリアに次ぐ3番人気に推される。
レースレイパパレ逃げる中を三番手追走の形になる。4コーナーコントレイルグランアレグリアと並んでレイパパレを追うもの重馬場いたか、レイパパレ逃げ切り1着。さらに馬場大好きモズベッロにまとめて差されて三頭の中では最後着となる5着だった。

香港チャンピオンマイルから招待を受けるも辞退次走は安田記念となった。
グランアレグリアインディチャンプ、当年のNHKマイルC勝者シュネルマイスター、17年朝日杯勝者ダノンプレミアムなど、マイルの強者が集う中、グランアレグリアインディチャンプに次いでまた3番人気。しかしダノンキングリーが悲願の戴冠を迎える中で、何の見せ場もなく中団に沈んだまま8着。
いいとこなしで競馬を終えることとなる。

の休養から挑むのは前年悔しんだマイルCSラストラン安田記念辱とマイルCS連覇を狙うグランアレグリア毎日王冠勝利して乗り込んできたシュネルマイスターに次ぎ安田記念を全く同じ上位面子でまたまた3番人気に推される形に。
レースになるとホウオウアマゾン逃げるなか、前に行くが少なかったこともあり三番手に押し出される形に。満足に足を溜めることもわず、直線で標的にしてきていたインディチャンプにかわされ最終的には6着。シュネルマイスターだけでなく、マイル2戦ダノンザキッドにも先着されており、不完全燃焼となった。

苦戦が続く中、年内最終戦香港マイルダービー以来のコンビとなるD.レーン上に、香港ゴールデンシックスティはもちろん、当レースラストランが決まっているインディチャンプ安田記念勝者ダノンキングリードバイターフ2着のヴァンドギャルドと強敵がそろう中、初めての海外遠征で復活の美を味わえるかと期待された。
レースではハナを取りスローペースに持ち込み、直線で押し切る形を狙う。間を割ってきたゴールデンシックスティにはあっさりとかわされたが、日本最先着の3着にった。上を務めたレーンは次回以降より良くなるとコメントした。

結局1勝もできずに終えた4歳シーズン。世代筆頭であるコントレイル引退レースを飾ったものの3戦1勝と苦戦し、サリオスをはじめとするクラシック戦線でコントレイルと戦った同期たちもなかなか立った成績を残せなかったため、世代の強さを疑問視する厳しいを一身に浴びることも立った。とはいえ遅咲きで大輪を咲かせた先輩たちも多いハーツクライ産駒とあって、翌年に期待を抱かせる年内ラストレースではあった。

5歳(2022年)

開けて5歳1200mのG1高松宮記念1800mの海外G1ドバイターフの両睨みだったが、結局スプリント初挑戦となる高松宮記念参戦を決める。また、このころには体重がの間に580kgを越えたことが報じられ、ヒシアケボノの持つ最重量GI勝利記録(582kg)更新の可性まで取りざたされた。

レース本番、上はデビュー2戦以来に石橋脩を迎え、体重はなんとか絞って550kg 。前日のもあって重馬場となっていたが、11番の最内に入ることとなった。日中晴れて内側がきつつあり、有利といえた。それもあってか未知数のスプリント適正、明らかに太い体などの多くの不安要素を抱えつつも4番人気に推される。
しかし結果はゲートで失敗し、中団で押し込められて1200mのしい流れに全くついて行けず、デビュー以来最悪の15着。お咎めこそなかったものの4コーナーファストフォースに当たり、その外を走っていたメイケイエールに少なからず不利を与えていた。
になってマイルでも2000mでもなかなか結果がついてこない中で博打にも見えたスプリント参戦でのこの惨敗に、「サリオスのの適正は一体どこなのか」とファンは頭を悩ませることになる。

とはいえ営の本命はやはりマイル路線ということで、次走は安田記念上には過去4戦で騎乗し全て馬券内と相性の良いD.レーンを迎えた。体重は22kg減(!)の528kg。近走の低調・迷走ぶりや、大幅な体重減(ダービー当時の体重なのでベストに戻っただけではあるのだが)もあり、デビュー以来最低の8番人気となる。
レース本番、ホウオウアマゾンスローペース逃げる中を中団で進めていくと直線で手応え良く伸びていく。残り200辺りで抜け出していたダノンザキッドファインルージュをかわすも外からマークしていたソングラインと内から進路を確保してきたシュネルマイスターにかわされ、最後はソングラインの3着となった。

は2年前に制した毎日王冠から始動。上には松山弘平が戻ってきた。サリオス以外に前年大阪杯で戦ったレイパパレ、22年の同じく大阪杯王者ポタジェ、20年のホープフルステークス王者ダノンザキッドと、10頭立てながらここ最近苦戦続きの4頭のGI面子となったが、安田記念の好走や、ここ最近増減のしかった体重が安定したこともあり、一昨年の同レース以来久々の1番人気となる。押し出される形とはいえ丸2年未勝利で1番人気を取るのだから根強いファンの多さがうかがえる。そしてサリオスも久々に、そんなファンに応えるレースを披露する。

ダノンザキッドゲートをぶっ壊して発走が遅れるという波乱含みのスタートの中、サリオスは中団で落ち着いてレースを進める。前半1000mを578というハイペース逃げていたレッドベルオーブが直線で々に脱落し、先頭はバテつつも必死レイパパレ。大暴れしたのになぜか元気に先団に取りついていたダノンザキッド、大外最後方から一気に追い込んできたジャスティンカフェレイパパレを捕えようとした刹那、中央を切り裂くようにサリオスが一気に場群を突破。残り100mで3頭を一気にぶち抜き、最後は1/2身差をつけてゴールした。2年前の同じレース以来となる勝利は、1:44.1レースレコード記録する圧巻の勝。オグリキャップ以来史上2頭となる毎日王冠V2というおまけまでついてきた。

次走は上をライアン・ムーアに変えマイルCSに挑むGⅠ3勝の白毛女王ソダシ、昨年のNHKマイルCシュネルマイスター、今年のNHKマイルCダノンスコーピオン、前走で対決したダノンザキッドなどが集まり、単勝オッズは1番人気シュネルマイスターですら3.6倍と混戦模様。サリオスは単勝オッズ6.2倍の3番人気に推された。

サリオスは中団後ろから群の中を進み直線に入るが、前が他でふさがっており、進路を変更しようにも内も外もふさがっていた。結局最後まで進路がくことはなく、3歳セリフォスの戴冠の中14着と大敗した。

次走は香港マイル。そして、このレースを最後に引退種牡馬入り(繋養先未定)することが発表された。

コントレイル引退し世代を背負う立場となった22年、苦しんだ元2歳王者が意地をかけて復活を狙いに行こうとしたが、前日に左前肢の跛行が見つかったため、念の出走取消となった。[1]

血統表

ハーツクライ
2001 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス
1990 鹿毛
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
*ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
*サロミナ
2009 鹿毛
FNo.16-c
Lomitas
1988 栗毛
Niniski Nijinsky II
Virginia Hills
La Colorada Surumu
La Dorada
Saldentigerin
2001 鹿毛
Tiger Hill *デインヒル
The Filly
Salde Alkalde
Saite

クロスNorthern Dancer 5×5

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *公開レポートexitにもあるが、営として問題がないとして出走への交渉は行っていた。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/28(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/28(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP