今注目のニュース
ダウンタウン、対照的な“子育て論”を語る 松本人志「叱ったことがない」
EXIT兼近「生命って“宇宙ルール違反”な存在」
千鳥・大悟が名言連発「タバコは人生の句読点」

サルト・サーキット単語

サルトサーキット

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

サルト・サーキット仏語Circuit de la Sarthe)とは、フランスル・マン市にあるレーシングサーキットである。ル・マン24時間レースの開催地として知られる。

概要

全長が13.629kmというロングコースで、一部をル・マンブガッティサーキットと共有し、2/3が区間を走る。ただしストレート区間が多いため、現在ル・マン24時間レースでは4分以内での走行が可となっている。

現在レイアウトの原ができあがったのは1921年で、1923年より24時レースが開催された。
もともとは単純なレイアウトであったが、マシン速度が上がるにつれてレイアウトを小変更していき、2007年現在レイアウト完成している。
特にユノディエールは6kmもある非常に長いストレートであったが、現在は2つのシケインを設けてスピードダウンさせている。 

コースレイアウト

スタート地点から、右に緩やかなダンロップ・カーブを抜けると、クランク状のダンロップ・シケインが待ち構えている。
そこを過ぎるとル・マンブガッティサーキットと分岐する。
テルトル・ルージュを過ぎると区間となり、ユノディエールを迎える。かつては6kmもあるストレートであったが、最高速度が400km/hをえたため、1989年に2つのシケインニッサン-プレイステーション-フォルツァモータースポーツミシュラン)が設けられた。現在ではLMP1マシン320km/hまで抑えられている。
ノディエールの先に、低速のミュルサンヌコーナーが存在する。その後右に非常に緩やかなコーナーを抜けると、直インディアナポリスコーナーアルナージュコーナーが控える。特にインディアナポリスではクラッシュの多い難所となっている。
アルナージュの先はストレートで、その先にあるポルシェカーブで再び専用区間に入る。その後は細かい高速コーナーが連続し、ウォールの近い区間が連続する。
最後のフォード・シケインル・マンブガッティサーキットと合流し、フィニッシュラインを迎える。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/08(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/08(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP