今注目のニュース
宮迫博之引退を夕方にも会見か? 沖田臥竜がツイートし話題に
池袋暴走事故「できるだけ厳罰を」妻子を亡くした男性、署名活動はじめる
京アニ火災 来年公開の「Free!」完全新作劇場版の続報公開を中止

サンスクリット単語

サンスクリット

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

サンスクリット(: संस्कृत 、saṃskṛta)とは、古代から中世にかけてインドを中心に使われた印欧語族インドイランに属する言葉である。日本では、「サンスクリット」とも呼ばれる。古くは、とも言われた。トカラ語ヒッタイト語が見つかった現代においてもはやインド・ヨーロッパ語族の最古の姿と考える者はいないが、ラテン語の記事に曲用まかせろー、と書かれてある通りグループ内でも語尾の変化はやたらと多い

概要

狭義には、紀元前五世紀から四世紀にかけてパーニニがその文法を規定した古典サンスクリットのことをす。広義には、リグ=ヴェーダ(最も古い物で前十五世紀)から、後の典に書かれたものまでを含む。これはミケーネを除けば、ギリシア語が書かれ始めるよりも数い。

インドでは、釈迦の時代にはすでに、パーリ語などの口(プラークリット、prakrita)との乖離が存在したが、サンスクリットは使われ続けた。むしろ、口への分化が進んだために共通理解できるサンスクリットが使われ続けたという面もある。結局、サンスクリットがその地位から全に追われるのは十三世紀、イスラーム系王が北インドに侵入してからになる。

この歴史の古さと長さ、後述の他言への影によって、ラテン語古典ギリシャ語とともに「三大古典印欧」とも呼ばれることもある。同じくインドイラン古典であるアヴェスター語とは、文法やの形態が酷似している。

ヒンドゥー教仏教、ジャイナ教、シーク教の礼拝用言である。特に、仏教がサンスクリットで示されていたことから、これを通じて、東南アジア東アジア中央アジアの各言に大小の影を与えることとなった。特に、南インドドラヴィダ諸に対しては多大な影を与えた。このため、に相当する北インドで使われなくなった言葉が、かえってドラヴィダ諸に残っているようなことも多々ある。また、東南アジアの言れとは別に、交易を通じての影も受けた。

また、北インドイスラーム化した影アラビア語ペルシア語彙を借入した一方、科学においてオリエント地域に先んじていたインドが逆に中東方面に彙を送り出した例もある。この典例として英語zeroがあり(サンスクリットsunya-m→アラビア語sifr→中世ラテン語zephirum→イタリア語zeroフランス語zéro→英語zero)、サンスクリットの影を示す一例と言える。

子孫の言には、五億をえる話者を擁するヒンドゥスターニーヒンディー語ウルドゥー語)を筆頭に、ベンガル語(二億二千万人)、パンジャー(九千万人)、タミル語(七千四万人)、ウルドゥー語(六千万人)などの数千万人の話者を誇る大言が並ぶ。サンスクリットもインド憲法で示された二二の公用語のひとつであり、極めつけに、サンスクリットには話者が未だに存在する。これはラテン語古典ギリシャ語と大きく違う点である。

日本へは、隋唐代に仏教を通して影があった。当時、中国では仏教が盛んに信仰されており、先進国だった中国の影から日本にも仏教を通じてサンスクリットのが流入した。僧、檀那(旦那)、瓦、卒婆、阿修羅断末魔魔羅叉、などなど。また、五十音図はサンスクリットの音韻表に影を受けている。

近代に入って、その影かに落としたかに思われたサンスクリットであったが、イギリスインド統治時代に入って、また別の面から注されることとなる。イギリス人の判事で、インド学者でもあったウィリアムジョーンズが、サンスクリットの勉強中に英語ラテン語古典ギリシャ語、サンスクリットを較したときその彙の著しい類似性に気がついたのである。さらにジョーンズを驚かせたのが、高級な言と思っていたラテン語ギリシャ語より、古典サンスクリットは格の数が多かったことであった(英語は三格、ドイツ語、ゴートは四格、古典ギリシャ語は五格、ラテン語は最大七格だがサンスクリットは全ての名詞に八格を有する)。ジョーンズはこの成果をめて、発表。西欧言語学会は衝撃を受けた。と同時に、言の系統関係について研究する「比較言語学」がはじまった。しばらく後に、ヤーコプ・グリムグリムの法則を発表し、もはやこれらが共通の祖、印欧祖から分岐したというのは揺るぎない事実となった。以後、サンスクリットの古く且つ膨大な文献は印欧祖の解明に大いに役立っている。

文字

サンスクリットは基本的にデーヴァナーガリーで記されているが、多くの場合学習はラテン文字に音写した形で行われている(それぞれの文字について詳しくはデーヴァナーガリーの記事で)。

PCの場合問題はないがスマートフォンで見る場合は一部の特殊文字が表示されないこともあるので注意

文法

絶対語尾

そもそもサンスクリットにおいて単末に来ることができるのはすべての音を除くと子音のk、ṭ、t、p、n、m(他にも理論上はṅ、ṇ、lもなのだが見かけることはあまりない)、そしてヴィサルガ(ḥ)のみとなっておりそれ以外の子音が最後に来た場合は強制的に変化させられるのである。多くの場合それは子音幹名詞の格の時である。

  • 硬口蓋音以外の有音は気音に(例d→t、bh→p)
  • 硬口蓋音の閉鎖音は(c、ch、j、jhのこと)はkに、jはときどきṭに、硬口蓋音の鼻音であるñはṅに
  • śはkかṭに、ṣとhはṭ、または稀にkに
  • rとsはḥに

この表を見てお気づきの方はいないだろうか・・・
実は法則性があるようで、よく見ると部分部分がランダムなのだ。
そのため実は1個1個覚える必要があるのだ・・・

なお付け加えると後ろに来る屈折語尾が有音の場合(曲用の場合は両数と複数の具格、為格、対格)、ここで変化させた音をさらに有化する必要がある。

連声(サンディー)

サンスクリットの細かい文法に入っていく前に、まず初学者が最初に躓くのがこの連である。
簡単にどういうことか説明すると、ある単の最後が音でその次の単の最初が音の場合、またはある単の最後が子音でその次の単の最初が子音の場合の2通りにおいて、その両者の音が影しあって多くの場合においては結合するのである。この規則のためにデーヴァナーガリー上では一見一つの塊に見えても実は何単が連でくっついた状態である場合が非常に多い。

そしてこれの最大級に面倒くさい点がここまで説明した単同士の外連のみならず、単曲用活用の時にも幹と語尾の間に全く同じ現が内連として起きる点にある。

母音

  • a/ā+a/ā=ā
  • i/ī+i/ī=ī
  • u/ū+u/ū=ū
  • a/ā+i/ī=e
  • a/ā+u/ū=o
  • a/ā+ṛ=ar
  • a/ā+e/aiai
  • a/ā+o/au=au
  • i/ī+他の音=y+他の
  • u/ū+他の音=v+他の
  • ṛ/ṝ+他のの音=r+他の
  • e/o+a以外の音=a+a以外の
  • e/o+a=e+’(アヴァグラハ
  • ai音=ā+
  • au音=ār+

子音

その他 j-/jh- ḍ-/ḍh- l- n-/m- その他 c-/ch- ṭ-/ṭh- ś-
-t -d -j -ḍ -l -n そのまま -c -ṭ -c+ch-
-k/-ṭ/-p -g/-ḍ/-b -ṅ/-ṇ/-m そのまま

その他 j-/jh- ḍ-/ḍh- l- その他 c-/ch- ṭ-/ṭh- t-/th- ś-
-n そのまま(例外有り) そのまま -ṇ -ṃl[1] そのまま -ṃś -ṃṣ -ṃs -ñ+ch-
-m -m ヌスヴァーラ化

通常
その他 その他 r- c-/ch- ṭ-/ṭh- t-/th- k-/kh-/p-/ph-/ś/-ṣ/-s
-s - -r -(長音) -ś - -s -
-as -aḥ -a -o+’ -o -aś -aṣ そのまま -aḥ
-ās -āḥ -āś -āṣ そのまま -āḥ
-ar -aḥ そのまま -aś -aṣ -as -aḥ

はa/ā以外の

内連声

内連についても上に挙げたとおりのことがおおよそ起きるのだが、若干の例外がある。

  • いくつかの場合i/ī→iyが、u/ū→uvとなる
  • 音かyの前ではe→ay、ai→āy、o→av、au→āvとなる
  • r+子音、v+子音の前ではiとuは長音になる

いちいち列挙すると長くなるのであげないが、子音に至っては上に挙げた絶対語尾の変化に加えてさらにこまごまとした規則がある。

階次

ある程度インド・ヨーロッパ語族(特に古)について勉強した人にはおなじみの、要するに音交替のことである。
サンスクリットにおいてはこの音交替が極めて規則正しく行われていたので下のように理論的にまとめられている。
とりあえず上から下に変化していくと覚えておいてほしい。

弱音階(基礎音) - i/ī u/ū ṛ/ṝ
標準階(グナ) a e(ay) o(av) ar al
長音階(ヴリッディ) ā ai(āy) au(āv) ār (āl)

曲用

一例として-a男性名詞の「仏陀」のとなったサンスクリットでを表すबुद्धःの曲用を示してみよう(知識がない人のために一応ラテン文字音写で行う・・・ていうかぶっちゃけデーヴァナーガリーで解説していく文法書ほとんどないからめんどくさいし

単数 双数 複数
buddhaḥ buddhau buddhāḥ
呼格 buddha buddhau buddhāḥ
対格 buddham buddhau buddhān
具格 buddhena buddhābhyām buddhai
為格 buddhāya buddhābhyām buddhebhyaḥ
奪格 buddhāt buddhābhyām buddhebhyaḥ
属格 buddhasya buddhayoḥ buddhānām
処格 buddhe buddhayoḥ buddheṣu

さて、数が3つ格が8つで系24種類の曲用、数字にしてみると多いけれども上の表を見ては結構かぶっているものも多く思っていたよりも(それでも十分多いけど)そこまで・・・と思ったものも結構いたのではないだろうか・・・
話はここで終わらないのである。

そう・・・種類がこれだけあるのである。
さらに形容詞や分詞にしか出てこない幹もあり、そちらに至っては上述の階次が存在し、曲用ごとに幹が強幹/中幹/弱幹に変化するのである。

確かに屈折語尾はせいぜい性ごとに分かれている程度なので大雑把には3種類覚えればいい程度なのだが、ここでもう一度上に戻ってほしい。そう、である。
上にもあるとおり連は単同士だけではなく幹と屈折語尾の間にも発生するのでそれぞれの幹ごとに従来のパターンから外れてくる例外の曲用がどこかしら出てくるのである

ちなみに形容詞には当然較級(-tara/-īyas)、最上級(-tama/-iṣṭha)も存在している。

またその他にも1・2人称の代名詞、3人称に使われる示代名詞のtad、所有代名詞、近称示代名詞(これ)のidam、遠称示代名詞(あれ)のadaḥ、関係代名詞のyad、疑問代名詞のkimなどが存在し、こちらは語尾はともかく幹は曲用の際に相当複雑に変化するのだ。

活用

さてここまで見てきてもううんざりだと思う。しかしちょっと待ってほしい。名詞と形容詞の曲用がこれだけあるならもしかして動詞の活用も・・・?と思うのではないだろうか。

そう、その通りなのだ。

  • 第1類:根を標準階化してさらに音をつけて幹を作る
  • 第2類幹は根そのままだが活用によって強幹と弱幹の変化がある
  • 第3類根を畳音させ、さらに強幹と弱幹の変化がある
  • 第4類:根+yaで幹を作る
  • 第5類:弱幹では-nu-、強幹では-no-が根に加えられる
  • 第6類:根をそのまま
  • 第7類根の中(根の最後の子音の直前)に強幹では-na-、弱幹では最後の子音と同じ種類の鼻音を挿入する
  • 第8類:もともと根の最後がnなので弱幹では-u-、強幹では-o-が根に加えられてあとは第5類と同じようにする
  • 第9類:強幹では-nā-、弱幹では-nī-が加えられる
  • 第10類:根+ayaで幹を作る

幹がさらに変化する活用の種類を表す

と、以上に挙げたようにサンスクリットの動詞はまず根から幹の作り方で10種類あるのだ(微妙な例外多数)。

まあ動詞の種類がこれだけあるのはいいだろう。根から幹の作り方が異なるだけで活用の仕方はおおよそ一緒なのだから(なお内連などなど)。
さていい加減うんざりだと思うが、まあ次の第1類√bhṛ(भृ)の活用を見てくれ(曲用と同じ理由でこちらでもラテン文字で)。

動態単数 動態双数 動態複数 反射態単数 反射態双数 反射態複数
直説法
1人称 bharāmi bharāvas bharāmas bhare bharāvahe bharāmahe
2人称 bharasi bharathas bharatha bharase bharethe bharadhve
3人称 bharati bharatas bharanti bharate bharete bharante
1人称 bharāṇi bharāva bjama bharai bharāvahi bharāmahai
2人称 bhara bharatam bharata bharasva bharethām bharadhvam
3人称 bharatu bharatām bharantu bharatām bharetām bharantām
願望法
1人称 bhareyam bhareva bharema bhareya bharevahi bharemahi
2人称 bhares bharetam bhareta bharethās bhareyāthām bharedhvam
3人称 bharet bharetām bhareyur bhareta bhareyātām bhareran
過去
1人称 abharam abharāva abharāma abhare abharāvahi abharāmahi
2人称 abharas abharatam abharata abharathās abharethām abharadhvam
3人称 abharat abharatām abharan abharata abharetām abharanta

※反射態は再帰的に使う際に用いる

うん、わかる・・・ラテン語古典ギリシア語を学んだ人間もちょっとこれは・・・と思うのは分かる。
だが一方で、なんだよ、ずらっと表に並べて一面食らったけど、よく見るとかぶっているものも結構あるじゃないか!・・・そう思う人もいないだろうか・・・?

まだ話は続く・・・なぜなら時制が残っているからだ。

さて長い表を見てもうだいぶうんざりしていると思う。だが最後に聞いてほしい。
例えば未来形やアオリストが何種類も出てきたと思うが、実はこれはどの動詞がどの種類に属するかという法則性がない・・・そうつまり一個一個覚えるしかないんだ。

これでも大分簡潔にまとめたがサンスクリットがどれだけ学習する文法要素が多い言かわかったのではないだろうか。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

サンスクリットに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *このアヌスヴァーラをチャンドラビンドゥと呼ぶ

掲示板

  • 20ななしのよっしん

    2019/02/16(土) 14:39:02 ID: AMs/pcXaQd

    サンスクリットに限らないけど活用の多い言ってなんか理由があるん?
    その言を話す人々がドMってわけじゃあるまいし

  • 21ななしのよっしん

    2019/05/22(水) 16:53:41 ID: gVf6Bt/Tio

    レオールが簡単である理由を考えて、それを裏返してみれば解ると思う

    出入りの少ない安定した社会が長く続くと、自然と言は複雑化していく
    しかもサンスクリットは知識階級が使ってた言葉だし
    まあ、(下品な言い方になるが)オタク言葉だからだろうなあ

  • 22ななしのよっしん

    2019/05/24(金) 03:47:19 ID: kBRsHuPMBz

    素人によるメモ
    独学でやるなら「まんどぅーネット」(https://www.manduuka.netexit)が非常に参考になる。先達からの情報は大事

    ○文法書
    ・吹田『実習サンスクリット文法』(社)
    市場にあるものの他にはこれもおすすめ
    他の文法書にべて変化表が見やすい・最近の本なので文章が読みやすい・入手しやすい
    ヒトーパデーシャ、バガヴァッド・ギーター、ブッダチャリタなどから選文が収録されていて、そのための彙集があるためお得感がある
    人によっては韻の説明があるのも役立つかも(文法では省略されている)

    直四郎『サンスクリット文法』(岩波全書)
    色んなところで言われるように、どう考えても中~上級者向け初心者かつ独学なら最初の一冊には向かないでしょう(実際、まえがきにもゴンダ文法をやってから本書を読むのがよい、とも書かれている)
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP