今注目のニュース
加藤浩次、高層マンションに住むのは「絶対に嫌!」 理由に共感の声
マツコ、パスタの食べ方を明かし視聴者騒然 「やば…」
消防署員が記事執筆の副業で処分 土岐市の「ずさんな調査」も取材で判明

サンドマン(スティール・ボール・ラン)単語

サンドマン

掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

もしかしてサウンドマン」

 

 

サンドマンとは、漫画スティール・ボール・ラン」の登場人物である。

CV野島裕史ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン

おれはこの脚のみで、ニコニコ大百科を横断し、優勝する・・・

アメリカ大陸横断レーススティール・ボール・ラン」参加者の1人。
ネイティブアメリカンインディアン)の末裔で、主人公ジョニィ・ジョースタージャイロ・ツェペリの2人を出し抜いて第1話から颯爽と登場したため、読者達の間ではジョニィ達と同様で主人公と同格に扱われ、ファンも多かった。
が1人いるが、両親は既に死亡しているらしい。

思い込んだら他人とはあまり協調しない性格を持ち、「自分達の部族の考えでは人たちに敵わない」と考えているため部族との仲も悪く、人についての知識を得るために「人の書物を読んでいた」事を部族の者達に知られ追い回されているというインパクトのある初登場となった。
で追ってくるインディアンたちから自分の足で走って逃げおおせるほどの人的な脚を持ち、「優勝賞人達に奪われた祖先の代からの土地をまるごと買い戻す」ため、での出場が基本とされる中でも異例の「徒歩での参加」スティール・ボール・ラン出場を決意し、故郷の村を去る。参加費用の1200ドルは、故郷のからもらった両親の形見たるエメラルドお金の代わりに支払った。
『大地を味方につけている』と評されるその特殊な走法はレースでも、自動車などで出場している他の参加者たちに全く引けを取らない俊足を見せつけ、さらにはでは踏破できないような場所・地形をショートカットできるという事もあり、(ジャイロの走行妨行為による順位繰上げもあって)1stステージ優勝の栄誉を飾ったことでくも優勝補として名前が挙がるほどであった。

1stステージ以降、ストーリーレースからスタンドによるバトル体となる内容に移っていくと彼の出番も次第に減っていくのだが、続く5thステージにて久々ジョニィたちの前に登場。レースを経て「大統領が『人の遺体』を集めている」事を知り、賞を得るよりも遺体を集めることで大統領との取引に応じる方が的達成のために都合がいいと考え、ミシガンにてDioとの共同戦線を展開しジョニィ達の持つ遺体を奪うべく刺客として立ち塞がる。
このまさかの登場には多くの読者が驚かされたが、さらに驚かされるべきは彼の本名がサンドマンではなくサウンドマン」であったという驚愕事実が判明した事であろう。彼にサンドマンという名前は人達が勝手に聞き間違えて定着したもので、「部族の中で『音を奏でる者』」と訳される名前であるとの事だが、1巻の第1話を見ると明らかに部族の仲間達からもサンドマン(砂男)」と呼ばれている。
まあ「後に言う方が正しい」以上読者に反論の余地は最初からいということか。

ちなみにこちらの『サウンドマン』、10巻の初登場シーンと地面に挟まって潜んでいた事、及び隣の世界では別のを持つことがあるという事実から、大統領スタンドD4C」でこの世界へ連れてこられた別の世界の『サンドマン』なのではないかと考察されることもある。
(もっともこ考察通りとすると、この世界サンドマンはどこへ行ったのか?という新たな疑問が挙がるのだが・・・)

戦闘では攻守共に隙がスタンドと前述の俊敏性をもってジョニィ達を窮地まで追い詰めて見せたが、ジャイロから伝授された回転の義を元にジョニィが新たに覚醒させた「牙(タスクAct2」に敗れ、故郷に残してきたの事を憂いながら死亡レースリタイアする。

 

名前の由来はハリー・ニルソンのアルバム名「Sandman」、いはメタリカの曲名「Enter Sandman」のいずれかと思われる。掲示板などでは専ら、「砂男」もしくは「音男」と書かれる傾向にある。

その「音の固まり」は、一撃でお前の全身を9つの部位に切り裂くだろう・・・

イン・ア・サイレントウェイ
サンドマンスタンドレース参加前から持っていたであるらしい。
砂を操るものかと思ったら操るのは音だった。ショック見たは羽飾りや飾りをったインディアンのような容姿をしており、サンドマン自身の見たともよく対されている。
切った音や破壊した音、燃える音などを形(文字)にして具現化するで、文字に触れるとその音と同様の効果をもたらす(切った音なら触れたものをズタズタに切り刻み、燃える音なら高熱で焼かれダメージを受ける)。作中ではナイフを振るった音で風音文字を発生させ、ジョニィの攻撃の軌を逸らさせる用法も見せた。
また、水中に音を流し込む以外にも人間Dioスタンドで生成した恐竜など任意のものに文字を貼り付ける事もでき、さらには発生させた音(文字)に乗る事もできるなど様々な応用が利く。要するにタマリンでもあったのか。
総じて、第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場したスタンドエコーAct2とよく似ているでもあるが、こちらはエコーズとは違って音によって直接の破壊現をもたらす点が異なる。
そして最後に敗れたが同じくAct2の名前を冠しているのは秘密。
名前の由来はアメリカ出身のジャズトランペット奏者マイルス・デイヴィスアルバム名「In A Silent Way」。

ニコ厨の基本概念は「動画」だ。もう祖先の土地なんてないんだ。
この場所はもう、プレミア会員だけが動画を紹介できる場所なんだ。

関連静画・・・ ニコニコの言葉で『絵を描くもの』と呼ばれている

(砂でも喰らってろ)釣りはいらない、商品を買ってくれ・・・

一緒にコミュニティに入るのよ!「砂男(サンドマン)」!姉ちゃんが一緒に入ってあげる!オーナーにもみんなにも、コミュニティに参加するって誓うのよ!

砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・
他の関連項目も見てほしい・・・ オレの祈りは、 ・・・それだけだ

掲示板

  • 51ななしのよっしん

    2017/06/09(金) 18:31:28 ID: bUCDYauFSG

    を知ってめて第1話を読むとわざとに吹き飛ばされたのは
    その際の衝撃音を固めて自分を一気に飛ばすためだったのかと納得した

  • 52ななしのよっしん

    2018/12/03(月) 08:44:02 ID: +j7vUKzkSE

    形見のエメラルドで15万か…
    持ちがないから仕方ないとはいえ大事なものを手放す気持ちはなんとも言えない

  • 53ななしのよっしん

    2019/06/22(土) 12:18:29 ID: z1ci53JX3c

    インディアンで音を操るというと
    キン肉マンジェロニモを思わせる
    砂男verだとサンシャインみたいなスタンドになるのだろうか

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP