サンライズの超過駆動単語

サンライズアリガトウ

掲示板をみる(90)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他


 『日出の過駆動』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

.

.

   

  それをにしたとき
  それをにしたとき
  それを口にしたとき
  配点 (伝わるものです)

.

.

サンライズの超過駆動とは、アニメ境界線上のホライゾン」における、所謂サンライズの本気である。

ホライゾンアニメ化までの軌跡

そもそもの話、一体何故サンライズ程の会社が「境界線上のホライゾン」を作ることとなったかというと、次回作を決める打ち合わせの現場に来ていた8スタジオのスタッフ達が、既刊や前作の「終わりのクロニクル」を読んでいたらしく、何を作ろうかと話し合っていた中、度胸ある人物が「こ、これとか、どうでしょう……?」と挙げてみた所「よし、やるか!」となったらしい。

そのあまりの厚さゆえ、信者であるカワカミャー達をも驚愕させ、「鈍器」という果たして名誉なのか汚名なのか良く解らない称号を持つ原作を隅々まで読み込み、是非アニメ化したいと原作者・川上稔(以下、氏)に直談判したというサンライズ
担当編集どころか氏にまで正気を疑われ、「クロの方が楽ですよ」「損しますよ」と念を押したにも拘らず、「楽かどうかじゃなくホライゾンを作りたいのです」「損しないようにします」と言い切り、氏もその執念に観念したのか、『原作準拠』という条件を提示し、アニメ化を承諾した。(サンライズ側でも原作通りにやろうと決めていたようだが)

ここでいう『原作準拠』とは『解釈や、画面内の距離などによる省略はあってもアニメアレンジという簡略化はし』という事であり、緻密な設定、細かな動き、キャラによって違う感情の起伏からオパーイの揺れ方まで、一切の表現を原作通りに行うと誓ったのだった。

製作会議監督小野学氏や、シリーズ構成浦畑達彦氏も加わり、これは手を抜いてはいけない、と確信した氏は、趣味で)あらかじめ作っていた武蔵などの3Dプロジェクトや設定類などをサンライズに送り、同じく協した絵師のさとやす氏と共に全監修を行なった。また、プロデューサー監督、脚本らから「原作の表面をなぞるのはやりたくない」と言われ、原作最終巻までのプロットを伝えてあるとのこと。実に羨ましい。

ちなみに、氏が資料提供した内、媒体のものは800ページ以上積み上げると電撃文庫MAGAZINEよりも高い。(それでも媒体の総資料の約半分である)これに加えてサンライズが「ここの資料が足りない」と言うと翌日のうちに作ってくるんだから恐ろしい。氏く「寝なきゃいいんですよ」いや寝てください頼むから。

こうして、から明朝まで会議をし、監督プロデューサーや構成等のスタッフと氏が毎回原作朗読して、台詞の取捨選択を行なったり、5話の製作に四ヶかかったり、9話の高嶺舞を氏がシューズでダンス創作をして二枚ダメにしたり、アフレコ現場でも、先に原作を読破していた演の福山潤氏や中田譲治氏などが率先してほかのキャスト解説したり、「示威行動」と言う場面で「じいこうどう!?」と色めきだったりして、約一年の時を経て完成したのがこのTVアニメ境界線上のホライゾン」、通称『ホニメ』である。

サンライズにやってもらって良かったああああああああああ!!

2011年秋アニメの一つとして放送を開始し、氏も、ネット配信も含め週に計4回の解説を行い、原作読者からも「サンライズ初のライトノベルアニメ化」とあって注されていたが、やはりその膨大なオパー(ズドン・・・・・・設定や多キャラクターは受け入れられにくく、3話まででギブアップする視聴者は多かった(原作でも一巻上は門だものね。仕方ないね)。
しかし、4話放送後、何とか生き残った視聴者達から次々と高評価が上がり、9話放送後には以前の評価が一転、かなりの好評価を得たのだった。そして極めつけは、10話放送中に氏が漏らした一言である。

サンライズにやってもらって良かったー!!!』

この発言は後に一期BD6巻のキャラクターコメンタリー、二期放送中の氏&カワカミャー、二期BD一巻のキャラクターコメンタリーでも、板野サーカスやってる時に発言された。

.

境界線上のホライゾンⅡ最終回ネット配信・BS11放送終了後、氏はTwitterアニメスタッフ各関係者に思い出と共にお礼を述べた。
設定担当の大河さん、青木さん、宮元さん、沙倉さん、川原さん、プロップの木村さんに武蔵の大きさを理解してもらう事に苦労したこと、デザイナーチーム藤井さんに作画の安定感を「それが仕事ですから」 と言われシビレたこと、議論熱して場が少し堅くなった際、休憩時間に小野監督全員分のドーナツを買ってきて内心(やべえー、すげえ萌えるー)と思ってたことetcetc……

そして、氏は感謝の締めとして、やはりこの言葉を選んだのだった。

サンライズにやって貰って良かったああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!』

『サンライズの超過駆動』とは、映像化なんてのまただと思っていたカワカミャー達の、驚きと尊敬とバカじゃねぇの、という突っ込みと、最大級の感謝が込められている、そんなタグである。

.

.

.

――――三期、いつまでも待ってます。

関連動画

MADはこちら↓

関連商品

そんなわけで滅ったサンライズのためにBDサントラを買って奉納するといいよ!

関連コミュニティ

サンライズの超過駆動に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/31(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/31(土) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP