ザボエラ単語

ザボエラ

掲示板をみる(816)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ご尊顔<ザボエラとは、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」に登場するこのワシのことじゃあっ!!

これがワシの偉大なる概要じゃあっ!!

魔王軍妖魔士団長で「妖魔教」の肩書きを持つ魔族890歳。アニメでの担当声優龍田直樹(1991)、岩田光央(2020)

初登場は3巻とかなりい段階から登場している古で、その性格は非常に狡猾で出世欲が強い。作中にいてはデルムリンからブラスを誘拐してクロコダインに人質作戦を促したり、自分の部下を身代わりにするなど、他人を利用する事に関しては彼の右に出るものはまず居ない。
しかし他人を利用して功績を得る事に固執しすぎた所為か、魔王軍内で自分の手駒として手懐けられた数少ない人材にも見限られたり戦死されたりで、ふと気つけばいつの間にか魔王軍に自分より格下な利用できる人物がも居なくなってしまった。それに例して自分の出る幕が減ってゆき魔王軍内での存在感空気化していくのを危惧したザボエラは遂に、自らダイ殺の為に死の大地付近の氷河へと出。だがハドラーの命でザボエラを連れ戻しにきたヒムに捕縛され、魔へと閉されてしまう。

バーン vs.ハドラー対決に横を入れてバーンを救った功績により、魔の仕打ちからはどうにか赦され「魔軍補佐」の地位を確立するも、インフレ強化を続けるアバン使徒とその同志達を前にしてその後も大した功績を上げる事は出来なかった。最後の頼みの綱であった上ミストバーンにも切り捨てられ、追い詰められたザボエラは遂に切り札「ゾンビ」を持ち出すが、ロンベルクの「皇十字」により十文字に切り裂かれて逃走。

逃走中の所をクロコダインに発見されピンチに陥るが、頭の悪いクロコダイン相手に騙し合いで負けるはない――と咄嗟に考え、表向きは許しを乞い心したかのような演技をしながら、隙あらば不意撃ちで体内素を注入、洗脳して手駒として操ろうと画策する。ところが「どうせ本心ではないのだろう」と予想していたクロコダインの策に逆に嵌ってしまい、至近距離から放たれた闘気弾の直撃を受けて蒸発してしまった。ある意味似合いの末路だったと言えなくもない。

作中のあらゆる人物から卑怯や軽蔑を受けていたキャラだが裏切り続出の魔王軍幹部の中では最後まで忠を貫いていて策略も倫理視すれば合理的なものである。魔特化で体が高齢で非力なのがわかっているのに自らの手を汚さずに戦うのは卑怯と罵るのはお門違いである。作品自体バトル体の勧善懲悪テーマで策略を用いるのは卑怯と切り捨てられる潮で、ザボエラはその作の犠牲者の一人ともいえる。
もっとも、同じく合理的な策をとろうとしてはいるが、肝心なところでザボエラ以上に間が抜けているマキシマムに皮がどこまで通じるかは怪しく、キルバーンキルバーン意が掴みにくく口が達者なキャラだったので、精面に隙があり、なんだかんだで知性のあるこいつに言葉のが飛んでしまうのは理もない話かもしれない。

妖魔学士ザムザ

ザボエラの息子182歳。

ザボエラの下で「生物学」の研究を進めていた人物で、実験材料として自分自身を生物へと改造している。良くも悪くもザボエラの息子だけあって狡猾な性格であり、作中ではロモス王を利用して武術大会を開催させサンプルとなる戦士を獲得しようとしていた。

武術大会会場にてダイたちと遭遇、生物実験台として戦闘を繰り広げ1度はダイを倒しているが、武道へと転職し新たなを得たマァムの「拳」の前に苦戦を強いられる。マァムの拳を皮膜液で封じ込めた事で戦いを有利に進めるが、ゴーストくんのアドバイスを受けたポップの機転により再びピンチに陥り、覇者の剣を引き抜いたダイアバンストラッシュにより止めを刺されてしまう。

生物へと改造した反動によりとなり消滅するが、生物データと本物の覇者の剣をザボエラの下へ送り届け、生物ハドラー完成への礎を築いた事で彼の役は終わったと言える。ザムザ自身は父親に褒めてほしかっただけだったのかもしれない。

超魔生物

ザボエラが提唱し、ザムザが研究を進めていた"魔族える者"のこと。

族・魔族人間全ての長所を兼ね備えた究極生物に近い前例である「魔人」を参考にしていた。実験台としてザムザが生物へと変身する機を自分に付与しており、作中でも圧倒的なを見せている。

生物の特徴としては、戦闘中に受けた傷が呪文しで即座に修復される点、一度でも修復限界えるダメージを受けて生命が残り少なくなると、身体がボロボロに崩れだし二度と修復が効かなくなる点、そして死ぬ時にはとなってしまう点が挙げられる。
試作生物であるザムザには魔族形態から生物形態に変身すると全魔法が失われてしまうという欠点が存在したが、後に誕生する生物ハドラーは、自身を生物へと改造する際、魔族に戻るを捨てる事でその欠点を解消している。

超魔ゾンビ

ザボエラの「自分は一切傷つかず、他人を一方的にいたぶれる」という理想の下で完成した生物2号

体を構成する際に大量の死が必要であり、作中では瀕死の状態だった魔界のモンスター(一応配下・仮にも仲間)を皆殺しにする事で調達していた。

の凝縮体である為、生命活動を破壊する拳も効果がい上に並大抵の武器では体を切り裂く事が出来ない。体を全に切り裂くかザボエラの魔を絶つ事だけがゾンビ攻略法であり、ノヴァの決死の覚悟を見たロンベルクにより十文字に切り裂かれた事でゾンビは活動停止へと追い込まれた。

どう考えても生物ハドラーの方が強く見えるのはきっと気のせいなのだろう。

これがワシのありがたい格言じゃわいっ!!

もはや説明不要。をかっぽじってよ~く聞くがよいぞよ。

  • キ~ッヒッヒッヒッヒ!!
  • 子供が絶対に逆らえんもの…それは”親”じゃっ!!
  • 強者とは強い者の事ではない!戦いの場に最後まで残っていたの事よっ!!
  • 笑わせよる!!笑わせよるわあっ!!!よりにもよってバカの代表みたいなおまえにこのワシがバカ呼ばわりされるとはなアッ…
  • 前回の課題を全てクリアしてはじめて”良”という…!
  • 動かす前に叩き壊してくれるわいいいっ!!!

これがワシの関連動画じゃあっ!!

これが関連商品じゃわいっ!!

これがワシに関連する幸運な項目どもよ…!

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/04(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/04(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP