ザル警備単語

ザルケイビ

1.1千文字の記事
掲示板をみる(93)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ザル警備とは、極めて質の低い薄弱警備のことである。ぶっちゃけやる気のない警備である。何故「ザル」と言うかだが、例えばザルを掬おうとする。さあ、ザルが漏れるのを防げるか?そういうことだ。

何?どうして概要まで侵入されたのだ!

秘密組織、正義の組織と言えば、警備が厳重でなくてはいけないのは常識である。
ところがそういうところに限って警備がとんでもなく適当だったりすることがよくある。それこそがザル警備である。
ちょwwこんな簡単に入り込めちゃうの?ww」という酷いレベルは特にそう摘されている。
というか現実世界では大問題どころのレベルではない
その結果は論良い展開を生むはずがなく……

  • 侵入した敵の諜報員官が中枢部を破壊されて、爆発する
  • かなりあっさりと重大な計画が漏れる
  • 危険な装置がいとも簡単に奪われ、敵に悪用されて世界ピンチに陥る
  • 基地自体が攻撃を受け、甚大な被害を被る
  • スパイが侵入し、内部から強な攻撃を受けて泡を食わされる

物語銀行宝石店など、全然警備システムがなっていない場合もたまに見られる。
ちなみに、ルパン三世など侵入する側のスキルが高く、何重ものセキリュティを破って侵入・強奪された場合はザル警備とは言い難く、むしろ相手がチート過ぎる腕前の持ちだから仕方ない。
そういうパターンの時は暖かく見守ってあげよう。 
もっとも、「ルパンでなくてもこれはちょっと……」なパターンがあることも忘れてはいけない。 

とにもかくにも、現実ではこういうことがないと信じたいものである。  

・・・まあ、逆の意味で、現実として警備をするのが人である以上、第三者や未来の人から見ればザルとなってしまうケースはないわけでもない。
とはいえ、当事者にとっては『それが限界だった』ということも留意することである。

『んな訳あるかw』という方々に、現実で起こったもっとも有名な漏洩事件とし、上記箇条書きの2つ重大な計画が漏れるに該当する一例を挙げよう。
『最高機密である破壊兵器情報があっさりと敵国に渡り、さらに戦後終末戦争恐怖が長く世界を支配した』という事例を。
そう、現実世界冷戦原子爆弾の開発である。
戦中も日本スパイ末端にだが、ちゃっかり把握されている。まさに『事実は小説より奇なり』なのだ。

まさかこうもあっさり関連動画を奪われるとは……

関連商品に侵入者です!

我が社の誇る関連項目が…

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 91ななしのよっしん

    2020/05/02(土) 09:08:59 ID: hX0+B9icXn

    悪の組織も大体ザル警備だからそこは五分と言うことで…

  • 92ななしのよっしん

    2020/08/06(木) 09:21:04 ID: akYrU6+FDx

    の協者が手助けしてわざとザル警備にしたりってパターンもあるな
    そこまで行くと警備してる方が流石にかわいそうだけど

  • 93ななしのよっしん

    2021/03/19(金) 14:32:56 ID: PDaO6UTr89

    柏崎原発がちょうどこれにあてはまる有様で、再稼働どころの話でなくなったようで…

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/29(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/29(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP