今注目のニュース
新木優子“前髪ぱっつん”に反響
セブンに「シャトレーゼアイス」再び。 100円って最高かよ!
大麻を全米で合法化する包括的法案への投票、週内にも実施へ

ザンスカール帝国単語

ザンスカールテイコク

  • 4
  • 0
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ザンスカール帝国(Zanscare Empire)とは、アニメ機動戦士Vガンダム』に登場する、宇宙世紀ガンダムシリーズ)の架国家のひとつ。

概要

所謂『宇宙戦国時代』と呼ばれる時代区分である、宇宙世紀0140年代にサイド2にて勃した。
マリア主義を唱える女王マリア・ピァ・アーモニアを絶対君とした国家であるが、その実権はマリア主義の支持政党であるガチの一党独裁政権と、その宰相フォンセ・カガチが握っている。

新興宗教団体の中心人物だったマリアヒーリングをつけたカガチによって、マリアの信徒が特に多かったサイド2のコロニーのひとつ「アメリア」の政庁に政治団体ガチ党が発足。後に政権を全に握して、ザンスカール帝国を建した。
※建までの詳細な前史は、以下の記事がとても秀逸である為参照のこと。
マリア主義 宇宙戦国時代

政権を握するに至り、ギロチンで罪人を公開処刑し住民の支持を集めるとともに、対抗勢に対する恐怖政治を行っていた。このことが、リガ・ミリティア(軍事同盟)という民間ネットワークを刺し反ザンスカールのレジスタンス組織として再結成させ、ザンスカール帝国が地球上へと侵攻すると、両者との間にしい戦乱が繰り広げられた。これがザンスカール戦争宇宙世紀015210月~01536月23日)である

軍事

ベスパ

カテジナ・ルース

ザンスカール帝国の軍部はベスパと呼ばれている。"Ballistic Equipment & Space Patrol Armory"(弾道研究と宇宙偵察部隊本部)の略で、帝国と同時に設立された。ベスパとはイタリア語スズメバチの意で、その名の通りパイロットスーツ黄色を基調としている。

組織構造は建時に接収した、サイド2に駐留する地球連邦軍の部隊が体となっており、兵器開発はサイド2やサイド4のサナリィの開発機関面の旧アナハイムの関連施設で行われていた。また、地球降下作戦以降はラゲーン基地で地上用MSの開発、生産が行われていた。独自の最新鋭のMSは、当時の腐敗した連邦軍の戦MSでは太刀打ちできない強なものだった。

ちなみに「ジークジオン」同様のフレーズとして、ハイル・ザンスカール」「ザンスカール・マリアがある。

拠点

所属艦隊、部隊

軍服

やや地味だがベスパ軍服には多数のバリエーションが存在する。
通常のカラーカーキーだが、一部のMSパイロットが身に付けているワインレッド、学徒兵などが身に付けているブラックが存在する。また宰相カガチが着用しているものはパープル、失脚して復帰した後のタシロ大佐はネイビーのものを着用している。

所属している機体・艦船

モビルスーツ(MS)

機体デザインは、ゾロゾロアット、ゲドラフなどの数体を大河原邦男が、それ以外のほぼ大部分を石垣純哉が担当した。近年の石垣氏のインタビューによれば「子供向けを意識しシルエットで分かるデザインを考えた」「言い方は悪いが少しふざけたようなデザインが多い」とのことexitであるが、ザンネックやゲンガオゾや後述のサンドージュなど、監督富野季が描いたイメージラフボードを前提、いはほぼそのまま踏襲した機体もある。
これらデザインに関しては、従来のガンダムファンからは受け入れがたいデザインとするもある一方、好意的なファンも存在し、近年ザンスカールMSを多く商品化している食頑ブランドMSアンサンブル』の開発担当者もザンスカールMSVガンダムに親しい人物であるなど、一定の評価を得ている。またカテジナ役の渡辺久美子も「モビルスーツに関しては正直あまり良く分からないんですけど、ザンスカール帝国のモビルスーツは何となく猫目というか可愛い感じなので好きですね。」と好意的に評価している。exit

没となった機体や設定も数多く存在する。これらは書籍『NT100%コレクション機動戦士Vガンダム』『それがVガンダムだ』などに設定画やラフが掲載されているが、「ザンコック」というザンネックの前身となった巨大MSをはじめ、富野氏自らがラフに描いたバイクにまたがる様なMSや、石垣氏の前述のインタビュー内での戦艦に擬態しているMSなどが存在していた。また初期デザイン案においてもジャバコの装備として巨大な実体ブーメランがあったり、リグ・シャッコーの背面にビームカッターがあるなど、様々な独創的かつ奇抜なデザイン案があったとされる。
なおシャッコーは、当時若手で後々ガンダムAGEビルドファイターズに至るまで数多くのガンダムシリーズに参加する事となる石垣氏が、初めてデザインしたMSである。『NT100%コレクション』では7~8種類にも及ぶシャッコーのデザインが掲載されており、難産な作業だったのを伺わせる(一番初期のデザインの頭部はゴッゾーラに流用された)。氏の画集の最初のページを新規書き下ろしで飾っているなど、思い入れ深さも伺わせる。

モビルアーマー(MA)、その他

艦船

なお、この時期のMS運用はビームローターやミノフスキーフライト、ミノフスキードライブを搭載する単独飛行を標準的に可とした第二期MS(小MS)が中心の為、重力下での運用の際には必ずしも戦艦を必要とする時代ではなく、イエロージャケットなどラゲーン基地所属の部隊では戦艦を必要としなかった。
これにはザンスカール帝国の規模や地球降下時の活動範囲が、かつてのジオン公国ほどではなくヨーロッパの地域にのみ留まっていたことや、相手が地上部隊を中心とした特定の防衛拠点を持たないゲリラ組織リガ・ミリティアであったこと等も要因として挙げられる。

所属している主な人物

ザンスカール帝国

その他協力者、関連人物

ザンスカール帝国年表

0146 サイド2のアメリア政庁野党政治組織ガチ党が発足。
0147 フォンセ・カガチが贈収賄の犯人を糾弾し、ギロチンで処刑。支持を集めガチ党が政権与党に。
0149 サイド2がザンスカール帝国の建を宣言。マリア・ピァ・アーモニア女王となる。
0152.10 地球降下作戦開始。イエロージャケットヨーロッパのラゲーンに侵攻。同地制圧後、民間航空施設を地球上の軍事拠点"ラゲーン基地"とする。リガ・ミリティアとの戦闘を開始。
                        
※以下よりテレビシリーズ物語に突入。
0153.4.5 試作MSシャッコーを民間人の少年が強奪。イエロージャケットがリガ・ミリティアの潜伏先である地球連邦軍の特別区・ウーイッグへの差別爆撃を開始。
0153.4.6 リガ・ミリティアからシャッコーの奪回に成功。
0153.4.7 イエロージャケットがリガ・ミリティアMSヴィクトリーガンダムと初めて交戦。
0153.4.10 クロノクル・アシャー中尉がウーイッグに集結していたリガ・ミリティアの統率者、オイ・ニュング伯爵拘束
0153.4.11 ガッダール隊がリガ・ミリティアと初めて交戦。バイク兵器データ収集を開始。ゲーンのマルガレーテ広場にて、ラゲーン基地ファラ・グリフォン中佐によってオイ・ニュング伯爵ギロチンにより公開処刑される。
0153.04.12 独断でギロチンを使用したファラ中佐に対し、本のタシロ・ヴァゴ大佐より召還が下る。イエロージャケットアーティジブラルタルの制圧作戦を開始。
0153.04.16 旧バルセロナに設置したギロチン市民が抵抗。リガ・ミリテイアにより破壊される。
0153.04.17 地球連邦軍のバグレ隊が単独でベスパの艦隊に攻撃を開始。
0153.04.19 クロノクル中尉トムリアットがファラ中佐を移送する為宇宙へ上がる。
0153.04.20 ファラ中佐がスクイードⅠ内部で軍事裁判を受け、宇宙漂流刑に処せられる。ズガン艦隊が本より出バグレ隊を壊滅させる。ジブラルタルにて大気圏突破を試みるリガ・ミリティアの大規模艦隊が集結し、これをガッダール隊のガルグイユが強襲。
0153.04.27 リガ・ミリティアがタシロ・ヴァゴ大佐率いるカイスギリー艦隊に攻撃を開始。自爆用のダミー艦艇やマイクロウェーブによって薄し、艦隊戦となるも、カイスギリーとスクイードⅠをリガ・ミリティアに奪取される。
0153.05.04 サイド2宙域にてリガ・ミリティアの艦隊とズガン艦隊が交戦。リガ・ミリティアMSがザンスカール本へ侵入し襲をかける。侵入したMSと、2名のパイロット拘束
0153.05.06 ザンスカール本での恩寵の儀式にて、失脚したタシロ・ヴァゴ大佐拘束した敵パイロット2名をギロチンにかけようとするもリガ・ミリティアの妨にあう。鹵獲されたカイスギリーのビックキャノンがズガン艦隊を、大損を与え、直後に中破する。リガ・ミリティアサイド2宙域から後退。
0153.05.19 モトラッド艦隊が面より地球へ向けて発進。
0153.05.21 モトラッド艦隊がリガ・ミリティアの追撃を振り切り、地球の大気圏に突入。
0153.05.22 地上でマリア主義の信仰が深かった海洋都市アンダーフックが、両軍の戦闘により壊滅。
0153.05.24 モトラッド艦隊がメキシコ湾のタンピコより上陸。地球クリーン作戦」が開始される。ゲリラを蹴散らし湾差別に轢き潰しながら、北大陸北上
0153.05.28 ザンスカール帝国と地球連邦軍の間で休戦協定が発効される。
0153.06.05 休戦協定を機に地球連邦軍の駐屯地になっていたラゲーン基地の残存部隊が、武装解除せず独でリガ・ミリティアに大規模な攻撃をかけるも全滅
0153.06.08 連邦軍の手に落ちたラゲーン基地をMSザンネック下より狙撃。同基地は壊滅。
0153.06.12 リガ・ミリティア連邦軍ムバラク艦隊の連合艦隊が行動を開始。ドラステア級2番艦ラステオを含む、モトラッド艦隊の一部が撃破される。
0153.06.18 エンジェル・ハイロゥ完成地球へ向けて発進。内部で女王マリアによる起動テストが行われる。
0153.06.21 エンジェル・ハイロゥ地球の軌上に到達。サイコウェーブを照射し、地上の生物への効果を確認。本格的な降下作戦に突入。
0153.06.22シロ艦隊がエンジェル・ハイロゥに接舷。シロ・ヴァゴ大佐が造反し、女王マリア拉致そのまま戦線を離脱しようとするも、リガ・ミリティアの追撃を振り切れず艦隊ごと全滅。これにより女王マリア死亡
0153.06.23 成層圏まで降下したエンジェル・ハイロゥ阻止せんとするリガ・ミリティア連邦軍の連合艦隊が、総力戦を開始。ベスパモトラッド艦隊・ズガン艦隊・女王近衛部隊を集結させ応戦しい抵抗の中で、リガ・ミリティア戦艦がアドラステアに特攻をかけ両艦の核融合炉が大爆発。密集していた付近のモトラッド艦隊が全滅し戦局が動き出すと、ファンセ・カガチ宰相、ムッターマ・ズガン中将クロノクル・アシャー大尉などの要人物が一気に全滅揮系統が壊滅。同時にエンジェル・ハイロゥマリアの祈りによって突如分解をはじめ、両軍を巻き込みながら大気圏外へ上昇。ザンスカール戦争終結。

主な用語

関連商品


関連動画


関連静画

関連コミュニティ


関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP