今注目のニュース
悪を執行する『ワンパンマン』ガロウがねんどろいどで登場
がん検診結果の誤通知で女性が死亡 「問題が起きた理由」に非難殺到
「水曜日のダウンタウン」トリオの人気格差検証

ザ・カゲスター単語

ザカゲスター

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『ザ・カゲスター』とは、1976年4月5日から11月29日にかけてNET(現:テレビ朝日)系列にて全34話が放映された東映制作特撮テレビドラマである。同年7月22日には東映まんがまつりの一編として劇場版開された。

概要

影から生まれたヒーロー役とした特撮ヒーロー作品。アメコミを意識した作りで、序盤は毎回異なる素顔をした悪人と戦っていたが、後に着ぐるみ怪人を繰り出す悪の組織サタン帝国」との戦いに路線変更した。
ちなみに原作者が八手三郎名義の最初の東映特撮作品である。また、後に数々の東映特撮を演出する長石多可男の監督デビュー作で、OP・EDの演出も長石監督が担当している。

サブタイトル最終回を除いて「○○犯人怪人名】(の)作戦!」で統一されている。

2013年2月25日から6月23日にかけてYouTubeの東映特撮YouTubeOfficialexit無料配信された。

あらすじ

魔人は身代的に村コンツェルンの嬢・子と、同行していた部下・姿影夫を誘拐した。二人は隙を見てアジトから脱出するも、逃走中に高圧電線へ落下してしまう。だが、落下した二人を見る蝋燭魔人一味の前に二つの影が・・・

は、カゲスター!」あたしは、ベルスター!」

影夫と子の影から生まれた二人の魔人は、見事に蝋燭魔人を打ち倒した。
かくして、影夫と子、そしてカゲスターとベルスターの戦いが始まったのであった。

登場人物

風村コンツェルン

姿影夫 (演:立花直樹
村コンツェルンの秘書課に勤務するサラリーマン正義感の強い勇敢な若者で、カゲスターという分身を得てからは共に悪と戦う。普段は上子含む)に頭が上がらず、またを苦手としている。その程度は悪人を追っているカゲスターを呼び戻すほど。
子 (演:早川絵美)
村コンツェルンの社長嬢で、影夫と同じく秘書課に勤務している。13話からは社長である父親からフィッシングショップの経営を影夫と共に任された。が付いたブレスレットをしており、危険を察知すると彼女にしか聞こえない情報を知らせる。
社長 (演:天草四郎
村コンツェルンの社長。部下に厳しいが、子には非常に甘い。妻の名は牧子(演:浜田ゆう子)。
部長 (演:小松政夫)
村コンツェルンの総務部長社長子には媚びているが、姿にはことある毎にを落としている。

警察

屯田警部 (演:小林昭二
警視庁の自称「名警部」だが、意気込みとは裏にあまり頼りにならない。美人キスすると勘が最高に冴えるという妙な体質。
刑事 (演:純夫)
屯田警部の部下。上って役に立たない。

その他

屯田タケシ (演:佐野伸寿)
屯田警部の息子。(カゲスターたちに打ちのめされて抵抗できない)悪人共を逮捕する日本一の警部であると信じている。
千秋 (演:渡井直美)
フィッシングショップで働くアルバイト子と影夫がしょっちゅう店を抜けるため、実際には彼女が一人で切り盛りしている。

サタン帝国

ドクターサタン (納谷悟朗
世界征服を企むサタン帝国の首領で、ツタンカーメン仮面を被っている。元ナチス科学者で、怪人を製造して使役している。

影の魔人

カゲスター

影夫の影から現れる分身。影夫の「影よ、ゆけ!」の掛けで影の心臓き、カゲスターとして分離する。独立した自を持っており、カゲ輪やカゲハンマーなどの技で悪人怪人達と戦う。カゲスターが行動している最中は、影夫は虚脱状態に陥って満足に動けなくなってしまう。なおこの設定に関しては中盤以降立ち消えていき、影夫たちが直接変身するような描写になっていった。
生理由については影夫が「高圧線に触れたときに細胞が分裂作用を起こした」と推測しているが、結局よくわかっていない。

頭部の地にの渦巻き模様、ギョロッとした模様のマント…と、東映が世に送り出したヒーローの中でも特に奇抜なデザインをしている。劇中でもその印は変わらないらしく、1話から敵に「化け物」呼ばわりされている。

ゲロベェ (:沢りつお)
を持ったカゲスターの影。影が伸びる形で自由に動き回れる上に実体化も可で、そのサイズ自由自在。カゲスターのことは「親分」と呼ぶ。実写シルエットを合成したり、アクターい装束を着たりすることで描写された。を演じる沢りつおはナレーターも兼任している。
フラッシャー
カゲスターの専用で、実際にはを発するもの。などに照射した光の中に浮かんだシルエットからマシンが実体化する。
ゲロカー
専用フラッシャーが放ったに浮かぶシルエットから実体化する専用バイク
ゲボーシ
カゲスターとベルスターの飛行母艦。機首は顔のようになっており、口のハッチからカゲロカーベルカーを収納する。機体下部のハッチから降ろされるコンテナを使い、地上から直接乗り込むことも可本編での発音は「カゲボーシ」だが、EDの歌詞玩具では「カゲボシー」と表記されている。

ベルスター

子の影から現れる分身で、出現方法などはカゲスターと同じ。重としたデザインで、頭部の渦巻き模様は地に。カゲスターと相違ないを持ち、独立した自や、行動中に子が虚脱状態になる(及びその設定が立ち消えてしまう)点も同じである。カゲスターと違い人間のような姿で、口元や両手両脚の一部が露出している(『仮面ライダーストロンガー』のタックルに近い)。

ゲロベェ (:沢りつお)
カゲスターのものと同じく、自を持ったベルスターの影。彼女のことは「御」と呼ぶ。
フラッシャー
ベルスターの専用。機はカゲスターのものと同様。
ベルカ
ベルスターの専用バイクフラッシャーに浮かんだシルエットから実体化する。

主題歌

オープニングテーマ太陽!カゲスター!」
作詞八手三郎作曲渡辺岳夫編曲松山裕士/歌:水木一郎

エンディングテーマスター!スター!カゲスター!」
作詞八手三郎作曲渡辺岳夫編曲松山裕士/歌:水木一郎コロムビアゆりかご

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP