シェイクスピア(Fate/Apocrypha)単語

シェイクスピア

3.3千文字の記事
掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

シェイクスピアとは、 小説Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントである。

CV稲田徹

イラスト倉花千夏 / 設定制作賀東招二

なお、記事ではこれ以降シェイクスピアと表記する。サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

概要

英国伝説的な劇作家フルネームウィリアム・シェイクスピア
中世ヨーロッパ落た衣装を身にい、口を整えた伊達男一人称は「輩」。
物語』至上義を掲げており、手段を選ばずにでも"最高の物語"を撃したいと考える。
根本では「マスター」より「物語」に仕える存在であることに注意が必要。

戦闘皆無であり、本人もそれを理解しているので可な限り前線に立つことは避けたがる。
そのため良くも悪くも当事者感覚が薄く、視点作家的。
相手を値踏みし、人間は冷淡に扱い、逆に非な人物には不遜な質問を繰り返す。
 
"死亡フラグ"などの現代物語的言い回しを好む他、発言に自身の著書から台詞引用する癖がある。
おかげで登場シーン毎に適した台詞必死になって探さなければならず、更に既存の翻訳をそのまま使う訳にもいかないので原文から引っってそれっぽく独自訳する必要があり、描写が物凄く大変だったというのは著者である東出氏の談。
奈須きのこく「他のキャラだと1行で済むところが、3行に膨らんでしまうキャラ」。

伝説

エリザベス時代のイギリスの劇作家詩人1564年-1616年)。
西洋世界を代表する作家であり、現代のあらゆる文芸作品にを与える。
代表作は四大悲劇と呼ばれる『オセロー』『マクベス』『ハムレット』『リア王』の他、『ロミオとジュリエット』『真夏の夜の夢』など。
父親ストラトフォードの有者だが、シェイクスピアが高等教育を受けたかどうかは諸説ある。
他にも経歴に7年の空白があるなど、が多い。
作家として初期は喜劇を中心に創作し、後に史劇、壮大な悲劇へとスタイルを変えていった。
当時は胡散臭い職業とされていた役者としても活動しており、権威ある人々からは中傷や冷笑を受けていたとも。

ステータス

:E 耐久:E 敏捷:D 魔力C++ 幸運:B 宝具:C+

保有スキル

地作成:C

魔術師として、自らに有利な地を作り上げるキャスタークラス
だが彼が作るのは工房ではなく、物語を紡ぐ"書斎"である。

具作成:‐

同じく魔力を帯びた器具を作成するキャスタークラス
スキル『エンチャント』によって失われている。

エンチャント:A

概念付与。
の物品を自信の執筆によって『概念礼装』へと昇させる。
基本的にはマスターを戦わせる為の強化スキル

自己保存:B

マスター事である限りはどの危機から逃れられることのできるスキル

キャスタークラスであるにも関わらず、「地作成」「具作成」のクラスをまともに活かすことができない。
というのも、あくまで彼自身は劇作家及び詩人であって「魔術師」ではないため。
魔力値もC++と一時的な倍化は可だが、キャスタークラスとしては低め。

その代わりに「エンチャント」「自己保存」などの特殊なスキルを保有している。

特に「エンチャント」は人間である【マスター】を英霊たる【サーヴァント】と互に戦わせるほどの強化を施すものであり、基本的にはサーヴァント>>>人間という差がある中で、それを覆せるほどの強化を持つこのスキルある意味破格だとも言える。
作中ではシロウ・コトミネの所持する日本刀に対してエンチャントを行い、Cランク程度の宝具に昇させた。 

論、マスター自身の戦闘力に期待できなければ扱い辛いサーヴァントであることに変わりはないが。

宝具

さあ、宝具の幕開けだ!席に座れ!煙草は止めろ!写真お断り!
野卑な罵御免!世界が手、舞台!開演を処に―――万采を!


国王一座(The Globe/ザ・グローブ)
ジェームズ一世が後援した、シェイクスピアの在籍していた劇団。
出現した役者が自在に姿を変え、対を謀る。
相手のよく知る人物を演じることも可で、魔術の心得がある者は抵抗を試みる機会がある。
なお企画段階でのみ存在した宝具で、没案となり小説では登場しない。

開演の刻は来たれり、処に万采を(First Folio/ファースト・フォリオ
ランク:B / 種別:対人宝具 / レンジ:1~30 / 最大補足:1人 
企画段階≫
結果を竄する本。の前で起きた事を、一定回数までやり直せる。
何度戦っても敵わない相手にはだが、倒せる可性がある相手には有効。
発動には「NON SANZ DROICT(権に非ず)」の詠唱が必要。
小説版≫
国王一座』と似た上位互換の効果を持つ宝具として使用されている。

 宝具名(ファースト・フォリオ)は死語初めて出版されたシェイクスピアの全集の名前から。

Fate/Apocrypha

"サーヴァント"の一騎として登場。

至上の物語めており、そのためには多少の欺瞞や唆しも良しとする。
事態を狂わすトリックスタートラブルメーカーであることは本人も認めるところ。

アサシンマスターであるシロウ・コトミネを同じく「マスター」と呼び、彼の計画に協している。
シロウが自身の作劇を存知ないと知ると肩を落とし、書店で購入してきた自書(『シェイクスピア大全集』)を薦めていた。

Fate/Grand Order

レアリティ2のキャスターとして登場。リリース当初から実装されているサーヴァントの1人。

1部シナリオでは第4特異点にてアンデルセンと共に登場。相変わらず積極的に戦おうとはしない。

ゲーム内性能

初期実装の恒常キャスター

全体的な性サポート寄りだが、本人もアタッカーとして活躍することは一応可
同じ2作家キャスターであるアンデルセン較されることが多いが、しっかり差別化されている。

エンチャントの強化倍率は良いため、バスター攻撃のバッファーとして起用したい。

関連動画


関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/27(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/27(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP