システィーナ=フィーベル単語

システィーナフィーベル

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

システィーナ=フィーベルとはライトノベルロクでなし魔術講師と禁忌教典』の登場人物である。ツンデレ CV藤田茜

概要

ヒロインの一人。アルザーノ帝国魔術学院の生徒魔術の名門フィーベルの一人
銀髪美少女で「」と形容されるような挙動が立つことからグレンからは「白猫」の称で呼ばれている。
紆余曲折を経て3年前にフィーベルに引き取られたルミアとは姉妹同然の仲。

学年トップの秀才で生な性格の美少女ではあるのだが、気が強い性格のため、「お付き合いしたくない美少女」「説教女神」「(ミスリル)の妖精」(は非常に美しいが、同時にとてつもなく硬く、融通の利かない扱い難い金属でもある)などと呼ばれ、男子から人気の高いルミアとは対照的に男子生徒からの評判はその性格の一点のみが原因(一時的に記憶を失い性格が変わった時には人気が出たため)でズタボロになっている(同じクラス美少女になじられたがるドM男子までいるにもかかわらず、である。ぶっちゃけシスティーナを除いたクラス女子生徒男子の好みを網羅できてしまうのもあるが)。
素直になれない性格のせいで、ルミアや周りの人物が意図をんでカバーすることもしばしばあり、いろんな意味で「面倒くさい子」と思われている。
また体も控えめであり、本人く「沢山食べてもつきたいところにはつかず、腕やおまわりなどついて欲しくないところにばかりつく」体質なので節食を心がけており、「沢山食べてもつきたいところについている」ルミアとはいろんな意味で対照的である。

魔導考古学の権威であった祖の影を受けて、将来メルガリウスの天空城に到達することを祖約束した。
的な「メルガリアン」であり、魔導考古学に関する造詣は非常に深く、それらについてり始めると止まらなくなる一面がある。括弧の中に「−(略)−」が入るのもしばしば。披露する知識の中にはルミアの正体や《禁忌教典》に関するものもありそうなので一読者としては凄く気になるが、作中ではよくスルーされている。ずっと一人で喋っているためか、よくエスカレートしていく。何の話をしていたのかは不明だが、「むしろ私がなのよッッッ!という結論に至った事もある。毎日のように学食でルミアと一方的魔導考古学の議論をしている。



前述の経緯から、魔術の勉強にも情熱を傾けて摯に取り組んでおり、「講師泣かせのシスティーナ」というありがたくない二つ名で知られるようになるほど新任の講師に厳しい。ex)分かりにくい所はどこまでも突っ込んで質問する。曖昧に誤魔化そうとしても追及する。そのに向かってまっすぐ進む姿勢はグレンにかつての自分を思い出させるのか、影を与えてグレンが立ち直るきっかけとなる。

には弱く、危機した際には温室育ちの若干15歳少女然とした精的な弱さが露呈してしまう。
また魔術に関する適性が非常に高いため、それらを好んで使用する。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/31(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/31(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP