今注目のニュース
ASUSとASRock、売れているのはどっち? 今売れているマザーボードTOP10!
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も

シビック単語

シビック

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シビック(アルファベット表記:CIVIC)とは、ホンダ(本田技研工業)が製造・販売するハッチバックまたはセダン乗用車である。日本では7代までが小乗用車、8代からはミドルクラスという位置づけであった。ヨーロッパではCセグメント、アメリカではコンパクトカーに該当する。

概要

四気筒エンジンを横置きにするFFFront Engine Front Drive)小として、1972年に登場した。

ではCVCC採用の初代シビックが大気汚染防止のための自動車ガス規制法のマスキークリア一号を達成した。それ故、環境問題に関心がある有名人・知識人に非常に評価が高い御用達ブランドとなった。現在エコカーの先駆者である。

従来はハッチバックであったが、2001年に販売を開始した1クラス下(Bセグメント)のフィットが売れに売れまくってハッチバック版シビックの需要をも食い潰す現が起きてしまった。同時にこの頃の欧市場のCセグメントはボディサイズを軒並み拡大する方向にあり、その寸法は一昔前のDセグメントに相当する大きさにまで膨らんでいた。内外双方の販売事情に対応すべく、シビックは2005年エンジン体とも大きくしたミドルクラスへとサイズアップするとともに、内においてはセダンのみ販売することとなった。しかしこれが災いして内の販売台数は落ち込み、2010年日本での販売を終了。以降は海外輸出限定の種として製造・販売されることとなった。

TypeRと言う走り屋御用達のスポーツレース走行向けグレードもある。

歴史(日本)

初代(1972年~1979年)

1972年発売。
ボディタイプは、発売当初は2ドアセダンであったが、発売翌には3ドアハッチバックが追加された。
エンジン1200ccトランスミッションは4速マニュアルのみ。

1973年5月には一部良を実施。
ホンダマチック搭載が追加された。
同年には4ドアセダン1500ccエンジンCVCCの有で2種類あり)が追加された。

1974年にはスポーツモデルの「RS(ロード・セイリング)」を追加。
このモデルには高出タイプ1200ccエンジンや5速マニュアルが搭載されていた。
また、5ドアバンも追加されている。

1975年には全CVCCエンジン化され、RSには1500ccエンジンが搭載された。
翌年には4ドアセダンに1.2リッターモデルが追加された。

1977年には5ドアハッチバックを追加。
これを受けて翌年に4ドアセダン止されている。また、1200ccエンジン100ccボアアップされ1300ccとなった。

1979年にはモデルチェンジを実施。

2代目(1979年~1983年)

1979年発売、通称「スーパーシビック」。
ボディタイプは3ドアハッチバックのみであったが、数ヵ後には5ドアバンが追加されている。
エンジン1300cc/1500ccの2種類を設定。

1980年には4ドアセダンとバンをベースにしたワゴン「シビックカントリー」を追加。

1981年にはマイナーチェンジを実施。
ヘッドライトが丸からに変更、翌年にはリアコンビランプの形状も変更された。

1983年にはモデルチェンジを実施。

3代目(1983年~1987年)

1983年発売、通称「ワンダーシビック」。
ボディタイプは、発売当初は3ドアのみであったが、1ヵ後に4ドアセダンと5ドアゴンが追加された。
このモデルから5ドアゴンは「シビックシャトル」という名称になる。
エンジン1500cc/1300ccを設定。
このモデルではヘッドライトグレードにより異なっており、上級モデルでは異、廉価モデルではが採用されていた。

1984年には3ドアスポーツモデルの「Si」を追加。
このモデルでは1600ccのDOHCエンジンを搭載していた。
翌年にはセダンにも「Si」が追加されている。

1985年にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインが変更された。

このモデルCMには前期/後期一貫してルイ・アームストロングの「この素らしき世界」(What a Wonderful World)がCM曲として使用されていた。

1987年にはモデルチェンジを実施。

4代目(1987年~1991年,シャトルは1987年~1996年)

1987年発売、通称「グランドシビック」。
このモデルでは3ドアハッチバック/4ドアセダン/5ドアシャトルの3種類が同時に発売されている。
エンジン1600cc DOHC/1600cc SOHC/1500cc SOHC/1300cc SOHCの4種類を設定。
トランスミッションは、4速オートマチック、5速マニュアルの2種類を設定。
駆動方式は、従来のFFのほかにリアルタイム4WDが設定された。4WDモデルスーパーロー付の5速マニュアル(なので実質的には6速マニュアルになる)のみであった。
発売当時のグレード編成は以下の通り。
3ドア(2WD):23U/23L/25R/25X/Si/Si EXTRA
4ドア(2WD):35U/35M/35X/35X EXTRA/36i
4ドア(4WD):RTX 4WD/RTX 4WD EXTRA/RTi 4WD
5ドア(2WD):55X/55X EXTRA/56i
5ドア(4WD):RTX 4WD/RTX 4WD EXTRA/RTi 4WD

1988年には一部良を実施。
4WDにA.L.B(アンチロックブレーキ、当時は商標の関係でABSが使用できなかった)の付加した「INTRAC」を追加、同時に4WDでもオートマチックが選択できるようになった。
また、セダンにスポーティモデルの「35XT」が追加された。
36iはモール類がカラード化され、名称を「36i Limited」に変更した。

1989年にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインが変更されたほか、3ドアVTEC搭載のB16A(1600cc DOHC)エンジンを設定。
マイナーチェンジ直後のグレード編成は以下の通り。
3ドア(2WD):23U/23L/25R/25X/25XT/Si/Si EXTRA/SiR/SiR II
4ドア(2WD):33U/35M/35M EXTRA/35X EXTRA/36i Limited/35XT/Si
4ドア(4WD):RTX/RTX EXTRA/RTi Limited/RT-Si
5ドア(2WD):53U/55X/55X EXTRA/56i
5ドア(4WD):RTX/ RTX EXTRA/RTi

1990年には一部良を実施。
3ドアに「25XT Formula」、4ドアに「35XT Formula」、5ドアに「RTi Limited Edition」が追加された。

1991年には3ドア/4ドアモデルチェンジを実施、5ドア継続生産される。

1994年にはRVの外装パーツをまとった「ビーグルシリーズを追加。

1996年にはシャトルの生産を終了、後継モデルオルティアが発売された。

5代目(1991年~1995年)

1991年発売、通称「スポーツシビック」。
ボディタイプは3ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類。この代からセダンには「フェリオ」のサブネームがつけられた。
3ドアリアハッチは他と違い、レンジローバーなどと同様の上下分割タイプであった。
4ドアには、通常の5人乗りのほかに4人乗りモデルも用意されていた。
エンジン1300cc SOHC/1500cc SOHC/1500cc SOHC VTEC/1500cc SOHC VTEC-E/1600cc VTECの5種類を設定。
駆動方式は、2WDのほかにセダンのみ4WDを設定。
燃費重視モデルの「ETi」というグレードが存在したが、初期モデルでは5速マニュアルのみで運転席エアバッグを標準化、パワーステアリング非装着というわけのわからない仕様だった。

1993年にはフェリオに1600cc SOHCエンジンを追加。
また、米国生産モデルであるクーペが追加された。

1995年にはモデルチェンジを実施。

6代目(1995年~2000年)

1995年発売、通称「ミラクルシビック」。
ボディタイプは3ドアハッチバックと4ドアセダンであるフェリオの2タイプ。3ドアのハッチゲートは従来タイプに戻っている。
エンジン1300cc/1500cc SOHC/1500cc 3Stage VTEC/1600cc VTECの4種類を設定。
トランスミッションは、従来の5速マニュアルや4速オートマチックのほかに、CVTであるホンダマルチマチックSが設定された。

1996年には米国生産のクーペを追加。

1997年には高性モデルの「シビックタイプR」を追加。
これにより従来のレースベース止された。
4ドアセダンには「LEV」を追加。
このモデルは排出ガス中の有物質を低減する技術を搭載したエンジンが採用されていた。
また、同年にはクーペが短期間で止された。

1998年にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインが変更された。
また、セダンに初代以来となる「RS」の名を冠した「Vi-RS」が追加された。

2000年にはモデルチェンジを実施。

7代目(2000年~2005年)

2000年発売、通称は「スマートシビック」らしいが、ほとんど認知されていない。(実際、この項を書いている私も書く直前まで知らなかった)
このモデルから3ドア止され、4ドアセダンフェリオと5ドアハッチバックのみになった。
エンジン1500cc/1500ccリーンバーン/1700ccの3種類を設定。

2001年には一部良を実施。
電動アシスト付きガソリンの「シビックハイブリッド」が追加された。

2002年にはセダンに上級グレードの「XL」を追加。

2003年にはマイナーチェンジを実施。
外装デザインが変更された。

2005年にはモデルチェンジを実施。

8代目(2005年~2010年)

2005年発売。
このモデルからセダンのみとなり、従来のハッチバックモデル止された。
従来のシビックよりもクラスが上がっており、幅の関係で3ナンバーとなっている。一時のアコードよりも大きくなってしまった。
エンジン1800cci-VTECを搭載。ハイブリッドの設定もあった。

2006年には2000ccエンジンを追加。

2008年にはマイナーチェンジを実施。
リアランプのデザインが変わった。

2010年には生産を終了。

なお内においては、10代シビックをベースとしたタイプRが2015年10月より1,000台限定で販売される予定である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

掲示板

  • 15ななしのよっしん

    2016/01/26(火) 22:02:21 ID: cfT32y6npU

    親父の知り合いでレースやってる人がEK9使ってて、一回だけ運転させてもらったけどコーナリングも直線加速も本当に楽しいだったわ。
    ただその楽しさってのがVTECもあるけどなにより「軽さ」由来のものだから今度のタイプRはとても買おうとは思わんのだよなぁ…(買えるとは言ってない)
    86BRZといいロードスターといいアルトワークスといい、軽量スポーツ人気有るんだからホンダも軽でお茶を濁してないで軽量スポーツ復活させて欲しいわ

  • 16ななしのよっしん

    2017/09/02(土) 01:28:57 ID: QMn44PeyjE

    最近のシビックCMトランプ大統領の嫌がらせに対する意趣返しとも取れる

  • 17ななしのよっしん

    2018/05/02(水) 18:17:43 ID: vheHqwkQ3O

    タイプRはなんかラリー走りそうなごつい見ただなw

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP