シホ・ハーネンフース 単語

17件

シホハーネンフース

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シホ・ハーネンフースとは、『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に出演する登場人物である。

モデルとなった人物は玉置成実
ゲームにおける声優大本眞基子

概要

劇中での活躍

機動戦士ガンダムSEED

元よりプラントの軍人であったわけではなくて向性エネルギー発振を研究する技術者であったのだが、GAT-Xシリーズデータから開発されたシグーディープアームズのテストパイロットに任命されて軍属になる。制服で当初はザフト地上部隊所属しテスト運用していた際にロウ・ギュールが取得した特殊偵察バクゥデータ奪還の任務を受けてレッドフレームと交戦するが、ロウの機転で追跡できなかった(ただ、バクゥの頭部をロウが放棄しているのでデータは回収出来た模様)

後にクルーゼ隊やジュール隊へ配属、ボァズ→ヤキンドゥーエと転戦し終戦まで生き残った。その際連合エースパイロットレナ・イメリアとも交戦している。

性格は『普段は勝気だけど根は女の子』。機体の左肩にホウセンカのマークを施すのだが、この意は『好意を抱いているイザークから「四方へビームを放つ様」を例えられたため』とも『本人の思い付き』『メカニック達の独断』ともいわれており、実際のところは不明(ガンダムエースの別冊コミックエピソードられている)
本編でもたびたび出演するものの、『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ(PS2)』まで声優がつくことはなかった。

しかし機動戦士ガンダムSEEDにおけるモブキャラの中では非常に優遇され、2012年に放映されたHDリマスターでは彼女も新規作画へ変更されているシーンがあるほか、店頭PVスペシャルエディションの『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』でも出演(上記のロウとの交戦も処から)、コミック版ではザフト連合停戦の特使として各地を周っている姿が描かれている。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

その後研究機関に復職していたが、ユニウスセブン落下事件の時にジュール隊に復帰。専用カラーザクウォーリアで出撃している。この時(DESTINY ASTRAY本編)にマーズジャケットを装備したレッドフレームと遭遇。退避警告を送っている(本人は対峙した機体とは気づかなかった)。
第一期EDではイザークやディアッカと共に登場するほか、PHASE-9から出演している。またスペシャルエディションの追加されたエピローグで登場している。

ゲームでの活躍

機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E.

プレイヤーが使用できるキャラクターとしても使えるほか、専用のシナリオも用意されている。なお、声優がついた初作品でもある。
当作品のロウ・ギュールシナリオで、スペシャルエディションに登場したシグーディープアームズが彼女の搭乗していた機体だと判明する。

SDガンダム GGENERATION OVER WORLD

コレクションを80%までえると貰えるキャラクターとして登場。
初期パラメータでは射撃と反応がイザークをえる数値のほか、初期アビリティにホウセンカが当てられている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/18(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/18(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP