シムシティ4単語

シムシティフォー

2.3千文字の記事
掲示板をみる(185)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シムシティ4とは、都市開発シミュレーションゲームであるシムシティ(SimCity)シリーズの第4作である。

概要

Maxis(マクシス)が開発しエレクトロニック・アーツ(EA)社によって2003年に発売されたPCゲーム。基本的なゲーム内容に関してはシムシティの項を参照してほしい

前作Simcity3000との違い

基本仕様は前作SimCity3000に近く、プレイの方向性も似ているが、グラフィックや一部のシステムは飛躍的な進歩を遂げている。

  • 地形がフル3Dになり、表現が滑らかになった
  • の表現が一新された。大きなビルの日陰がほかの建物にかぶったりする(さすがに日照権の概念はない)
  • 全に坦な土地でなくても建物を建てられるようになった。斜面にり付くようなを作ることもできる
  • 建造物のディテールがきめ細かになり、付属のオブジェクトも増量されている
  • ゲーム内のシムの生活や勤労も描画されるようになっている。
  • 一つのマップだけを開発するのではなく、いくつものマップで構成された巨大な地域全体を開発・発展させることができるようになった。隣接するマップ同士を交通機関インフラで繋ぐことで都市間の労働人口や需要と供給がし合うため、1都市だけで需給バランス完結させるだけでなく、都市ごとの特色を出してうまく組み合わせてより大きな地域として発展させることもできる。1都市に留まらない地域開発が都市経営シミュレーションとしての面みを増している
  • シムピープルの個人データを導入し、市民としてに居住させることができる

拡張パック

2003年9月には拡パック「シムシティ4 ラッシュアワー(RH)」が発売され、いくつかの新要素が追加された。

  • 大通りや一方通行など、道路の種類が追加された。より交通需要や予算、都市計画に沿った交通網の構成が可になった
  • 高架鉄道が追加され、地下鉄と接続可(ただしなぜか地上の鉄道とは接続できない)
  • より大人数を収容できる、拡された公共施設が利用できるようになった
  • 難易度設定が追加された
  • 処理速度若干善がなされている。なので実は拡版のほうが必要スペックが低い

また、無印と拡パックを同梱した「シムシティ4 デラックス」も発売されている。

MOD

英語版公式サイトで配布されているツールを使うことで、都市に設置する建物自作することができる。既存の建物を組み合わせて新しい建物を作るツール(LOT)と、LOTのレパートリに自作オブジェクトを追加するツール(BAT)がある。秀逸な作品をネット開している職人も多く、上手く使えれば自分のイメージする都市をより忠実に再現することができる。

また、ゲームシステムに手を加えるMODも多く配布されている。特に、NAM(Network Addon MOD)と呼ばれるMODは交通システム観の大幅な良が可であり、多くの市長が導入している。このNAM2010年となった今でもメジャーアップデートが行われており、世界的にもシム4廃人が未だかなりの数存在することを明している。

ただしシムシティに限ったことではないが、海外MODの導入は(特にPC初心者には)難易度が高い。詳細に説明しているページもあるので、手をつける際は十分下調べすることをお勧めする

スペック問題

上記のように非常に凝った作りのせいか、2003年当時はハイエンドPCを持ってしても快適に動作させる事は困難ゲームとして有名であった。あまりに重いので、アメリカデジタル系雑誌「WIRED」の記事exitなるほどであった。以下に記事の冒頭を引用する。

1.5GHzプロセッサーに1GBのメモリ、加ATIテクノロジーズ社のグラフィックカード『ラデオン8500』を搭載したコンピューターの性に不満を感じるのはどんなときだろう? それはおそらく、人気ゲームシムシティ』の最新版をプレイしようとするときだ。

ここで例に挙がっているスペックは、当時の価格で構成するには十数万円かかるミドルアッパークラスである。それでもなお、このゲームをぐりぐり動かすには事足りなかったわけだ。

それから7年経ち、ハードウェア周りもすっかり進化した今では、要スペックに対する不満は過去の物となっている……はずなのだが、古いゲームのためマルチコア非対応であり、最新のPCでは工夫しないと安定して遊べない困りもの。ユーザー報告のため非公式だが、Windows Vista(x64含む)でも一応動作するようだ。またwindows7でも一応動作は可らしいが、特別軽く動作する訳ではいとの事。

現在ではシムシティ4と拡パック(RH)を同梱した「シムシティ4 デラックス」がお手ごろな価格で販売されている。

ちなみに、台湾で販売されているバージョン「模擬:福爾摩沙(シムシティフォルモサ)」では、特別バージョンの物件・マップオープニングが、制作側によって作られた。

関連動画

字幕プレイ

実況プレイ

 

 

架空戦記系

解説動画

その他

関連静画

関連商品

「今からシムシティ4を買いたい」という人は、廉価版であるEA BEST HITS版のデラックスを買うのがおすすめ。なお、Steam版は英語かつ日本語化手法が確立していないので、素直にパッケージ版を買った方がいいだろう。

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 183ななしのよっしん

    2021/06/14(月) 00:20:39 ID: zop3S6r8/P

    懐かしいわ
    シムシティフォースとかまだあるのかな?
    ああいう攻略サイトとか眺めるだけで一日潰してたなぁ・・

  • 184ななしのよっしん

    2021/10/08(金) 11:11:44 ID: 6uf8KZK06+

    ゴミ問題が面倒だから初手でゴミ焼却発電所建ててたけどこれは悪手ではないんだろうか…

  • 185ななしのよっしん

    2022/05/26(木) 14:36:11 ID: u6RN28E/Mq

    エネルギー発電所は発電しなくてもゴミ燃やしてくれるからいいね
    これをメインにしようとするのは危険だけど

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/05(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/05(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP