シャギア・フロスト単語

シャギアフロスト

掲示板をみる(62)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シャギア・フロストとは、アニメ機動新世紀ガンダムX」の登場人物である。声優森川智之

概要だ、オルバよ

双生児フロスト兄弟身長185cm、体重72kg。双子なのでのオルバと同じく19歳である。
だから、シャギアさんじゅうきうさいなんて表記したり考えてはいけな…おっと、誰か来たようだ
きっと39歳でも見たは変わらないだろう。

オルバ・フロストといつでもどこでも意思疎通ができるツインズシンクロティを持ち、新連邦内でもオルバとともに的の為に暗躍する。
前述のとおり、特殊なを備えていたことでニュータイプ補として訓練、研究を受けていたが、フラッシュシステムに対応しなかったことで切り捨てられ、似て非なる紛い物、として「カテゴリーF」の烙印を押された事により、世界を憎み復讐することを志す。
的の為には手段は選ばない非情さ、オルバにはない冷静さを持つ。

ニュータイプへの憎しみを原動に権謀術数を用いて新連邦内の地位を高め、ガロードたちの前に立ちはだかる。

初登場は3話、フォン・アルネイティブの研究所に攻撃、警備のドートレスを蹴散らし、フォン・アルネイティブに雇って欲しいと面会をめ(脅し)た。
フリーデンに研究材料ティファが奪われたコトを看破し、危険に思ったアルネイティブで撃とうとした所を、会話中に弄っていたチェスの駒(クイーン)で絶妙なコントロールで弾き落とし、新しくナイトの駒を手に取り、ティファを取り返すと宣言。
それに対して、「囚われのクイーンにナイトのお出ましと言うわけか!」と言われると、チェスの駒とかけたのか、自分の機体であるヴァサーゴを見ながら、3話のタイトルにもなっている台詞、「私の愛馬は凶暴です」と言い、不敵に笑うというインパクト大な登場をする。以後、ガロードたちフリーデン一行に立ちはだかる。

常に沈着冷静だが、カテゴリーFの名で呼ばれた時は顔をめ、怒りをあらわにしている他、最終決戦ではいつも自分が諌めているオルバよりも焦って攻撃を示してしまっている。内面では意外と熱い性格なのかもしれない。
チェスの腕はかなりのもののようだが、「が得意でしたので」と言っているので、の方が上らしい。ガロードと生身で会話している時も、テーブルの下で構えていたを足蹴にし化させるなど、一個人としてのもあるようだ。
また、昇進の凄まじいスピード大尉少将)を見ると、軍内部での立ち回りの才にも長けていると思われる(劇中ではあまり描かれていないが)。三話で弄っていたタロットカード趣味なのかポーズなのかよく分からないが、当たっているような節がある。
ちなみに、シャギアという名前は、髪型シャギーがかっているから。

な搭乗機はガンダムヴァサーゴガンダムヴァサーゴチェストブレイク

名言集

などがある

雑談だ、オルバよ

切り札

5話

シャギア「切り札は最後まで取っておくものだよ…」

9話

シャギア「手間を取らされた…(ザコに)。しかもメガソニック(切り札)のエネルギーを使い果たすとは…!」

オルバ『大丈夫が援護するから…』

 

なんか言ってやれよオルバ。

こんな面もあるが、されているキャラガンダムXにはくてはならないキャラである。隠れファンも多いようである。

別に隠れなくていい、ファンは大手を振ってファンだと言しよう、兄さんとの約束だ。 

関連動画だ、オルバ

大人買いだ、オルバ

関連コミュニティ

オルバよ、関連項目へ撤退だ

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/03(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/03(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP