今注目のニュース
オーストラリアの大規模火災に自衛隊が出動! 人間や自然、動物を守る姿に「ありがとう」の声
大人と子どもって何が違うの?楽しい人生の鍵の話
「YouTubeで見たことが役立った」 倒れた祖母の命を救った少年に賞賛の声

シャダイカグラ単語

シャダイカグラ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シャダイカグラ(1986年3月23日生~2005年4月4日没)とは、日本の元競走馬・元繁殖武豊騎手の『わざと出遅れ伝説』で有名な競馬界の一つの伝説騎手と共に作ったである。

伊藤雄二厩舎所属。騎手武豊騎手

※当記事では、シャダイカグラの活躍した時代の表記に合わせて、特に記述がい限り年齢を旧表記(現表記+1歳)で表記します。

血統概要

リアルシャダイミリバード、ファバージという血統。リアルシャダイライスシャワーでもあり、中長距離の晩成の血統ではあるが、シャダイカグラやイブキイカグラ(阪神3歳ステークス(GI)勝ち)のようにい段階のマイルレースで走ったも出しており、スピードも仕上がりのさも一流のものを伝えることのできる種である。
ミリバードは伊藤雄二調教師がをかけており、ミリバードとリアルシャダイとの交配は伊藤師の提案によるものである。

ちなみにシャダイカグラという名前ではあるが、社台グループの持ちではない。単にリアルシャダイから名前を取っただけである(リアルシャダイの方は社台の持ち)。桜花賞勝利時には勘違いされて社台に祝福の電話が鳴ったという事があったとか。こんな事はこのくらいかと思ってたら・・・→セイウンワンダー

牝馬戦線の不動の主役へ

デビュー戦は太め残りもあって2着。2戦20kg減でダート戦ながら勝利する。その後ソエにより3カの休養を余儀なくされるが、復帰初戦のりんどう賞でデビュー3年ながら既に若手No.1の誉も高い武豊騎手上に据えると、初の芝のレースでも問題なく快勝。さらに京都3歳Sでも後に阪神3歳S(GI)を勝つラッキーゲランを4身差で圧倒し連勝。
しかし最優秀3歳の座を狙って中1週で臨んだラジオたんぱ杯3歳S(GIII)では連戦の疲れが出たか2着に惜敗。最優秀3歳の座はシャダイカグラではなくデイリー杯3歳S(GII)を勝ったアイドルマリーの手に渡った。

連戦で疲れを出してしまった3歳のローテーションを反し、4歳は余裕あるローテーションを組んだ。初戦のエルフィンSでは2着ライトカラーに5身差の圧勝。ペガサスS(GIII)では最優秀3歳アイドルマリーと後にスプリングS(GII)を勝つナルシスノワールを相手に快勝。桜花賞舞台である阪神1600mの混合戦での快勝劇に桜花賞での役の座はシャダイカグラで不動のものとなったのである。

桜花賞前にシャダイカグラの仕上がりも絶好。武騎手からは「9割方勝てる。大外でもなければ」という自信のコメントが聞かれるようになった。

伝説の桜花賞

しかしシャダイカグラが桜花賞順抽選で引き当ててしまったのは、その大外18番であった。当時の阪神1600mのコースはいきなりカーブから入るため、大外がかなり不利とされていた。(現在は解消されている)
それでも2.2倍の1番人気に支持されたシャダイカグラであるが、不幸は重なるもので、桜花賞当日のシャダイカグラは仕上がりの絶好ぶりが逆にとなったのか、しくイレ込んでしまったのである。

まさかの調整失敗に頭を抱える伊藤師。祈るようにスタート見つめていた彼の瞳には、やはりというかなんというか出遅れているシャダイカグラの姿があった。場内から上がる本命党の悲鳴と党の歓喜の。ところがその後のレースは、先述のカーブの不利を解消するために先行勢がコーナーに殺到するため、いわゆる『魔の桜花賞ペースと呼ばれる程のハイペースレースが進んだため、後方待機のが有利になった上、シャダイカグラは出遅れたため苦もなく後方でコースの内に取る事が出来た。
そして先行勢がバテるのをに進出を開始すると、最後は前でホクトビーナスとの一騎打ちとなり、わずか頭差ながらシャダイカグラがホクトビーナスを交わして桜花賞を制したのである。

さて、この日の結果をみると「ハイペースレースで後方待機から勝利」「後方から苦もなく内に入れる」と、出遅れがまるで好結果をもたらしたようにも見える。そのため

「武騎手は大外の不利解消とレースハイペースを読んだために意図的に出遅れさせたのではないか」

という伝説が流れ始める。当時の武騎手意味深長コメントばかりを言うので伝説の流布に拍をかける結果となった。
・・・冷静に考えれば2着ホクトビーナスとの差はわずか頭差。勝ったからこそ良かったものの、この着差では何かの展開のアヤで入れ替わっていてもおかしくない着差である。もちろん負けていれば痛批判が出たのは間違いない。そう考えるとガチ出遅れだった、と考えるのが自然であり、武騎手も近年「ガチ出遅れでした」と述べたようである。
もちろん、ガチ出遅れであっても出遅れをカバーした武騎手の好騎乗、シャダイカグラのを貶めるものではない

その後

シャダイカグラは2冠をオークスに出走。そこで単勝1.8倍と桜花賞以上の圧倒的1番人気となるが10番人気の伏兵ライトカラーに足をすくわれ2着。

エリザベス女王杯ローズS(GII)で復帰。そこでオークスライトカラーと再び突するが8着に沈んだライトカラーに単勝1.6倍の1番人気に答え快勝。再び戦線不動の役の座につく。
かしこの辺りから強い調教がかけられていないシャダイカグラの様子、「エリザベス女王杯を最後に現役引退」という伊藤師の言葉などから
「シャダイカグラに脚部不安があるのではないか」
との噂が上がり、エリザベス女王杯では単勝2.2倍と依然圧倒的1番人気ではあるがオークスローズSよりは支持を落としていた。
そしてこのレースで(馬券はともかく)的中したのはそれでもシャダイカグラを支持したファンではなく、不安の方だった。シャダイカグラは4コーナーで右前脚の繋靱帯断裂を発症、武騎手レースを止めようとしたが、シャダイカグラは最後まで完走する意地を見せた。しかし結果としては最下位20着の惨敗。レース後にシャダイカグラには競走喪失の診断が下され、当初の予定通りとはいえ、残念な形での引退となった。(予後不良を免れたのは不幸中の幸いであるが・・・)

ちなみにシャダイカグラが故障したエリザベス女王杯の勝ちは単勝430.6倍、20人気サンドピアリスである。桜花賞に匹敵する伝説となったこのレースで圧倒的1番人気であったシャダイカグラは悪い意味で伝説に一役買うこととなってしまった。

引退後の繁殖としては2年の産駒エイブルカグラがデビュー戦をレコードで快勝したものの故障で底を見せずに引退。その後は出しの悪さもあっていい産駒を残せず、2005年に動脈瘤破裂で死亡した。
しかしエイブルカグラが牝馬三冠戦線に駒を進めたアスコマンダーを輩出しており、シャダイカグラの血は今もつながっている。

関連動画

競馬界の一つの伝説

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/18(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/18(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP