シャビ単語

シャビ

7.3千文字の記事
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

チャビエルエルナンデス・クレウスXavier Hernández i Creus, 1980年1月25日 - )とは、スペインの元サッカー選手であり、サッカー導者である。通称シャビもしくはチャビXavi)。スペインバルセロナ出身。元サッカースペイン代表現在FCバルセロナ監督を務めている。

ポジションセントラMF。利き足は右足。170cm68kg。

概要

FCバルセロナ黄金期を支えた世界的なプレーメーカーであり、アンドレス・イニエスタと共に歴史上最高とも言われている中盤を構成。卓越したパスに加え、間認識や判断も非常に優れており、時間と間を操るプレイヤーと称されていた。

ボールポゼッションを重視するバルセロナスタイルを体現するプレイヤーであり、11歳で入団したバルセロナには2015年まで所属。その間に4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝、8度のラ・リーガ優勝チームにもたらしている。

スペイン代表においても、2010年FIFAワールドカップ優勝2008年2012年EURO優勝を経験。際大会3連覇という前人未踏の偉業を成し遂げた中心選手であり、クラブのみならず代表チームでも黄金期の中心選手として活躍している。2020年には史上最高のセントラルミッドフィールダーとして、歴代ベストイレブンであるバロンドールドリームチームに選出されている。

ちなみにバルセロナでの背番号は「6」だったが、スペイン代表ではほぼ「8」を付けていた。

キャリアの晩年はカタールアル・サッドでプレーをし、2019年に現役を引退。すぐに監督業をスタートさせ、2021年11月より古巣であるバルセロナ監督に就任する。

選手としての経歴

生い立ち

スペインカタルーニャ州バルセロナタラナ出身。父親のホアキン・エルナンデス1960年から70年代にかけてカタルーニャチームプレーした元選手。

は熱狂的なバルサのクレであり、2人のサッカーを始めていたフットボール一家に生まれたことから必然的にサッカーに乗り込むようになった。自身も幼少期から熱狂的なバルサファンであり、当時のアイドルはベルント・シュスターだった。

FCバルセロナ

1991年、11歳のときにFCバルセロナの下部組織(カンテラ)に入団し、ラ・マシアに入寮。トップチーム仲間たちと切磋磨を繰り広げながら順調に成長しており、当時第一次黄金時代にあったバルサ徴といえる選手だったジョゼップ・グアルディオラはシャビの姿を見て、「あのシャビという子は特別な選手だ。4、5年もすれば間違いなく自分のポジションを脅かす存在になるだろう」と評している。

17歳となった1997年には、FCバルセロナBに昇格。チームキープレイヤーとして活躍し、セグンダ・ディビジオン(2部)昇格に導いている。この頃、イタリアセリエAの強ACミランから獲得オファーを受けるが、家族の意向もあって断っている。

1998年プレシーズンでのプレーが認められ、ルイス・ファン・ハール監督によってトップチームに引き上げられる。8月18日スーペル・コパ・デ・エスパーニャマジルカ戦で18歳にしてトップチームでのデビューを果たし、この試合でゴールも決めている。その後はバルセロナBとトップチームを行き来する日々が続くが、17試合1得点という成績を残し、トップチーム1年ラ・リーガ優勝を経験する。

その後のバルセロナはなかなかタイトルを獲得できない暗期に突入。オランダ人選手を重視し、カンテラ出身の選手を冷遇することに批判を浴びたファン・ハール監督だったが、グアルディオラが負傷で長期離脱を余儀なくされたこともあってシャビを積極的に起用。次第に中盤のとしての地位を手にするようになる。2002年3月16日レアル・マドリードとのエル・クラシコではクラシコゴール記録。2002-2003シーズンからは背番号「6」を付けるようになる。

2003-2004シーズンにはフランクライカールトが監督に就任し、クラブは新たなサイクルに入る。翌シーズンには第二キャプテンに選ばれるが、FCポルトからデコが加入。前年にトップチームに昇格したイニエスタと共に中盤のしいポジション争いの中に入るが、3人がったときは魅的な中盤を構成。このシーズンラ・リーガ優勝に貢献し、バルサ暗黒時代から脱却させる。しかし、2005年12月2日練習中に左膝前十字靭帯断裂の大怪を負ってしまい、5カ間の長期離脱を強いられる。2006年4月に復帰し、チームラ・リーガCLの二冠を達成したものの、本人にとっては不完全燃焼シーズンとなった。

その後、2シーズン連続で冠に終わり、ライカールト政権は終了。2008-2009シーズンにかつてチームメイトだったグアルディオラ監督に就任する。グアルディオラ導によって高いボール支配を実現するメソッドを身に着けたことで世界最高峰のMFに成長。クラブ史上初となるCLラ・リーガ、コパ・デルレイのトレブレ達成においてもっとも重要なキープレイヤーとなる。その後もイニエスタセルヒオ・ブスケツと構成する中盤は圧巻のポゼッションを発揮し、世界中に衝撃を与えるほどの存在となる。世界最高プレイヤーとして進化したリオネル・メッシにも決定的なパスを何度も送り、「バルサ心臓」として躍動。2010-2011シーズンにもラ・リーガCLの二冠を達成するなど、グアルディオラ政権が築いた第二次黄金時代に欠かせない存在となった。2011年バロンドール最終補をメッシイニエスタと共に独占するなど、この頃のサッカー界はバルサを中心に回っていた。このとき受賞したのはメッシだったが、シャビは「これはカンテラへの賞だ」とり、称えている。ちなみに受賞はできなかったものの、2009年から2011年までの3年間連続でバロンドール最終補3人に選出されている。

2012-2013シーズンには、カルレス・プジョルが現役を引退したことで正式にチームキャプテンに選出される。しかし、2012年6月を最後にグアルディオラが退団してからのバルサは徐々にポゼッション重視のスタイルから前線の火力依存したスタイルへとシフト。そのでシャビのも低下していく。

2014-2015シーズンクラブのOBであるルイス・エンリケが監督に就任するが、メッシネイマールルイス・スアレスMSNトリオを前面に出したスタイルへと転換していき、シャビは控えに回ることが多くなる。出場機会は減ったものの、途中出場した際はポゼッションを安定させて試合をコントロールする仕事をこなし、存在感を見せる。そして、2015年5月21日記者会見を開き、17年間を過ごしたバルセロナを退団することを表明。最後の試合となった6月6日CL決勝のユヴェントス戦で途中出場し、クラブは二度のトレブレを達成。キャプテンとしてビッグイヤーを掲げ、最高のシチュエーションするバルサを退団する。

バルセロナでの公式戦767試合出場85得点

アル・サッド

2015年5月21日バルセロナ退団を表明すると同時にカタールスターズリーグアル・サッドへ移籍することを発表する。背番号バルサ時代と同じ「6」。加入最初の試合となったアルナスルとの善試合では直接FKでゴールを決めている。

2シーズンとなった2016-2017シーズンには、自身のキャリアで2度となるリーグ戦二桁ゴール記録。加入後、毎年チームタイトルをもたらし、2018-2019シーズンにはスターズリーグ優勝に貢献。リーグ制覇した2019年を最後に39歳で現役を引退している。

スペイン代表

世代別のスペイン代表にはU-17代表の頃から選出されており、1999年にはU-20スペイン代表として4月ナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権に出場。当時のチームにはイケル・カシージャスやガブリが居た。この大会で圧倒的な強さを見せたスペインの不動のとして活躍し、ベスト16のアメリカ戦と準決勝のマリ戦ではゴールを決めている。決勝では、小野伸二を擁した日本を4-0で粉砕し、スペインを初優勝に導いている。

2000年9月には、U-23スペイン代表としてシドニーオリンピックに出場。初戦のU-23韓国戦でゴールを決めている。前年のワールドユー優勝を果たしたメンバーカルレス・プジョルダビド・アルベルダらが加わったチームは決勝へ進出。決勝では後にチームメイトとなるサミュエル・エトーを擁したU-23カメルーンと対戦し、先制ゴールを決めたもののPK戦の末に敗れ、銀メダルに終わっている。

2000年11月15日オランダとの善試合でスペインフル代表にデビュー2002 FIFAワールドカップメンバーにも選出され、21歳でワールドカップデビューを果たす。チームでの序列は控えという立場だったが、ホセアントニオ・カマーチ監督からは途中出場で流れを変える役割を与えられる。準々決勝の韓国戦でも途中から出場し、PK戦では3人キッカーとして成功させたが、チームは敗れている。

その後もスペイン代表には招集されるが、ベテラン勢が健在の中盤においてポジション争いで勝てず、ポルトガルで開催されたEURO2004では全く出番が与えられないままスペイングループリーグで敗退している。

EURO2004後に就任したルイス・アラゴネス監督からは信頼を得たことでレギュラーに定着。2006 FIFAワールドカップ欧州予選では10試合中8試合に出場。スロバキアとのプレーオフ1st legでは2アシストの活躍で5-1の大勝に貢献し、本大会出場を勝ち取る。ドイツで開催された本大会でもとしてプレーし、グループリーグ3連勝に貢献。しかし、ベスト16ではジネディーヌ・ジダンを擁したフランスを相手に逆転負けを喫し、自身も途中交代になるなど不完全燃焼に終わった。

オーストリアスイスで開催されたUEFA EURO2008では、アンドレス・イニエスタダビド・シルバセスク・ファブレガスと共にクアトロ・フゴーネス(4人の創造者)と称された中盤を形成。一見アンバランスに見えたクラッキたちの共演だったが、彼らは絶妙なバランスを保ちながらショートパスの連続で他を圧倒。その中でも中心として君臨したシャビは、卓越したパスセンスで攻撃リードし、準決勝のロシア戦では自ら先制ゴールマーク。決勝のドイツ戦ではフェルナンド・トーレスの決勝ゴールアシストし、スペイン代表に44年ぶりのビッグタイトルをもたらす。ゲームメーカーとしての貢献度の高さが評価され、大会の最優秀選手に選ばれる。

アラゴネス監督が勇退し、ビセンテ・デルボス監督が就任したスペイン代表ではバルセロナカンテラ出身であるチームメイトが多くを担い、スペイン代表でもバルセロナと同じようなポゼッション重視のスタイルが採用され、重要なキープレイヤーとなる。南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップでは初戦のスイス戦に敗れたものの、圧倒的なポゼッションを見せつけ盛り返していく。ベスト16のポルトガル戦ではヒールパスでダビド・ビジャの決勝ゴールアシストし、この試合のMOMにも選出。準決勝のドイツ戦でもCKからプジョルゴールアシストすると、この大会2度MOMに選ばれる。この大会でのシャビは、決勝までの7試合で669本のパスを試みて544本を成功させ、そのパス成功率は81%にも達するという脅威的なスタッツを記録。決勝のオランダ戦は延長戦までもつれ込む死闘となったが、盟友イニエスタが決勝ゴールを決めるまで戦い抜き、スペインを悲願の世界一に導く立役者となる。

2011年3月25日UEFA2012予選のチェコ戦では史上4人となるスペイン代表キャップ100試合を記録ウクライナポーランド2012年6月に開催されたEURO2012本大会でも引き続き軸として活躍。イニエスタダビド・シルバと共に高いポゼッションで試合の導権を握り、全6試合にスタメンとして出場。決勝のイタリア戦ではジョルディ・アルバフェルナンド・トーレスゴールアシストする活躍を見せ、前人未到となるEURO連覇、そして要大会3連覇を成し遂げ、代表でも黄金時代を築く。また、前回に引き続き大会の優秀選手に選ばれている。

4度の出場となる2014 FIFAワールドカップでは、初戦のオランダ戦にスタメンとして出場するが、かつてトップチームに引き上げた恩師であるファン・ハール監督戦略によってイニエスタと共にマンマークに苦しみ、何もできないままチームはまさかの大敗。結局出場はこの試合のみとなり、スペイングループリーグ敗退となる。大会後、スペイン代表からの引退を表明。

スペイン代表通算133試合13得点

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1997-98 バルセロナB セグンダB 39 3
1998-99 バルセロナ プリメーラ 17 1
バルセロナB セグンダ 18 0
1999-00 バルセロナ プリメーラ 24 0
バルセロナB セグンダB 4 1
2000ー01 バルセロナ プリメーラ 20 2
2001ー02 バルセロナ プリメーラ 35 4
2002ー03 バルセロナ プリメーラ 29 2
2003ー04 バルセロナ プリメーラ 36 4
2004ー05 バルセロナ プリメーラ 36 3
2005ー06 バルセロナ プリメーラ 16 0
2006ー07 バルセロナ プリメーラ 35 3
2007-08 バルセロナ プリメーラ 35 7
2008ー09 バルセロナ プリメーラ 35 6
2009-10 バルセロナ プリメーラ 34 3
2010-11 バルセロナ プリメーラ 31 3
2011-12 バルセロナ プリメーラ 31 10
2012-13 バルセロナ プリメーラ 30 5
2013-14 バルセロナ プリメーラ 30 3
2014-15 バルセロナ プリメーラ 31 1
2015-16 アル・サッド スターズリーグ 24 3
2016-17 アル・サッド スターズリーグ 26 10
2017-18 アル・サッド スターズリーグ 18 6
2018-19 アル・サッド スターズリーグ 14 2

指導者としての経歴

アル・サッド

2019年プロ選手としての現役を引退してすぐにアル・サッドの監督に就任。バルセロナで培ったポゼッションを重視するスタイルチームに導入するも就任1年リーグ戦のタイトルを逃し、AFCチャンピオンズリーグでも準決勝で敗れるなど冠に終わっている。また、2019年12月にはカタールで開催されたFIFAクラブワールドカップ揮を執り、準々決勝まで進んでいが、5位決定戦ではエスランス相手に6失点を許し、大敗している。

2年となった2020-2021シーズンにはかつてスペイン代表のチームメイトだったサンティ・カソルラが加入。古巣であるバルセロナからオファーも受けるが、クラブへの不信感から断り、引き続きアル・サッドの監督を務めることに。チームは破の勢いで快進撃を続けて首位を独走し、2021年3月にはぶっちぎりでのリーグ優勝を決める。監督としての初タイトル獲得となった。

2021-2022シーズンチームは首位を走るが、2021年11月5日バルセロナ監督に就任することを決断し、アル・サッドとの契約を解除することで合意する。

バルセロナ

2021年11月5日ロナルドクーマン監督が解任となったFCバルセロナ監督に就任することを発表。低迷する古巣を救うために6年ぶりにクラブへ帰還することとなった。監督就任発表には、多くのサポーターが集まり、いかにファンがシャビの監督就任を待ちわびていたかを物語っていた。

監督としての成績

シーズン クラブ リーグ 順位 獲得タイトル
2019-20 アル・サッド スターズリーグ 3位
2020-21 アル・サッド スターズリーグ 1位 リーグ
2021-22 アル・サッド スターズリーグ
バルセロナ プリメーラ

シーズン途中で契約を解除。

人物・プレースタイル

卓越したボールコントロール、視野の広さ、パスセンスを兼ね備えた運動量も多く、守備技術も高い。小柄だがボールキープの技術に長けており、前述のワールドユース決勝で対戦した元日本代表MF稲本純一が何度チャレンジしてもボールを奪う事が出来なかった程。ピッチ上での存在感は絶大で、彼次第でバルセロナスペイン代表のポゼッションサッカーの質は大きく変動する。特にバルセロナにおけるアンドレス・イニエスタセルヒオ・ブスケッツと構成する中盤は世界最高峰。

熱くなりやすい節があり、判定に異議を唱え続けしばしばイエローカードを掲示されている。

根っからのクレ(バルセロナファン)であり、行き過ぎたバルセロナゆえに問題発言を放つ事がある。2008-09シーズンチェルシー戦、2009-10シーズンのルビン・カザン戦やインテル戦において相手が守備的な布を敷いた際にそれらを「アンチフットボール」と揶揄し、相手ファンからの顰蹙を買っている。また、バルサの下部組織出身であるセスク・ファブレガスの復帰騒動について踏み込み、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督から苦言を受けた事も。
近年は釘を刺されたのか、守備的なチームに敗れても感情的に相手の戦術を批判する事はくなった模様。

趣味キノコ狩りらしい。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 18ななしのよっしん

    2016/02/19(金) 06:48:05 ID: 89UvTWnAYF

    前に自伝読んだけど驚くほど自己評価が低いんだよなこの人
    バロンとってほしかったなー

  • 19ななしのよっしん

    2016/11/02(水) 14:25:07 ID: X+UjA/3LIs

    バルセロナ5冠獲得しての退団は選手としても人間としてもシャビに相応しいラストだね

    頭突きして引退ジダンや、喧嘩別れ同然のラウールカシージャスとは大違い

  • 20ななしのよっしん

    2018/12/01(土) 07:23:36 ID: DFkj/CypTB

    日本に来るみたいだね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/19(木) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/19(木) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP