シャビ・アロンソ 単語

40件

シャビアロンソ

9.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シャビ・アロンソXabier 'Xabi' Alonso Olano, 1981年11月25日 - )とは、スペインの元サッカー選手導者である。
ドイツブンデスリーガバイヤー・レヴァークーゼン監督。元サッカースペイン代表

現役時代のポジションMF183cm80kg。利き足は右足。

オビ=ワン・ケノービに似ている。

概要

スペインバスク州ギプスコアトロサ出身。レアル・ソシエダユース出身であり、1999年プロキャリアスタート。以降、リヴァプールFCレアル・マドリードバイエルン・ミュンヘンと各の名門チームで活躍。

リヴァプール時代とレアル・マドリード時代に一度ずつUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験している。特に2005年CL決勝では「イスタンブール奇跡」と呼ばれたリヴァプール歴史的な逆転優勝した際の同点ゴールを決めている。

スペイン代表黄金時代の中心選手の一人でもあり、2010年FIFAワールドカップ優勝2008年2012年UEFA欧州選手権優勝に貢献している名プレイヤーである。

父親のペリコアロンソ1980年代レアル・ソシエダの連覇に貢献し、元スペイン代表でもある元スター選手である。ミケル・アロンソレアル・ソシエダなどで活躍した元プロサッカー選手

2017年に現役を引退した後は導者に転身。2022年よりバイヤー・レヴァークーゼン監督に就任すると、卓越した手腕を発揮。欧州を代表する若手監督として注されている。

現役時代の経歴

生い立ち

バスク地方の小さな町で生まれ、父親のペリコバルセロナFCプレーしていたため幼少期をバルセロナで過ごしている。が現役を引退した後はサン・セバスチャンへ移住している。この頃、後にアーセナルFCで選手・監督として有名になるミケル・アルテタと知り合い、地元のビーチで共にサッカーの技術を磨いている。その後、アルテタと共にサン・セバスチャンの名門育成機関であるアンティグオコへ入り、才を見出される。

守備的MFとして頭を現した後はが現役時代に活躍したレアル・ソシエダの下部組織へと入団。ちなみにアルテタはFCバルセロナへと移籍しており、9年間苦楽を共にした友二人はここで別のを歩むことになる。サッカー選手としての実を付ける一方、勉学にもを入れており、15歳のときには英語を学ぶために学校交換プログラムアイルランドのミース州ケルズの町に行き、そこでゲーリックフットボールプレーしている。

レアル・ソシエダ

1999年にはリザブチームであるレアル・ソシエダBで頭を現すようになり、このシーズン12月におこなわれたコパ・デルレイログロニェス戦では18歳にしてトップチームデビューも果たしている。ちなみに、この1999-00シーズンの最後の10試合は父親のペリコ監督を務めている。

2000-01シーズンの意向もあって、経験を積むために同じバスク州のSDエイバルレンタル移籍する。セグンダ・ディビシオン(2部)で前半戦14試合に出場するが、このシーズンソシエダは前半戦再開に沈むという深刻な不振に陥っていた。そこで、監督に就任したジョントシャックの要望もあって予定よりも半年ソシエダに復帰。すると、卓越したゲームメイクセンスチームの攻撃を見事に操り、ソシエダは降格圏を脱出。14位で残留を果たす。

2001-02シーズンには全にレギュラーに定着。監督トシャックはアロンソ天才的な才に頼ったチーム作りをしており、専用のトレーニング方法を作成するほどだった。20歳の若者には過剰すぎる期待にも思えたが、これに見事に応え、中心選手として30試合に出場する。

2002-03シーズンには20歳の若さチームキャプテンに就任。開幕当初、2部降格補の一でしかなかったラ・レアルの中で、リーグ全体の中ではまだまだ期待の一若手に過ぎなかったが、レイノー・ドヌエ監督の下ラ・レアル大躍進アロンソは非常に正確なパスで攻撃を自由自在に操り、4月13日、第29節のレアル・マドリード戦でゴールを決めて勝利するなど[、終わってみればシーズンクラブリーグ優勝した1981-82シーズン以来最高の成績である2位で終える成功を収める。個人としても、この年のドンバロン・アワード・最優秀スペイン人選手に選ばれる。

2003-04シーズンリーガCLの二足の鞋に苦しむことになり、リーガではチームが低調だったこともあって12位と低迷。一方、初出場となったUEFAチャンピオンズリーグではチームベスト16に引き上げる原動となった。際的にも活躍したことでもはやソシエダにアロンソを引き留める術はなく、幼少の頃から育ったサン・セバスチャンから立つことになる。

リヴァプール

2004年イングランドプレミアリーグリヴァプールFC1600万ユーロへ移籍。監督ラファエル・ベニテスから高く評価され、加入々中盤の底でレギュラーを任される。フラムFC戦ではFKからのゴールを決め、移籍後初ゴール記録アロンソの精度の高いパスは現地メディアからも高く称賛され、チームにとって欠かせない存在となる2005年1月チェルシーFC戦で足首を骨折するが、驚異的な回復によって4月に復帰、UEFAチャンピオンズリーグ2004-2005決勝のミラン戦では同点ゴールを決め、クラブの21年ぶりの優勝に貢献。伝説と評される「イスタンブール奇跡」の役の一人となり、移籍1年にしてビッグイヤー獲得という大きなタイトルを手にする。

2005-06シーズンではスティーブン・ジェラードと共に中盤をオーガナイズムする中心選手としてすっかり定着。2006年1月7日ルートン・タウンFC戦では自から60ヤードほどのロングシュートを決めてみせる。この試合、アロンソが自からゴールを決めることに200スターリングポンドを賭けていたリヴァプールファンがこのゴールで25,000ポンドを得たという逸話がある。そのFAカップチームは決勝まで進出。足首の怪で出場が危ぶまれていた決勝のウェストハム戦にもスタメンに名を連ねると、FKからジェラードゴールアシストし、優勝に貢献。2シーズン連続でタイトルを獲得する。

2006-07シーズンもとんでもない伝説ゴールを決めてみせる。9月20日プレミアリーグ第2節のニューカッスル・ユナイテッドFC戦でも70ヤードのロングシュート記録、このゴールBBCから「常軌を逸した」と表現され、インペンデントからはクラブ史に残るゴールの一つと評されている。シーズン終了後の2007年6月にはリヴァプールと5年の契約延長にサインする。

2007-08シーズン将のジェラードが怪で不在だったこともあり、本来よりも前ポジションで起用される。6—0で大勝したダービーカウティ戦では2ゴールを決めるなど活躍するが、9月トレーニング中に負傷を負い、戦線を離脱。復帰後はハビエル・マスチェラーノルーカスレイバとのポジション争いに直面するが、二のプレーメイクを持つアロンソに対するベニテス監督の評価は揺るがず、2008年1月12日、ミドルブラFCとの試合でリヴァプール100試合出場を達成する。

2008年にはクラブが自身の放出を進める動きを見せたが、2008-09シーズンが始まると実を発揮。10月26日にはスタンフォードブリッジでのチェルシーFC戦で決勝ゴールを挙げ、チェルシー過去4年間(86試合)のホーム記録を破る。開幕当初の騒動を乗り越え、この年マンチェスター・ユナイテッドとの熾優勝争いを演じる原動となった。

レアル・マドリード

2009年銀河系軍団再構築を論むスペインリーガ・エスパニョーラレアル・マドリードへ移籍。チームにはすぐにフィットし、当時監督であったマヌエル・ペジェグリーニに信頼を置かれ重要な役割を担う。スペインマルカ誌にはシーズンベストイレブンに選出され、スペインプロリーグ機構の選ぶLFPアワード、最優秀MFにノミネートされる。また、いくつかのスペイン報道機関サポーターからはLa Barba Roja ()というニックネームもつけられた。

2010-11シーズンからはジョゼ・モウリーニョ監督に就任するが、チーム内での厚い信頼に変わりはなく、中盤のオーガナイザーとして重宝されていた。この年からは背番号を慣れしんだ14に変更。シーズンを通してゴールは決められなかったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるFCバルセロナに対抗するためには欠かせない必要不可欠ピースとなっていた。モウリーニョからは「不在がチームに大きなを与える存在」と評され、公式戦には52試合に出場。コパ・デルレイ優勝も果たし、マドリーでの初タイトルを獲得している。

2011-12シーズンリーグ開幕前、ホームエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウにFCバルセロナを迎えた2011年スーペルコパ・デ・エスパーニャでは同点ゴール記録2011年9月21日のラシンサンタンデール戦で、レアル・マドリード100試合出場を達成。このシーズンでもペップバルサとの熾タイトル争いを繰り広げるが、シーズン121得点を挙げた攻撃の手綱を握り続け、自身のキャリアにとって初となるリーグ優勝を達成。

2012-13シーズンでは、モウリーニョイケル・カシージャスら中心選手の対立が表面化。ロッカールームの空気が悪くなったなかで自身も怪で欠場する時期があり、冠に終わる不本意なシーズンとなる。

2013-14シーズンからはカルロ・アンチェロッティ監督に就任。30歳を過ぎ、ベテランに差し掛かったが、チームにとって重要な存在であることに変わりはなかった。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝までとして奮闘。決勝のアトレティコ・マドリード戦には、イエローカードの累積により出場できなかったが、クラブはこれに勝利し自身2度となるUEFAチャンピオンズリーグ制覇を達成した。
アンチェロッティには重要な欠かせない選手と評価されていたが、フロレンティーノ・ペレス会長の意向もあってアンヘル・ディ・マリアと共にチームを去ることになる。

バイエルン・ミュンヘン

2014年8月ドイツブンデスリーガバイエルン・ミュンヘンへ移籍。32歳となっての新地での挑戦となったが、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の要望を受けての加入となった。このときにペップの師事を受けたことが後の監督キャリアの礎になったと言われている。2014年9月27日リーグ戦第6節の1.FCケルン戦で206回のボールタッチ記録。同僚のチアゴアルカンタラがもっている185回のブンデスリーガ記録更新した。第8節のヴェルダー・ブレーメン戦にてFKから直接ゴールを決め、これがブンデスリーガゴールとなった。同シーズンブンデスリーガ優勝に重要な役割を果たし、リーグの年間ベストイレブンに選ばれる。

2015-16シーズンから背番号を3番から14番に変更。2015年12月18日バイエルン・ミュンヘンとの契約2017年まで延長したことを発表。2016-17シーズンの開幕戦ブレーメン戦で前半9分にボレーでゴールを決めた。第3節のインゴルシュタット戦でゴールを決め、12月21日ライプツィヒ戦でもゴールを決めたが、このゴールが現役最後のゴールとなった。またこのシーズンでは怪人が続出したこともあってセンターバックで起用されることもあった。

契約最後の年となった2016-17シーズンは、アンチェロッティと再会することになる。2017年3月9日、自身のTwitterアカウントクラブ公式サイトで「フットボールを生き、フットボール愛した。美しいゲームよ、さらば。(Lived it, Loved it, Farewell Beatutiful Game.) 」との言葉とともに現役引退を発表する。現役最後の試合となった5月20日ブンデスリーガ最終節のフライブルク戦で先発出場、アリエン・ロッベンの先制点をアシストして勝利に貢献、82分にスタンディングオベーションを受け、フランク・リベリーとの交代でピッチを後にする。

スペイン代表

2001年にはバスク代表としてデビュー2002年からスペインU-21代表でプレーしており、2003年4月に初めてスペイン代表に選出。エクアドルとの善試合にスタメンで起用され、21歳で代表デビューを飾る。2004年6月にはポルトガルで開催されたEURO2004に出場。ウクライナ戦ではスタメンを飾ったが、レギュラー奪取には至らず、2試合のみの出場に留まる。

2006 FIFAワールドカップ ドイツ大会では中盤のレギュラーとして起用され、グループリーグ初戦のウクライナ戦では代表初ゴール記録している。その後、第2戦のチュニジア戦にもスタメンで出場。ターンオーバーが採用された第3戦は欠場となったが、ラウンド16のフランス戦にもフル出場。しかし、この試合ではジネディーヌ・ジダンを抑えきれず、敗退となる。

EURO2008ではスペイン代表の中盤のポジションには「クアトロ・フゴーネス」と称されるシャビ・エルナンデスアンドレス・イニエスタセスク・ファブレガスダビド・シルバら豊富なタレントっていたこともあってレギュラーから弾き出される格好に。それでもルイス・アラゴネス監督からは重要な戦とみなされ、スーパーサブとして途中から試合をクローズする役割を任され、スタメンで出場した第3戦のギリシャ戦ではMOMを獲得。スペイン優勝に貢献している。

監督がビセンテ・デル・ボスケに代わってからは広い視野と展開を買われ、中盤ポジションレギュラーに定着。セルヒオ・ブスケツとのドブレ・ピボーテは守備的すぎるという批判もあったが、チームに安定感をもたらし、2009年FIFAコンフェデレーションズカップ3位決定戦の南アフリカ戦では延長戦にFKからの決勝ゴールを決めている。

2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会では、全試合にスタメンで出場。すっかり定着したブスケツとの「ピボーテ・コンビ」でチームの高いポゼッション率を維持させる。決勝のオランダ戦では前半28分にナイジェル・デ・ヨングからの悪質なファウルによって負傷を負うが、後半43分にセスク・ファブレガスと交代するまでピッチに立ち続け、奮闘。延長戦にイニエスタが決勝ゴールを決め、スペイン勝利し、ワールドカップ初制覇に大きく貢献したことになる。ちなみに、デ・ヨングからのタックルについては試合後に「これまでに受けたタックルの中で最悪のもの」と試合後に批判している。

EURO2012でもこれまで通り、中盤の底からゲームメイクをおこなう役割を任され、全試合にスタメンで出場。特に自身にとって代表通算100試合メモリアルマッチとなった準々決勝のフランス戦では、ヘディンシュートとPKによる2ゴールを決める大活躍で、代表キャリアハイライトとも言える試合となった。準決勝のポルトガル戦ではPK戦でルイ・パトリシオにセーブされてしまうが、チーム勝利。決勝ではイタリア相手に4-0で勝利し、代表で3つメジャータイトルを獲得。大会優秀選手にも選出されている。

2014 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会でも前試合にスタメンで出場するが、最初の2試合で連敗したことであっさりとグループリーグ敗退が決定。初戦のオランダ戦ではPKによるゴールを決めているが、第2戦のチリ戦ではハーフタイムで交代を告げられている。第3戦のオーストラリア戦で勝利した後、クラブでのプレーに専念するため、この大会を最後に代表を引退することを表明。

スペイン代表通算 114試合16得点

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1999-00 レアル・ソシエダ リーガ・エスパニョーラ 0 0

2000-01
エイバル(loan) セグンダ・ディビシオン 14 0



レアル・ソシエダ



リーガ・エスパニョーラ
18 0
2001-02 29 3
2002-03 33 3
2003-04 34 3
2004-05



リヴァプール




プレミアリーグ
24 2
2005-06 35 3
2006-07 32 4
2007-08 19 2
2008-09 33 4
2009-10



レアル・マドリード




リーガ・エスパニョーラ
34 3
2010-11 34 0
2011-12 36 1
2012-13 28 0
2013-14 28 0
2014-15

バイエルン・ミュンヘン


ブンデスリーガ
26 2
2015-16 26 0
2016-17 27 3

個人タイトル

指導者としての経歴

指導者転身初期

現役引退後の2017年9月マドリードに在住しながらラウール・ゴンザレスシャビ・エルナンデスらと共にUEFAコーチンライセンスを履修。

2018年8月にはレアル・マドリードインファティルA(U-14カテゴリー)の監督に就任。アロンソ導したチームは、2018-19シーズンリーグ優勝を達成する。

レアル・ソシエダB

2019年6月1日3部であるセグンダ・ディビシオンBに所属する古巣のレアル・ソシエダBの監督に就任する。初采配となったホームでのブルゴスFC戦では1-1で引き分けている。2019-20シーズンは前年は12位だったチームを昇格争いに加わる5位にまで引きあげる。このときのチームには後にスペイン代表に選出されたマルティン・スビメンディやトップチームに定着したアンデル・バレネチェアがいた。

2年となった2020-21シーズンではさらにチームを躍進させ、半世紀ぶりとなるセグンダ・ディビシオン昇格に導く。2021年3月にはボルシアMGから監督オファーを受けていたが、レアル・ソシエダBとの契約を1年延長する。

セグンダ・ディビシオン(2部)に戦いの場を映した2021-22シーズンだったが、チームは戦不足だったことは否めず、、最終的にリーグ戦を20位で終えて3部に降格。2022年5月31日アロンソは自身のTwitterInstagramにてソシエダBを去ることを発表した。

レヴァークーゼン

ソシエダBを退団した後はフリーになっていたが、2022年10月ドイツブンデスリーガバイヤー・レヴァークーゼン監督に就任する。トップチーム監督を務めるのはこれが初めてだったのだが、就任してすぐにチームを見違えるほど魅的なスタイルチームに変貌させ、監督としての手腕の高さを発揮。結果、就任時は二桁順位にまで低迷していたチームを6位にまで立て直す。また、UEFAヨーロッパリーグでも準決勝にまでチームを導く。

キャンプからチームを見ることになった2023-24シーズンは本領を発揮。パスワークカウンター融合させた近代的なチームを作りあげ、ブンデスリーガの前半戦を首位で折り返し、しかも公式戦連続敗という快進撃を見せる。首位攻防戦となった2024年2月11日の第21節バイエルン・ミュンヘン戦では完璧な内容で絶対王者を3-0で撃破。世界中から称賛を浴びることになる。

監督としての成績

シーズン クラブ リーグ 順位 獲得タイトル
2019-20 レアル・ソシエダB セグンダB 5位
2020-21 レアル・ソシエダB セグンダB 1位
2021-22 レアル・ソシエダB ラ・リーガ2部 20位
2022-23 レヴァークーゼン  ブンデスリーガ 6位
2023-24 レヴァークーゼン ブンデスリーガ

シーズン途中での就任。

プレースタイル

ポジションアンカー(ピボーテ)。広い視野とレンジが広く精度の高いパスで守備と攻撃を繋ぐ役割を担い、プレーメーカーとして所属する各チームで欠かせない重要なチーム心臓となっていた。

同じポジションセルヒオ・ブスケツと違って中長距離のパスを持ち味としており、高精度のキックは針のをも通すと評されるほど精密だった。アロンソキックは正確さとパワーを両立させており、ミドルシュートフリーキックも得意としていた。また、PKの名手としても知られ、クラブや代表でもキッカーを任されることもあった。

アロンソキックはース時代、強いキックを習得するために練習後もボールを蹴っていたことで培われている。

また、183cm80kgの恵まれた体格も武器であり、フィジカルを活かしたディフェンに定評もあった。競り合いにも強く、ヘディングでの勝率も高い。一方、しい守備でカードを貰うことも多かった。

フランツ・ベッケンバウアーは「インテリジェンスがあり、完璧に試合を支配することのできる選手。デットマール・クラマーの教え(オフ・ザ・ボールの動き)を完璧にこなすことができる」と評し、ペップ・グアルディオラは「人生で見た中で最高のミッドフィールダーの一人」と評価している。

指導者としてのスタイル

監督としては緻密な理論で、レヴァークーゼンでは3-4-2-1のフォーメーションを採用。3バックと2センターハーフ距離を非常に近めに設定し、近い距離感でボールを動かしつつ、相手を食い付かせて裏を取ることを意識付けている。選手の配置も綿密に設計しており、5レーンを有効に使ってボールを動かす。

崩しの局面では2シャドーが頻繁に列を降りたり、ウイングバックと頻繁にポジションと役割を入れ替える。そのためシャビ・アロンソのレヴァークーゼンではウイングバックゴール前に顔を出して得点に絡む機会が多い。ショートパスにこだわっているわけではなく、相手のプレスに嵌りそうになれば前線ロングボールを放り込むことも選択肢に入れており、状況に応じて柔軟にやり方を変えるチームを作っている。

守備では前線ユルゲン・クロップリヴァプールがやっていたような外を切りながら中にコースカットレスしており、中の選手たちは中盤が状況に応じて抑えいに行く。最終ラインは5バックで守っている強みを生かした大胆なスライド守備が特徴的。

人物・エピソード

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 07:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP