シャルリー・エブド単語

シャルリーエブド

  • 3
  • 0
掲示板をみる(61)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)とは、フランスで発刊されている新聞(週刊誌)の1つである。

概要

※以下の内容には嫌悪感を覚えると思われる内容が含まれているため、一部抜きにしてあります。
  それを理解した上で見たい方は反転してください。

 方針としては極端に左翼に傾いた内容の記事が多い。もともとフランス民性として風刺ジョークは多いのだが、その中でもタチの悪い風刺内容が多く(そもそも風刺ですらないただの侮辱でしかないこともあるが)、フランス内においても「これはやりすぎだ」と言われるなど問題児扱いされていおり、前身となる雑誌では発禁処分を受けるなどしている。ちなみに年間発行部数は45000部程度であり、あまり多くはない。

2013年日本でも話題になった福島原発風刺画を書いた人物もここにいた(ただし、掲載されたのはまた別の風刺新聞である)が、2015年の襲撃事件に巻き込まれて死亡している。

2015年1月の襲撃事件ばかりがクローズアップされがちだが、これ以前にも

2006年に「ムハンマドが『馬鹿(過激派のことだと思われる)にされるのは辛い』と話す」という挑発的な風刺画に対し、シラク大統領(当時)から名しで「やりすぎだ」と批判される

2011年には「笑い死にしなかったらムチ打ち100回な』と話すムハンマド」、「ムハンマドホモだ』と取れる風刺」などの風刺画を掲載し、火炎瓶を投げ込まれる、公式サイトがハッキングを受ける

などをはじめとした世界中からの批判を浴びているにもかかわらず、何度もやらかすという(そもそも彼らに”やらかした”というまともな考えがあるのか怪しいが)まるで反省していない様子が見て取れる。

その2015年の襲撃事件についても、2012年頃から政府から継続的に自粛要請を受けていたのにもかかわらず、それを視して「『まだフランステロは起きてない』との見出しに対しISIL関係者と思しき人物が『まだ1月末まであるから待ってろよ』」 という「おまえら抜けか?やる気があるなら遠慮なくかかってこいや」と取れるあからさまな挑発的風刺画を掲載したことに端を発している。

と、これだけ書くと「反イスラムなのか?」と思われる方もいるかもしれないが、そういうわけではなく無神論者的な考えのもとに対しても喧なだけであり、キリスト教ユダヤ教風刺画も書いている。
この考え方は、フランスにおける「的な場所での宗教色の排除」という憲法の規定に迎合している。(実質的には反イスラムに偏りすぎで、イスラム教徒の装での生活を禁止しているくせにキリスト教徒に対する十字架所持等の罰則は事実上ないとの批判もあるが)

一応彼らには「表現の自由だからなにやっても気。これはたちの権利だから」という一貫した姿勢がある。
(自由の代償としての責任全に視している気もするが)

なお、この「表現の自由」の話には例の襲撃事件後(まるで反省していない…)の新聞社の
所詮コーランみたいなクソ弾は防げないよね」という風刺に対し「シャルリー・エブドで弾は防げない」との風刺画を開した人物が逮捕されるという「表現の自由とはなんだったのか」と思わされる事件が発生している。
(一応まったくのではなく、テロ擁護と取れる発言をしたことに当局が対応しただけではあるのだが)

関連動画

外部リンク

新聞社の公式サイト(フランス語)exit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/25(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/25(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP