今注目のニュース
ヤフーとアスクルでバトル勃発 「業績悪いので社長退任を」「だが断る」 背景にある「LOHACO」問題
夏休みに入る前に 海水浴場での「フロート事故」に注意
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ

シャーシ(ミニ四駆)単語

シャーシ

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

この項では、田宮模型の『ミニ四駆』の要部品の一つであるシャーシについて述べる。なお、ミニ四駆全体についての説明や実際の自動車のシャーシについては、個別の項を参照されたい。

概要

ミニ四駆の土台とも言えるパーツで、シャーシの上に電池・モーターギヤシャフトなどを乗せて走らせる。
様々な種類があり、それぞれに特性が違う。中にはポリカーボネート配合やカーボン配合のものもある。

タイプ1

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 ホットショットJr.
ホーネットJr.
フォックスJr.
ブーメランJr.
ビッグウィングJr.
ファルコンJr.
スーパードラゴンJr.
サンダードラゴンJr.
サンダーショットJr.
スーパーセイバーJr.
ファイヤードラゴンJr.
ダッシュ1号エンペラー
サンダーショットJr.ブラックSP
ダッシュ2号バーニングサン

現在ミニ四駆歴史はここから始まった。
当時はオフロード流だったため、地上高が11mmと高くなっている。
初期にはローラすらない。
後期にはローラが左右に1つあるが、ローラー自体は付属しない。
軸受けは直径3mmで、ハトメが直接付く構造のため他のボールベアリングに交換することはできない。
電池カバーはなく、多くはボディ自体がその役割を果たしているため取れやすい。
サイドバンパーはあるものの、ローラはなくただの飾りである。                 全種販売終了しているが部品請等で入手可

タイプ2

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 アバンテJr.
グラスホッパーJr.
バンキッシュJr.
コーチャーJr.

アバンテJr.から採用された。初めてのオンロードレースのために設計されたシャーシ。
シャーシ底面に丸い抜きが6個あるのが特徴。
軸受けが直径6mmになったのはこのシャーシからである。
このシャーシからローラーが付属するようになった。サイドバンパーにもき、強度は低いもののローラーを付けることができるようになった。
オレンジクラウンギヤを使用する。                                全種販売終了しているが部品請等で入手可

タイプ3

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 ライジングバード
ダッシュ3号シューティングスター
セイントドラゴンJr.
ダッシュ4号キャノンボール
ダッシュ5号ダンシングドール
ウィニングバー
ダッシュ1号エンペラー
ダッシュ2号バーニングサン
ダッシュ01号スーパーエンペラー

タイプ1の後継シャーシ。シャーシ底面に丸い抜きが3つある。
ライジングバードシャーシ、タイヤというスペシャル仕様
ダッシュ1号皇帝ダッシュ2号太陽タイプ1シャーシで発売されたが、後にタイプ3シャーシで再販されている。

トラッキン

シリーズ 販売終了
トラキンミニ四駆 サニー・シャトル
ジョリー・ジョーカー

タイプ3をトラキンシリーズ向けに良したシャーシ。タイプ1、タイプ3とべると性は優秀(それでも速くするにはが折れるが)。
専用のリアバンパーが装着されており、タイプ系列の中では一番の特徴となっている。ただし、他のリヤステーを装着するには加工が必要である。
ボディキャッチがワイルドミニ四駆と規格が同じなので、ワイルドミニ四駆のボディを乗せる事が可
販売当初は不人気で売り上げが伸びず、たった二台でトラキンミニ四駆シリーズは終了した。

タイプ4

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 イグレスJr.
セイントドラゴンJr.リッキー仕様
イグレスJr.ブラックSP

タイプ2の後継。しかし、抜きの形状が長方形の4つのに変わったため、剛性が低下してしまった。
採用種も少ない。

ZERO

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 ダッシュ0号ホライゾン
アバンテ2001Jr.
アスチューJr.
マンタレイJr.
ダッシュ001グレートエンペラー
スーパーアスチューJr.
プロトエンペラーZX
ダイナストームJr.
スーパーアスチューJr.アドバンス
アバンテ2001Jr.ブラックSP
マンタレイJr.ブラックSP
スーパーアスチューJr.ブラックSP

ピンク色ヘリカルクラウンギヤ、1.4mmプロペラシャフトを初めて実装したシャーシ。
これにより駆動効率の大幅な向上と低重心が可となった。
シャーシ底面には三角形を組み合わせた抜きがされている。非常に軽量(スーパー1より軽い)だが、耐久性は低い。
サイドバンパーはなく、後付で装着する。ヤステーを取り付けるためのネジがついた。

FM

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 クリムゾングローリー
ダッシュ02号ネオバーニングサン
エアロソリチュード

史上初のフロントモーターシャーシ。後述のSFMより駆動効率が良いと評価されている。
底面の抜きは長方形の4つの
ロータリースイッチを採用しているが、走行中にOFFになりやすいので注意が必要。
クリムゾングローリーネオバーニングサンエアロソリチュードの3種のみ発売。

タイプ5

シリーズ 販売終了
レーサーミニ四駆 ベアホークJr.
トップフォーJr.
トップフォーEvoJr.
コンカラーJr.
ダッシュ03号S.S.S
スーパーアバンテ
ダッシュCB1ジオエンペラー

タイプ系シャーシの集大成。しかしすぐ後に登場したスーパー1のせいで影が薄い
シャーシ底面は抜きされておらず、強度がある。
ZEROFMと同様のリヤステー取り付けが付いた。                       全種販売終了しているが部品請等で入手可

スーパー1

シリーズ 通常販売 サイドステー
フルカウルミニ四駆 マグナムセイバー
ソニックセイバー
トライダガーX
スピンアックス
プロトセイバーJB
ビクトリーマグナム Vマシン
バンガードソニック Vマシン
ビークスパイダー Vマシン
ネオトライダガーZMC Vマシン
ファイターマグナムVFX Vマシン
レイスティンガー Vマシン
シャイニングスコーピオン Vマシン
ベルクカイザー Vマシン
ビークスパイダーゼブラ Vマシン
シリーズ 販売終了
スーパーミニ四駆  リバティエンペラー
トムゴディスペシャル
ポセイドンXブラックSP
リバティエンペラーブラックSP
シャオパイロン
ビッグバンゴースト
ブーメラン10
ブーメランガンマブラックSP
アストロブーメラン

ZEROシャーシの良版。バンパーの形くらいしか変更点がない。
フルカウル世代には染みの深いシャーシ。第二次ブームで多く使われた。
軽量、高旋回性でとても良いシャーシだが、強度、耐久性に問題がある。いわばミニ四駆界の零戦のようなシャーシ。
特にバンパー部分が脆く、子どもの頃屋外で走らせて壊した記憶がある元少年は少なくない。
サイドステーが着脱可なのが特徴。ディープブルースーパーミニ四駆グリーン)の旧と、強度が多少マシになったライトグレーのVマシンの2種類がある。
シャーシ本体とAパーツギアカバーや電池カバー)の色が違うことが多く、スーパーミニ四駆フルカウルミニ四駆ではグリーンのものが採用されている。
古いシャーシだが、駆動系だけなら現行のシャーシにも劣らない。

駆動効率 ★★★
強度
安定性 ★★★
旋回性 ★★★
軽さ ★★★

スーパーFM

シリーズ 通常販売 Aパーツ
フルカウルミニ四駆 ブロッケンギガント ダークグリーン ダークグリーン
ブロッケンギガントブラックSP ブラック スモーク
ガンブラスターXTO ダークグリーン ダークグリーン
ガンブラスタークスコSP ダークグリーン ダークグリーン
シリーズ 販売終了
スーパーミニ四駆  ストラトベクター

タイプ5シャーシの前後を反転させたもの。このシャーシからリアステーが付属するようになった。
モーターが前にあるため、登り坂に強いとされてるが、実際は電池の方が重いので怪しい点がある。
むしろ「重心が後ろ寄りなのでアップダウンで安定する」とするのが正しい。
FMシャーシの良版・・・なのだが、駆動効率はむしろ悪くなっている。
ギヤは精度が悪い軽量ギヤを使わないとレギュレーション違反なので注意。スーパーTZはSX用ギヤハイスピードEXギヤに対応しているのに何故・・・
重心が高く、強度もスーパー1シャーシ並なので速くするには苦労する上級者向けのシャーシ。
しかし、その特殊性から一部に熱ファンがいる。
というか今の品質で新FMシャーシを出してくれと。                         ストラトベクターはキットの販売は終了しているがボディとシール現在でも部品請することで入手可である。                         

駆動効率
強度
安定性    
旋回性
軽さ ★★★  

スーパーTZ

シリーズ 通常販売 ヤステー
フルカウルミニ四駆 サイクロンマグナム SFM
ハリケーンソニック SFM
サイクロンマグナムTRF SFM
ディオスパーダ SFM
ビートマグナム BM
バスターソニック BM
ビートマグナムTRF BM
ファイヤースティンガー SFM
シリーズ 販売終了
スーパーミニ四駆  ブラックストーカー
サンダーブーメランW10
レイホークガンマ
タイガーザップ

二次ブーム全盛期の頃に発売されたシャーシ。発売されたサイクロンマグナム爆発的な人気で品切れで買えなかったという人は多いだろう。
剛性が高まり、ホイールベースが伸びたことで直進安定性が向上、また重心も下がっている。
ただし加工での駆動系はスーパー1シャーシに一歩劣るか。
思い出補正で今でも使い続ける人が結構いる。
付属のリヤステーには、スーパーFMシャーシ付属と同じものと、ビートマグナムの2種類がある。ビートマグナムのものはネジが増え、剛性もあるので少し補強すれば実戦でも使えるレベル
タイプ系シャーシの特徴を引き継いでいるため、「TZ」とは「Type」系の最終形という意味の「Z」から取ったという説がある。

駆動効率
強度 ★★★
安定性 ★★★ 
旋回性
軽さ ★★★

スーパーX

シリーズ 通常販売 シャーシ色
エアロミニ四駆 マックスブレイカー ブラウングレー
シャドウブレイカー ブラウングレー
ファントムブレード ブラウングレー
ナックルブレイカー ブラウングレー
ストームクルーザー ブラウングレー
ライジングトリガー ブラウングレー
ナックルブレイカーブラックSP スモークブラック
マックスブレイカーTRF ブラック
シリーズ 販売終了
マイティミニ四駆 ダイナホークGX
クロスタイガーVR
レイザーギル

このシャーシ以降、リヤステーが2点止めになった。
また、モーターをシャーシ下から交換することができる。
レッドが広く、安定性は随一。またホイールベースが最も長いため、直進安定性も抜群である。
強度、駆動共に大幅に進化しており、初心者にはおすすめのシャーシである。
ギヤを左右に分けて配置することでどのシャーシよりも低重心になった。
独自の機構のため、プロペラシャフトは専用のものを使い、クラウンギヤオレンジ色を使う。シャフトもこのシャーシのみ72mm。
これらの特徴のため、一部のパーツは「X・XXシャーシ専用」と書いて売られている。ギヤは正しい組み合わせでないとレギュレーション違反だが、その他のパーツは工夫して他のシャーシに使っても良い。
ギヤカバーが低いためXシャーシ用ボディ以外でも結構改造で乗せられる。ただし、低すぎてボディとシャーシに隙間ができてしまうことも。
付属のリヤステーは2点固定のものだが剛性が低く、ローラベースも長くなってしまうため他のに交換したほうが良い。

駆動効率 ★★★
★★★
強度 ★★★
安定性 ★★★
旋回性
軽さ

VS

シリーズ 通常販売 シャーシ色 Aパーツ
エアロミニ四駆 ブレイジングマックス ダークグリーン ダークグリーン
デザートゴーレム ダークグリーン ダークグリーン
ライトニングマグナム ダークグリーン ダークグリーン
ブレイジングマックスプリズムブルーSP ブラック スモーク
ブリッツァーソニック ダークグリーン ダークグリーン
ブリッツァーソニックブラックSP ブラック スモーク
LMブレイカー ブラック スモーク
レーサーミニ四駆  イグレスRS ロイヤルブルー ロイヤルブルー
トップフォースエボリューションRS メタリックグレイ メタリックグレイ
コンカラーRS オレンジ オレンジ
スラッシュリーパー ダークメタリックグレー ダークメタリックグレー
スーパードラゴンプレミアム ライトガンメタル ライトガンメタル
サンダードラゴンプレミアム ダークブルー ダークブルー
セイントドラゴンプレミアム グレー グレー
ファイヤードラゴンプレミアム シルバー シルバー
ダイハツコペンRMZ ブラック ブラック
シリーズ 販売終了
マイティミニ四駆 リアトロン
シンクロマスターZ9
エアロミニ四駆 デザートゴーレムGPA
フルカウルミニ四駆 ディオスパーダGPA
スーパーミニ四駆 リバティエンペラーGPA
ビッグバンゴーストGPA
レーサーミニ四駆 バンキッシュJr.
コーチャーJr.
イグレスJr.
アバンテ2001Jr.
マンタレイJr.
トップフォースエボリューションJr.
スーパーアバンテ
アバンテRS
サンダーショットRS
ブーメランRS
スーパーセイバーRS
バンキッシュRS

ZEROシャーシの最終形態とも言えるシャーシ。
軽量、低重心に加え優秀な駆動系のおかげで最速に一番近いシャーシと言われることも。現在でも公式大会で結果を残し続けている事からその評価も頷ける。
その反面耐久性は低く、素材によっては一度のコースアウトでポッキリ逝ってしまう。
しかしそのデメリットを補ってあまりあスピード人気が高く、2012年現在販売終了・限定品を含めると採用種が最も多いシャーシである。
なぜかデザートゴーレムは他のVS採用より価格が安い。
ちなみにVSとは「ビクトリースプリント」の略(『ミニ四ファイターV』8巻より)。

駆動効率 ★★★
★★★
強度 ★★★
安定性 ★★★
旋回性 ★★★
軽さ ★★★

スーパーTZ-X

シリーズ 通常販売
エアロミニ四駆    ニシンゲイザー

グレー

シリーズ 販売終了
フルカウルミニ四駆 ビートマグナムGPA ブラック
スーパーミニ四駆 ブーメラン10GPA ホワイト
レーサーミニ四駆 マッドブルJr. ブラック
バハキングJr. ブラック

スーパーTZシャーシの良版…なのだが、良くなった点はリアステーを3点でとめられるようになったことと、フロントが4つになったことくらい。
ラストがTZシャーシにべて浅く、そのままではすぐコースアウトしてしまう。
採用種の少なさもあり人気が今ひとつだったが、プライズ限定品の「サイクロンマグナム21st century edition」「ハリケーンソニック21st century edition」にて、限定カラー色シャーシで復刻されたことをきっかけに再評価の機運が高まっている。

駆動効率
★★★  
強度 ★★★
安定性
旋回性
軽さ ★★★

TR-1シャーシ

シリーズ 通常販売
ラジ四駆 スバル インプレッサ WRC 2002 グレー
ラジ四駆 プジョー206 WRC グレー
ラジ四駆 三菱 ランサーエボリューション WRC グレー
ラジ四駆 ZENTトムスープラ グレー
ラジ四駆 カルソニックスカイラインGT-R2002 グレー
ラジ四駆 レイブリックNSX2002 グレー
ラジ四駆 ポルシェ911ターボクーペフラットノー グレー
ラジ四駆 ビームスインテグラ グレー
ラジ四駆 ニッサフェアレディZ グレー
ラジ四駆 リンドブルムライダー グレー
ラジ四駆 コバルトガンナー グレー

スーパーXシャーシをベースミニ四駆遠隔操作できるラジ四駆専用に開発されたシャーシ。受信機を取り外せばミニ四駆公式大会に出場することもできる。
全長、ホイールベ-スは全シャーシ中最大で直進性は極端に高いがコーナリング性は低い。
ボディの取り付け方法は独自方式のため、他のシャーシのボディを加工で取り付けることは不可能
ポルシェ911のボディはそのまま付けるとレギューレーションの全長をオーバーしてしまい、公式大会への出場ができないので注意(ジャパンカップ2019の検で確認)。

MS

シリーズ 通常販売 ノー センター テール
ミニ四駆PRO TRFワークスJr. N-01 ノーマル T-01
アバンテMk.Ⅱ N-01 ノーマル T-01
マンタレイMk.Ⅱ N-02 ノーマル T-01
アバンテX N-02 ノーマル T-01
ネオファルコン N-02 ノーマル T-01
キーホークJr . N-02 ノーマル T-0
ナイトレージJr. N-02 ノーマル T-01
サンダーショットMk.Ⅱ N-02 ノーマル T-01
バイソンマグナム N-02 ノーマル T-01
ロデオソニック N-02 ノーマル T-01
サバンナレオ N-02 ノーマル T-01
ホットショットJr. N-02 ノーマル T-01
ダッシュ1号エンペラー N-02 ノーマル T-01
アバンテMk.Ⅲズール N-02 ノーマル T-01
アバンテMk.Ⅲネロ N-02 軽量 T-01
ダッシュ2号バーニングサン N-02 ノーマル T-01
トライダガーXX N-02 ノーマル T-01
ダッシュ3号シューティングスター N-02 ノーマル T-01
スピンアックスMk.Ⅱ N-02 ノーマル T-01
ダッシュ01号スーパーエンペラー N-02 ノーマル T-01
ライジンエッジ N-02 ノーマル T-01
アストラルスター N-02 軽量 T-01
シリーズ 販売終了
ミニ四駆PRO ナイトロサンダーブルー完成
ナイトロフォース・グリーン完成
ナイトロサンダーイエロー完成
ナイトロフォース・レッド完成
ナイトロサンダーブラック完成
ナイトロフォース・シルバー完成
ナイトロサンダー
ナイトロフォー
トルクルーザー
ベルダーガ
レイボルフ
エクスフローリー

ミニ四駆 PRO」用に開発された次世代シャーシ。
ダブルシャフトモーターや3分割シャーシなど、従来のミニ四駆とは全く異なる構造をしている。
単純にギアが一枚分少ないのでその分駆動効率が良い。
剛性も全シャーシ中1,2を争う強さ。
3分割シャーシのおかげで、壊れた部分だけ交換することができ、整備性も最高。
ただし、独自の駆動方式のため他のモーターギヤが流用できず、幅広のシャーシのせいで一部の大径タイヤは使えない。
また、モーターの両軸でタイヤを動かすためトラクション不足になりやすい。

2015年頃から、シャーシの分割部にスライドダンパー用スプリングを仕込んで可動域を持たせ、自動車のサスペンションのような制振効果を生み出す「レキシブル化」(略称:フレキ)という改造が生まれ、地区大会・公式大会問わず猛威を奮っている。ある公式大会では、決勝戦に進出した15台中13台がこのフレキ改造を使用していたということからも、その威い知れる。

駆動効率 ★★★
★★★
強度 ★★★
安定性 ★★★
旋回性
軽さ

スーパーXX

シリーズ 通常販売 シャーシ色 Aパーツ
エアロミニ四駆 マックスブレイカーブラックSP ブラック グレー
ライジングトリガーホワイトSP ホワイト ホワイト
ナックルブレイカーブルーSP ダークブルー ダークブルー
ファントムブレードブラックSP ブラック ダークブルー

スーパーXシャーシの良版。といっても元が優秀なため、サイドガード強化とビスが増えたくらい。
付属パーツノーガードを装着するとさらなる強度アップができる。
付属リヤステーはスーパーXとは違い、強度が高いビートマグナム
読み方は「ダブルエックス」。ちなみにトライダガーXXMSシャーシである。

駆動効率 ★★★
★★★
強度 ★★★
安定性 ★★★
旋回性
軽さ

スーパーⅡ

シリーズ 通常販売 色(特殊素材 Aパーツ 備考
フルカウルミニ四駆 マグナムセイバープレミアム ブラック(ポリカABS レッド
ソニックセイバープレミアム ブラック(ポリカABS メタリックグリーン
トライダガーXプレミアム レッド(ポリカABS ガンメタル
ビクトーマグナムプレミアム グレーカーボン ディープブルー
バンガードソニックプレミアム グレーカーボン レッド
シャイニングスコーピオンプレミアム ライトガンメタル ブルー レッドEXサイドステー付
ベルクカイザープレミアム シルバー ガンメタル ゴールドEXサイドステー付
レイスティンガープレミアム ダークブルー シルバー ライトガンメタルEXサイドステー付
レーサーミニ四駆 テラスコーチャーRS イエローオレンジ ホワイト
スーパーアバンテRS ライトブルー スカイブルー
アスチュートRS シルバー ブラック
ダイナストームRS ブラック シルバー
皇帝プレミアム ブラック ディープブルー ワンロックギアカバー
皇帝プレミアム メタリックグレー オレンジイエロー ワンロックギアカバー
プレミアム ダークグリーン メタリックグリーン ワンロックギアカバー
大帝プレミアム ダークグレー レッド ワンロックギアカバー
始皇帝プレミアム ブラック パープル ワンロックギアカバー
ダイハツコペンXMZ ブラック ブラック

あの名作スーパー1良版・・・というより進化系。
スーパー1シャーシの弱点がほぼすべてなくなっており、非常に使いやすいシャーシとなったため復帰組にはおすすめ。
フロントバンパーの強化及び拡性向上、駆動系はVSり合えるレベルリアも3点固定が可スイッチターン式になりレース途中でオフになってしまうことがなくなった。
スーパー1シャーシのサイドステーを流用することが可。また、より強度を増した「EXサイドステー」も発売されている。
また、通常ラインナップでポリカ配合、カーボン配合などの強化素材が採用されているため、入手が容易なのもありがたい。スーパー1シャーシと同じくAパーツの色がシャーシと違うことが多く、様々な色のバリエーションが楽しめる。
ただし、ギヤカバーがビス止めで固定する方式となり、走行中に外れることはなくなったのだが、このビスが緩くなってしまうとギアカバーが止められなくなってしまう。これは「ワンロックギアカバー」を装着することで補うことができ、後発のキットでは同梱されている。
また、バッテリーホルダーが開閉式でないため若干外れやすい。こちらはマスキングテープを貼る、スーパー1シャーシのバッテリーホルダーを使用するなどで対策が可

駆動効率 ★★★
★★★
強度 ★★★
安定性 ★★★
旋回性 ★★★
軽さ ★★★

AR

シリーズ 通常販売
ミニ四駆REV エアロアバンテ
エアロサンダーショット
エアロマンタレイ
シャドウシャーク
フレイムアスチュー

ミニ四駆REVシリーズ用に開発された最新シャーシ。様々な新機軸が盛り込まれている。
TZシャーシのボディが乗る(一部を除く)。
各部にエアインテークが設けられており、モーター・電池をで冷却する。
また、底面がフラットになっていて、小径でも芝生セクションで有利。
従来のシャーシを上下を逆にしたような構造をしており、モーター・電池・ギヤカウンターギヤを除く)をボディを外さずに交換できるようになっている。
自動車航空機などから応用したモノコック構造を採用し、強度はMSと同等かそれ以上(ただし、重量は全シャーシ中2位)。
駆動系も優秀な反面、ギヤに負担がかかりやすいため、ピニオンギアカーボン製のものを使うようにレギレーション規制されている。
今までのミニ四駆キットの軸受けは金属製のハトメが使われてきたが、ARシャーシでは低摩擦素材プラスチックを使っている。この素材は摩擦が低いだけではなく摩耗にも強く、精度も良いためこの軸受けのためだけにキットを買う人がいるほど。
ヤステーはボディ一体で、左右に分かれている。かなり頑丈なため、FRPを1枚渡すだけで実践投入が可

一部の熟練レーサーは、このシャーシを前後逆にして使用(フロントモーター化)する「FMAR」という改造を好む。これまでの片軸シャーシは、ギアの回転方向と噛み合いの関係でプロペラシャフトが適度に下方に抑えつけられ、プロペラシャフトが暴れるのを防いでいたが、ARシャーシは他と逆になっているため、プロペラシャフトが暴れて噛み合いが悪くなりやすいという欠点が摘されている。ならば駆動系全体を逆回転させてしまえば良い、という発想から生まれた改造であるが、モーターギアに専用の慣らしを要するため、上級者向け改造と言える。

駆動効率 ★★★
★★★
強度 ★★★
安定性 ★★★
旋回性
軽さ

MA

シリーズ 通常販売
ミニ四駆PRO ブラストアロー
ヒートエッジ
フェスタジョー
トラゲイ
ライキリ
スパークルージュ
ジルボルフ
アビリス
DCR-01(デクロス-01)
マッドレイザー
アバンテMK.Ⅲ ジャパンカップ2015リミテッド
サンダーショットMk.Ⅱレッドスペシャル
ライズエンペラー
シューティングプラウドスター
ゴッドバーニングサン
キャノンボール

MSシャーシの後継シャーシ。MSARの特徴を引き継いでいる。
MSのボディが乗るが、一部は改造が必要。
3分割だったMSとは違い一体構造となっており、強度及び駆動効率が更に上昇しているため、素組みでも十分に速い。ただし、一部のユーザーからは「固すぎて立体セクションやレーンチェンジで衝撃をモロに受け、弾かれてしまう」というデメリット摘されており、あえて強度や剛性を落とす改造をするレーサーも居る。
MS止されたサイドガードが復活しているが、これはサイドマスダンパー等を装着する改造流となっている為である。
基本構造はMSと同じである為、弱点も引き継いでいる。一体構造が災いしてARMSより重量が重く、全シャーシの中で一番の重量。抜きを施して少しでも軽くしたいところ。
また、取り付けが固くなっている所為で、モーターとターミナルがキット付属の治具を使わないと取り外しにくくなっている。大切に保管しよう。

FM-A

シリーズ 通常販売
ミニ四駆REV ラウディーブル
ナイトハンター
バロンビエント
フルカウルミニ四駆 ガンブラスターXTOプレミアム

2017年に満を持して発売された、スーパーFMシャーシの後継シャーシ。名称は「フロントミッドシップエアロ」の略。ARシャーシの剛性と駆動効率の良さを引き継いでおり、素組みでもMAシャーシに匹敵する、またはそれをえる速さを発揮する。
サイドガードのビスは内側・外側に開けられ、マスダンパー取り付け用のプレートの選択肢が幅広くなっている。付属のリアステーはARと違ってビス止めの別体式になっているため、好みのプレートを簡単に装着できる。
また、旧FMスーパーFMに対応するボディの大半を加工・あるいは少しの加工で搭載できるようになっており、旧来のFM使いには嬉しいポイントになっている。

ただし、具(ゴールドターミナル)とプロペラシャフトスーパーX用を用いなければならないため、購入時には間違って別のシャーシ用の物を買わないよう注意を要する。ピニオンギアARと同様にカーボン素材のものに限定される。

また、クラウンギアオレンジ色のものしか使えず、素組みの状態では凄まじいギア鳴りに悩まされるケースが多い。これはオレンジクラウンギアの材質と形状に起因するものであり、ギア面やを削ってヘリカル加工(ピンククラウンギアと同じ形に加工)をする、入念な慣らしとグリスの塗り込みを行うなどで解決できる。いずれの方法を取るにせよ、大会で上位を狙うための実戦域に持ち込むためにはこの問題の解決が必須といえる。

関連動画

 

関連項目

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2018/02/14(水) 22:05:02 ID: hMV/CI9Otv

    シャーシ(ミニ四駆)
    でいいよねこ

  • 8 ななしのよっしん

    2018/03/16(金) 20:52:48 ID: DQ+yaj0BS5

    ここの記事名変更した後別にシャーシの記事作成でおk?

  • 9ななしのよっしん

    2018/09/08(土) 22:27:02 ID: mSvpK8IFmO

    現状先鋭化しすぎてMSレキ以外の選択肢事実上消滅
    参加クラスを両軸と片軸に分けた方がいいんじゃないと思う

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP