シュネルマイスター単語

シュネルマイスター

4.2千文字の記事
掲示板をみる(158)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シュネルマイスター(Schnell Meister)とは、2018年生まれの日本競走馬鹿毛

ドイツ生まれ。美手塚久厩舎所属
馬主サンデーレーシング(バッテンでお染みの一口クラブ。活躍は書き切れない程居る)

な勝ち
2021年NHKマイルカップ(GⅠ)、2021年毎日王冠(GⅡ)

名はドイツ語で「スピードの達人」。

達人の生い立ち

Kingman*セリエンホルデ、Soldier Hollowという血統。

Kingman(キングマン)は現役時代に英マイルGⅠを4勝し、特に英の最高峰マイル競走であるサセックスステークスジャック・ル・マロワ賞を同一年に制覇した史上初の快速2015年から種牡馬入りし初年度からマイルGⅠを制したPersian KingPalace Pierを送り出している。

の*セリエンホルデ(Serienholde)はディアナ賞(独オークス)であり、Soldier Hollow(ソルジャーホロウ)は現役時代に独GⅠを4勝し、ドイツ種牡馬入りした後GⅠ重賞を多数出している。

独国産で方は「S」から始まる名前を持つズラっと並ぶ。近にはディアナ賞(独オークス)である*サロミナがおり、その子供であるサラキアサリオス姉弟日本で活躍。更に遡ればビワハイジマンハッタンカフェなども見られる「ドイツのSライン」出身である。とはいえ、血統全体で見れば、ドイツとはいえドイツ血統の割合はさほど大きくない。

ドイツで生まれた後に日本へ輸入され、サンデーレーシングで総額5000万円(1口125万×40口)で募集された。2歳になり美手塚久厩舎へと入厩した。

マイスターの戦歴

2歳~3歳春

9月札幌1500mでデビュー戦となり、上に横山武史を迎え、レースでは中中段からまくり上げ、直線入口を2番手から前のを差し切って1番人気に応える新勝ちを収める。
続く12月中山マイルひいらぎ賞に出走。上にクリストフ・ルメールを新たに迎えると、中団からじっと脚を溜めると直線ではインから一気に抜け出し3身差と快勝。

年が明けて3月弥生賞ディープインパクト記念から始動。ここには前年のホープフルステークス勝ちダノンザキッドが出走して断然人気を背負い、こちらは前走快勝したが血統面からくる距離不安からか単勝4.9倍の2番人気となる。レースでは逃げタイトルホルダーを見ながら2番手を追走し、緩やかな流れに乗っていたが直線で前のタイトルホルダーとの差が縮まらず2着となった。のちにタイトルホルダー菊花賞を制したため、馬券内の三頭すべてがG1ホースとなるハイレベルレースであった。

優先出走権を取ったものの皐月賞へは進まずにNHKマイルカップへと出走。昨年の朝日杯勝ちで前走2着も微差であったグレナディアガーズが単勝3.4倍の1番人気。それに続く2番人気が本であったが単勝3.7倍と非常に差の人気。3番人気が前走NZTを圧勝したバスラットレオンも単勝4.6倍とこの3頭のみ単勝10倍を切っていた。「Kingmanドイツ血統の子が府中の高速決着に対応できるか?」というも少なからずあった。
レースに入りゲートが開くと波乱発生バスラットレオンスタートで大きく躓いた結果上の藤岡佑介が落逃げるとされていたが競走中止となってしまった。その後大外からピクシーナイトハナして逃げ、シュネルマイスターは中団を追走し徐々に外に出す。直線に入って残り400mからグレナディアガーズが先頭に立ち、それをマークしていたソングラインが残り200mで抜け出し先頭に立つ。ソングライン全に抜け出た所に更に一頭が強襲。シュネルマイスターである。2頭がぴったり並んだ所がゴール線。結果は写真判定に委ねられたがシュネルマイスターがハナ差差し切って1着。重賞初制覇はGⅠ初制覇となった。

この勝利によりKingman産駒は日本でのGⅠ初制覇となり、ドイツ日本国GⅠ制覇は1995年Landoジャパンカップ以来となる26年ぶりのものとなった。クロフネ以来20年ぶりの外国産馬によるNHKマイルカップ制覇となり、かつてこのレースが「マル外ダービー」と呼ばれていた事を思い出す人もいただろう。

続いて安田記念へ出走。安田記念に3歳が出走するのは2014年ミッキーアイル(16着)以来となる。ここではグランアレグリア安田記念連覇を賭けて出走してきており、他にもインディチャンプなども出走。ルメールグランアレグリアに騎乗する為、新たに横山武史に乗り替わった本は4番人気となった。
レースではダイワキャグニーがハナし、本は外から発を決め中団の外を追走。直線に入って手応えよく脚を伸ばし、ダノンキングリーと一緒に伸びていたが向こうの勢いが勝り、群をこじ開けてきたグランアレグリアに僅か届かず3着となった。

3歳秋

安田記念の後、休養を挟んで伝統のGⅡ毎日王冠から始動。ここでは前々年の同レース覇者安田記念にて復活したダノンキングリー人気を分け合い、最終的にはシュネルマイスターが単勝2.6倍の1番人気になった。戦前の不安要素として3歳で毎日王冠を制したダノンキングリーサリオス共に斤量54kgであったのに対し、本は3歳GⅠを制した分56kgとなっていた。
亡くなったすぎやまこういち氏の追悼をかねて、グレード・エクウス・マーチ関東GⅠファンファーレが鳴り府中競馬場レースが始まってシュネルマイスターは若干出負けし、中は後方2番手を追走。較的縦長の展開となり、向こう正面でポジションを上げたダノンキングリーが直線で外から抜け出しを図ろうとする中、シュネルマイスターはまだ後方4番手。だが残り200m辺りからストライドを伸ばして加速。一気に先頭集団へ薄し、ゴール前で測ったように差し切り、重賞2勝を挙げた。上がり3F33.0は2位に0.5差をつける最速であった。

毎日王冠後にマイルチャンピオンシップへ出走。出走前のパドックでは最もよく躾けられ、最も美しく手入れされた出走を担当する厩務員に送られるベストターンドアウト賞を担当の名厩務員が受賞。

ここでは引退レースとして乗り込んできたグランアレグリアに1番人気を譲るも、2番人気は他に譲らず本となる。ルメールグランアレグリアに乗る為、安田記念同様横山武史に乗り替わった。
レースでは23番と内からスタートスタートを決めてインの中団でじっと脚を溜めていたが、ホウオウアマゾンが作るペースは緩く、3, 4コーナーではかなりの団子となる。外回りコースだが大して群はばらけず、シュネルマイスターは前のサリオスインディチャンプに進路を塞がれ、残り250mでようやく外に出して一気呵成に脚を伸ばすが、大外からスムーズに運んだグランアレグリアに3/4身届かず2着となった。

4歳春

グランアレグリアラストランに先着こそならなかったが、負けて強しの競馬を見せたシュネルマイスター。ドバイ遠征をダービーシャフリヤールと共に敢行し、ドバイターフへ出走。得意のマイルに加え、前年に毎日王冠で下したダノンキングリーが得意とした中距離1800m路線との両睨みでキャリアを積む方針であることが伺える。

ドバイターフでは前年勝Lord NorthGⅠColonel Liamなどが出走し、日本からは本パンサラッサヴァンドギャルドの3頭が参戦。上はクリストフ・ルメールが続投。
レースでは大方の想定通りパンサラッサ逃げ、シュネルマイスターは中団から進めるが、パンサラッサの引っペースはかなり速く、シュネルマイスター自身も11台が連発する高速前傾ラップに巻き込まれて脚が溜まらず、直線に入って今ひとつ伸びを欠いて8着に敗れた。

次走は安田記念香港最強マイラー・ゴールデンシックスティとの対決は流れたものの、高松宮記念を勝ったナランフレグや、フェブラリーステークスを連覇しソダシに続く芝・ダート二刀流勝利カフェファラオとの対決となった。中中団やや後方に位置し、4コーナー時点でソングラインと並んで10番手。シュネルマイスターは内から、ソングラインは外から差し切りにかかる。ゴールを先に駆け抜けたのはソングラインだった。シュネルマイスターは2着、3着はサリオスであった。ソングラインにはNHKマイルカップの借りを返された形となる。

の休養を挟み、距離短縮のスプリンターズステークスから大標のマイルチャンピオンシップのローテーションを予定している。前者は初の1200mで、昨年マイルCSで破れたグランアレグリアも制した舞台後者ヴィクトリアマイルを勝ったソダシとの対決となる。

血統

Kingman
2011 鹿毛
Invincible Spirit
1997 鹿毛
Green Desert Danzig
Foreign Courier
Rafha Kris
Eljazzi
Zenda
1999 鹿毛
Zamindar Gone West
Zaizafon
Hope *ダンシングブレーヴ
Bahamian
*セリエンホルデ
2013 鹿毛
FNo.16-c
Soldier Hollow
2000 鹿毛
In the Wings Sadler's Wells
High Hawk
Island Race Common Grounds
*レイクアイル
Saldenehre
2000 芦毛
Highest Honor Kenmare
High River
Salde Alkalde
Saite

5代内クロスKris 4×5(9.38%)、Northern Dancer 5×5(6.25%)

ドイツ生産には「登録名の頭文字を必ず母親と同じにする」というルールがあり、実際Serienholde←Saldenehre←Salde←Saite←Salesiana←SuleikaSchwarzblaurot……
というようにSから始まる名前が続いている。

前述のように近には*サロミナとその子達であるサラキアサリオス姉弟、更に遡ればビワハイジマンハッタンカフェなどが名を連ねる名系である。

関連動画

関連リンク

シュネルマイスターの競走馬データ -馬ランド-exit

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 156ななしのよっしん

    2022/11/22(火) 13:13:57 ID: 7KKRWSDnGE

    ドバイターフ惨敗してたし、海外遠征ダメなイメージ
    サリオスの方が薄しそう

  • 157ななしのよっしん

    2022/11/22(火) 13:33:41 ID: LV+IDUSglk

    今回に関しては必要以上に警され過ぎたのが敗因だろうね
    それでもソダシを交わしきれなかったのは痛い

  • 158ななしのよっしん

    2022/11/23(水) 04:03:35 ID: DDFKgYAI7Q

    >>156 揉まれただけで海外だからとかは正直関係ないと思うよ  香港はご近所だし内遠征でそこまでパフォーマンス落ちないから遠征ダメって印はないのでドバイめだか香港も…とはならないはず
    ただ単純に今の香港マイルは層が厚い 未だ衰えず洋芝であがり32台を出す怪物鎗六十、それに食いついた加州球 キツイ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/27(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/27(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP