今注目のニュース
ガチョウの羽をめくったら可愛すぎることになったと話題に!
やっぱ外見よりも中身ってやつ?内臓がまるわかりな人体解剖水着が販売されている件
米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」

シュブ=ニグラス単語

シュブニグラス

掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シュブ=ニグラス(Shub-Niggurath)とは、H.P.ラヴクラフトが創造した「外なる神」の一柱である。

概要

豊饒の女神・大地の性質を持つ、正体不明の存在。しかしやたらと名前だけは儀式呪文に現われる外なる神である。
創造者であるラヴクラフトは名前だけを示して作中に登場させず、「の様に巨大である」としかっていない。

想像されている姿は泡立ち、ただれている塊との一部が融合して体が形成されているのではないかといわれている。触手液を垂れ流す口、先端が蹄になったねじれた足などの形を形成していると考えられ、そんな姿から〈山羊〉を連想させたのではないかと考えられる。

シュブ=ニグラスの系譜

アザトースが最初に創造した「闇」から生まれたとも、アザトース自身が生んだとも言われている。また、アザトースが創造した「名の」から生まれたヨグ=ソトースとの間に「恐ろしき双子」ことナグとイェブを生んだとされるが、オーガスト・ダーレスハスターの妻であるとしている。
女神ではあるがサバトの雄山同一視されるなど男としての側面も有しており、女性子供を産ませたりもしている。

長女にして性魔術旧支配者ウトゥルス=フルエフル蛇神イグとの間に生まれた
またニャルラトホテプ従妹にあたるマイノグーラと交わり、悪名高きティンダロスの猟犬を生み出している。

シュブ=ニグラスと崇拝

シュブ=ニグラスを崇拝する存在は多いといわれており、ドルイド教などのグループ教団を形成している。それらの多くは儀式を行い、その結果使者として「黒い仔山羊」が召還されることがよくあるといわれている(「黒い仔山羊」に関しては後述する)。

シュブ=ニグラスを崇拝する教団として知られているのは「シェッベ=ミグ」や「ニューワールドインダストリー」などが知られている。ヨグ=ソトースはときにその教団のもとに直接訪れ、生贄をめることだろう。

従属種族

従属種族としては、この女神の落とし子とも言うべき「Dark Young」が知られている。直訳すると「闇の子」なのだが、邦訳では広く黒い仔山羊と訳されて知られている。
この「黒い仔山羊」はクトゥルフ神話TRPGで知名度が高まった神話生物で、ロープ状の触手と蹄のある四本の脚を持った、全体的なシルエット木に似た怪物として知られている。ルールブック引用部分によれば、初出はロバートブロックの「無人の家で発見された手記」とされているが、同作品においては当該生物ショゴスとして言及されている。しかし、上記の特徴はショゴスとは明らかに違う生き物のものであることも事実であり、解釈はさまざま。
これら従属種族は数多く存在し、集団としてはThousand Youngと呼ばれている。直訳すると「千の」なのだが「千匹の山羊」と訳される。従って「這いよれ!ニャル子さん」において、宇宙でのブランドとして「黒い仔山羊」のが登場するのは日本でしか通用しないギャグである。

化身

その後も「化身」として姿と名の異なる存在が示唆されており、人気の高い格である。

別名

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP