シロサイ単語

シロサイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シロサイとは、奇蹄サイ科シロサイ属に分類されるサイ仲間である。

概要

名前とは裏に体色はくないのだが、これには名前が名付けられた際の聞き間違いに由来している。たくて幅広い口の「ワイド(wide)」と「い(white)」を間違えたことから名前が付けられたといわれている。英語で聞き間違われたものがそのまま日本語に訳されたため、日本語でシロサイということになっている。
サイ仲間の中では最大の大きさで、体長は335から420ほど、肩高は171から185ほど、体重はオスで2トンから3.6トン、メスで1.4トンから1.7トンにもなる。頭には2本のがあり、前にあるの方が大きくなる。

たくて幅広い口は一度に多くのを食べるのに適しており、に地面付近に生えるを食べるが、木の葉を食べることもある。アフリカ南部に分布しており、サバンナや低木地帯に生息している。小規模な群れを形成し、オスは縄りを持ち、マーキングをして縄りをする。はオス同士が争う際に用いられるが、外敵を排除するためにも用いられる。視は悪いが、短い距離であれば走る速度は時速50㎞と意外といため、サバンナの中では危険な動物として認識されている。とはいえ、クロサイ較すれば割とおとなしい方なので、刺しなければ極端に危険というわけではない。

日本動物園で観ることができるシロサイはミナミシロサイというシロサイの2つの亜種の内の片方で、他にはキタシロサイもいる。しかし、キタシロサイは地球上ではわずか3頭しか生きてはおらず、しかもどの個体も高齢化が進み、キタシロサイだけでの繁殖は絶望的exitという、絶滅寸前の亜種となっている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/03/20(火) 23:50:06 ID: Pg9RmWs82q

    キタシロサイはついに残り2頭となってしまったか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/29(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/29(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP