シンキロウプロジェクト単語

テノコンダジサツ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(168)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 シンキロウプロジェクトとは、シンによって作成された楽曲などによるメディア展開の総称とされている。が、実態は各種企業が共謀して行ったボカロP捏造を含んだ大規模なVOCALOIDマーケティングである。音楽制作集団ほぼ日プロダクション(以下ほぼ日P)により極秘資料であったプレゼン動画アップロードされ明るみになった。

概要

 動画2011年2月10日の時点で行われた【「シンキロウプロジェクト」の提案】と題した企業プレゼンのものであり、その内容とは企業の言いなりにならない「ボカロP」や、イメージ管理が厳格であり権利的にも自由に扱えない「初音ミク」に対して、プロジェクトに参加する企業自由に使えるボカロP」と「初音ミク」を作り上げてしまおうというものであった。そして、その計画されたボカロPというのが、いまやボカロPとして一定の地位を得て、メディアミックス体となっているシンであった。

 シン(実際に存在する同名Pとは関係であるので注意。)は元々、飽和状態にあったボカロ業界において異例のさで地位を築き、メディア展開が開始されたことから、その存在を不審視されい噂や陰謀論が絶えなかった(大百科に記事がいことなど)。それが今回、その実態が企業によって捏造されたブーム体と小中学生の憧れの存在となり得るよう設定された架ボカロPいは個人ではなく集合体でありメディアに露出する姿としての「シン」はオーディションで選ばれたそのフロントでしかないことが白日のものとなった。

 このことは現在進行形で騒動となっているが、元々批判的だった所謂アンチは「やはり企業が仕組んでいた」「シンプロ企業ステマだ!」とシン動画荒らし始め、擁護する側は「それでもシンの曲は好きだ」「アンチのでたらめだ」「企業体でもいいじゃないか」「今は悪魔が微笑む時代なんだ!」とシンが架でもいいとする者や楽しめればいいじゃないかと楽観視する者と意見は様々に分かれた。

 その他、企業ボカロ業界の消費者及びボカロPに対する負の見方が露呈したが、プレゼン内で名前を挙げられた某魚介類系ボカロPはただ笑ってみせるという大人の反応を見せた。

UIについて

 プレゼン内で提案されたVOCALOIDがこのUIである。この件について権利元である販売会社は明を発表していないが、ほぼ日P側となんらかの交渉があったのではという見方が強い。

 また、VOCALOIDUI」については元々音明らかにされていかったが、プレゼン資料内で「某ボカロP女声化」したものとされていた。音となったボカロPの詳細については明らかになっていないが、ほぼ日Pから発表された楽曲のPVの中でUIに関する箇所にてモザイク付きでその詳細を示唆するかのイメージが映されたが、判別が困難であった。しかし、その後、四重の人が投稿したPV内で音となる人物を連想させる果物、「」が映し出されたため、その人物が音となったボカロPではないかと注を集めたが、当人は「知らなかった・・・」と関連を否定している。

ほぼ日P側について

 一方、問題となるプレゼン動画をリークしたほぼ日Pにも疑念のは向けられた。ほぼ日P自体も楽曲の制作を行うプロダクションであり、いわばシンを仕立て上げた企業と同業種あるいはシンと同種の存在である。元々ほぼ日Pクオリティーに斑がある楽曲を乱発していたが、その内容は虚実曖昧なまま過風刺を行うものであり、たびたび炎上商法などと批判される集団であった。それが今回同業種の不正を暴く不自然な行動に出たため、このリーク自体が同プロダクションによるでっちあげはないかというも上がっている。

 特にリークされた動画にてか細いでプレゼンを行っている女性についてであるが、ほぼ日Pではリーク直前にシンにまつわるい噂や陰謀論を題材にした楽曲を発表しており、それを歌っている貧乳女性歌手とプレゼンを行っている女性質が非常に似ているというものである(ほぼ日Pには貧乳歌手が二名在籍しているが今回は、より胸がいほうである)。匿名提示版などでは両者の較した結果、の波形が一致した!などの情報もあがっているため、ほぼ日P側が貧乳女性歌手に対して色を変えてプレゼンを読み上げさせたのではないかともいわれている。

 つまりはプレゼン自体をほぼ日Pに所属する人物がパワーポイントを使用して作成し、それに合わせて貧乳女性歌手に台本を読み上げさせたと言うものである。これが事実であれば、シンについてまことしやかにられる噂を元にした悪質な売名行為いは炎上商法であるといえる。

追記ほぼ日P側により今回の騒動に対する反省文が掲載されたが、事の偽についてはられなかった。

現在進行形の事案

2013年2月13日:シンキロウプロジェクトの小説化がほぼ日Pより発表された。発売は4月23日であるという。不正をリークした側からこのような発表がされるのは異常であるが、ことの意は不明である。

2013年8月12日:当初の発売予定から送れること半年、出版社がPHP研究所に決定し9月14日発売と発表(amazon上では9月21日発売と記載→10月21日に変更→更に10月29日に変更)。

小説版「シンキロウプロジェクト」

著者:ほぼ日P
キャラクターデザイン:池野博 
主題歌:「孤独メッセージ
出版社:PHP研究所
発売日:10月29日動画では30日と告知) 

おめでとう。今日から君が『シン』だ! 」
みそうなほどまぶしい日差しのアキバラ
静岡から上した加藤 新(かとうあらた)はある会社の面接試験を受ける。それは『株式会社シムラクラム』が推進する『シンキロウプロジェクト』のオーデションだった……

人気ボカロPは作られた偶像?! 」
ネット上で炎上騒ぎになった「ボカロP捏造説」に着想を得た異色のボカロ小説
現役ボカロPほぼ日Pが「表現とは」「商業義とは」「本当に楽しめること」をテーマに描く! 

「この作品は本当にフィクションです。実在する人物、団体、事件とは関係です。」

PV(deleted)
 

関連動画

リーク前日に投稿された楽曲とそれにPVをつけたもの(PV作成:四重の人)
 

シン(不自然の味方P)投稿したシンキロウプロジェクトの楽曲。

 

関連商品

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/27(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/27(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP